MD Diary

  Home Railway Miyuki Board Gallery Diary Blog
«前の7日分

19/07/30(火)

ロサンゼルス空港 昨日はパスした朝食を取って、支度を済ませてから宿をチェックアウト。地下鉄でユニオン駅に出て、空港バスに乗り換えようとしたら、直後の便は満席だったため、次の臨時便に乗車。空港に入って各ターミナルを順に回って行くのだけど、利用ターミナルが一番最後の第7だったので、宿を早めに出たつもりがちょうど出発2時間前の到着となる。因みに地下鉄だと宿から空港駅まで通常でも2回乗り換えとなり、さらに空港駅から連絡バスに乗る必要がある。そして途中区間の一部が代行バスになっている現在は、合計4回の乗換えというかなり面倒なことになっている。チェックインや保安検査は時間が掛からなかったので、ラウンジで軽く食べてからユナイテッド航空のB737-900に搭乗。国内線は2クラス制なのだけど、上位の方はビジネスではなくファーストクラスとなっている。短距離線でスナック菓子しか出なかったのでパスして、機内サービスは飲み物だけにしておく。

カリフォルニア内陸部を北上し、サンフランシスコ湾を見ながら高度を下げ、湾岸にあるサンフランシスコ国際空港に着陸。今回は国内線なので、到着後はただ荷物を受け取るだけ。第3ターミナルからエアトレイン(Air Train)のブルーラインに乗って、国際線ターミナルに移動。向かい側にあるBART(Bay Area Rapid Transit)と呼ばれる鉄道の駅の券売機で乗車券を購入。運賃表を確認した後、現金を投入して1ドルまたは5セント単位で金額を減らしていって、ちょうどの額になったところで発券するというややこしいシステムだけど、事前に調べておいたので問題なし。ロサンゼルスのメトロでと違って、釣銭は1ドル硬貨ではなくクォーター(25セント硬貨)が基本だった。BARTは郊外の通勤路線も兼ねているので、10両という長大編成。空港駅は終点の一つ手前だけど、スイッチバックで乗り入れる形になっている。

ミートローフ その名の通りBARTのスピードは速く、市内中心部の地下区間に入り、約30分でパウエルストリート駅(Powell Street)に到着。地上に出て緩やかな坂道を登って、宿にチェックイン。カリフォルニアは暑いというイメージがあって、ロサンゼルスも連日30℃を超えていたけど、こちらの最高気温は20℃前後と、ぐっと涼しい。部屋で休憩した後、ユニオン・スクエア(Union Square)周辺を散策してから近くの店で早めの夕食。看板メニューはステーキだったけど、そこまで食べる元気はなかったので、ミートローフとLiberty School Classic(カベソー)を注文。やはりパンは付いて来なかったけど、マッシュポテト添えだった。ロサンゼルスの店でもそうだったけど、食後に頼む前から勘定を持って来たのは、西海岸スタイル?それとも偶然? どちらにしても、テーブル会計に慣れていない身には、面倒は一つでも少ない方がいい。


19/07/29(月)

小型プロペラ機 合計7時間くらいは眠ったけど、昨日と同じ午前2時半頃目が覚める。頑張って寝直しても寝過ごしたら困るので、そのまま起きることにする。携行食をかじってから支度を済ませ、午前5時過ぎにロビーに降りる。時間通りに来た迎えの車に乗って、夜明け前の街を走る。途中で他の客をピックアップしてから、高速道路に乗って南に向かう。約1時間で到着したのは、ロングビーチ空港(Long Beach Airport)。定期国内線用のターミナルもあるが、遊覧飛行会社の建物に入って、別々の車で市内各所から来る客と合流。準備が出来たところで、小型プロペラ機に搭乗。通路を挟んで左右に1席ずつで、定員は18名。そして最少催行人数が13名ということで、参加者のコントロールが難しそう。今回は1月前に申し込んで、最少人数未満で保留になっていたのだけど、そろそろ別の計画を考えた方がいいのだろうかと思った1週間前になって確定。日本語ツアーなので、ゴールデンウィークや盆には1日2回催行するらしい。

グランドキャニオン 今朝のロサンゼルスは雲に覆われていたので、離陸後はすぐに雲の上に出る。東に向かって進むうち、乾燥地帯に入って雲はなくなる。コロラド川(Colorado River)が流れるモハべ砂漠(Mojave Desert)を横断し、約1時間半でグランドキャニオン空港(Grand Canyon National Park Airport)に着陸。小さなターミナルの前からバスに乗り換え、いよいよグランドキャニオン国立公園(Grand Canyon National Park)へ。バスを降りてサウス・リム(South Rim)のメーザーポイント(Mather Point)展望台に行くと、そこは大渓谷の淵で、複雑に侵食された岩肌がどこまでも続いているが、谷底のコロラド川は確認出来ない。対岸は約20km先なので、晴れていても霞んで見える。これまでも氷河や大瀑布、高山、ギャオ(大地の裂け目)などを見てきたけど、これはまた物凄いスケール。一旦自由行動となったので、付近を散策して違った角度からの景色も眺める。

ブライトエンゼルロッジ 続いてバスでグランドキャニオン・ビレッジ(Grand Canyon Village)に移動して、ブライト・エンゼル・ロッジ(Bright Angel Lodge)の裏側にある展望台に出る。国立公園内では新しい建物を造らない方針のため、現在園内に残っているのはホテルやギャラリー、土産物店となっている小屋も含め、90年近いものばかりなのだとか。ここでも周辺を散策したが、谷底方面に向かうトレイルも少しだけ下ってみる。徒歩かラバに乗って行くことが出来るらしいが、さすがに公園内に宿泊しないと無理なのだろう。2箇所での観光を終え、グランドキャニオンから少し離れた場所にあるプラザホテル(Plaza Hotel)で昼食。ビュッフェ形式だったけど、飛行機に乗る前なのであまり食べ過ぎないように注意。昼食時に聞いた話によると、晴天率が高いグランドキャニオンでも、山火事による煙で霞んでいたり、季節によっては霧が出ることがあり、今年は展望台から全く何も見えない日もあったのだとか。

バスで空港に戻り、来た時と同じ機材に乗り込んだら、機内は炎天下に駐車していた乗用車状態。展望台ではなく搭乗直前に水と濡れタオルを配っていたのは、このためだったんだね。古い機材のせいか、エンジンが掛かってエアコンが入っても、殆ど効いている感じがしない。しかも窓にシェードがないため、直射日光もそのまま機内に入ってくる。結局、ロサンゼルスに戻るまで蒸し風呂状態が続いたけど、それでも疲れと寝不足から30分くらいは寝ていたかな。飛行機を降りて外の風に当たった後、空調の効いた建物の中で人心地。

サンタモニカ海岸 ロングビーチ空港から市街地まで移動しても、まだ昼下がりの早い時間。ツアーガイドにも勧められたので、ホテルではなく地下鉄の駅で降ろして貰い、昨日は断念したサンタモニカに行くことにする。本来の始発駅であるセブンス・ストリート・メトロ・センター(Seventh St. Metro Center)で、今日の往復分の追加チャージをしてから、案内に従って代行バスに乗り、「エキスポライン乗り換え」のアナウンスが聞こえたので慌てて下車したら、実は運休区間の中間地点のピコ駅(Pico)だったりする。そこから乗り直すにしてもどのバスか判り辛いし、地上区間だから迷うこともないし、一駅だったら歩いた方が早いかな〜と歩いてみると、こういう時に限ってその一駅が結構離れていたりする。結局20分以上掛かって、暫定始発駅のLATTCオーソ・インスティテュート(LATTC Ortho Institute)に到着。エキスポラインの列車に乗り込み、西に向かって約40分走って、ようやく終点のダウンダウン・サンタモニカ(Downtown Santa Monica)に到着。駅から数百メートル歩けば海岸通に出て、サンタモニカ・ピア(Santa Monica Pier)の入口看板が目に入る。そのまま人の流れに乗って板張りの桟橋を歩いて行くと、遊園地や年代物のメリーゴーランドや、土産物店や飲食店などを通り過ぎる。両側にはビーチが続いていて、多くの海水浴客で賑わっている。桟橋の先端から太平洋を眺めてから、海岸通まで引き返す。

サンタモニカ・プレース(Santa Monica Place)というショッピングモールに入って、上階のフードコートで早めの夕食をと思っていたら、ワインの店があったので迷わず入る。注文したのはソノマ地区Chalk Hillのシャルドネとスコティッシュ・サーモン。やっぱり北米では、料理を注文してもパンは付かないのかな。食後は隣のサードストリートプロムナード(Third Street Promenade)に行ってみたら、街路樹がジャカランダでここでも少し咲き残っていた。エキスポラインの列車で市内中心部に戻り、代行バスとレッドラインを乗り継ぐ。ホテルの近くにはデニーズがあったのだけど、結局滞在中に利用する機会はなかった。


19/07/28(日)

ハリウッド大通り 意外と寝つきは良かったのだけど、未明に目を覚ましたまま眠れなくなってしまい、結局そのまま朝を迎えることに。朝食の後、ゆっくりと支度を済ませてから、9時前に宿を出る。地下鉄の駅で昨日購入したカードに1日券をチャージしてから、レッドラインでハリウッド(Hollywood)地区に移動。地上に出ると目の前がハリウッド大通り(Hollywood Blvd.)で、スターの名前を刻んだ星印が並ぶウォーク・オブ・フェイム(Walk of Fame)になっている。ガイドブックによると年々増え続ける星印は現在2600もあるのだとか。エル・キャピタン劇場(El Capitan Theatre)やドルビー劇場(Dolby Theatre)を見ながら、TCLチャイニーズ・シアター(TCL Chinese Theatres)の前庭へ。ここで映画スターの手形&足型&サインを探すのが、ハリウッド観光の定番。事前にガイドブックで予習していたとはいえ、朝から大勢の人が手形を探しているので、慣れるまではちょっと見付け難い。それでもマリリン・モンローやジュリー・アンドリュース、スター・ウォーズやハリー・ポッター等も確認出来たところで、近くのショッピングモール「ハリウッド&ハイランド(Hollywood & Highland)」にある「バビロン・コート(Babylon Court)」から丘の上のハリウッド・サイン(Hollywood Sign)を眺める。昨日、着陸前に撮影した写真を最大限に拡大してようやく確認出来たけど、ここだと普通に見ることが出来る。

グリフィス天文台 地下鉄で少し戻って、始発のバスに乗り換えようとしたら、時刻になってバスが来ない。20分経って次のバスの時間になってようやく来たので、朝は運転間隔が違うのかなと後からネットで時刻を調べたら、そんなことはなかった(海外のバス停に時刻表が出ていることはまずない)。住宅街を抜けてグリーク・シアター(Greek Theatre)の前に行くと、停留所に大勢の待ち客がいて、積み残しまで発生。もしかしてパーク&ライドだったのかな。坂道を登り続け、終点のグリフィス天文台(Griffith Observatory)で下車。ロサンゼルス市街地が一望出来る丘は、夜景の名所になっているけれど、昼間に行けばハリウッド・サインがよく見える場所でもある。幾つもの映画の舞台になっているらしく、とりあえず以前機内で観た「ラ・ラ・ランド」が記憶に残っている。天文台は休日で混雑していたので、内部展示をざっと眺めるくらいしにて、市街地のパノラマを見て、カフェで早めの昼食を取っただけで、バスに乗って麓に戻る。

リトル・トーキョー 中央駅で地下のレッドラインからゴールドラインに乗り換えようとしたら、ホームが地上にあって結構歩くことになる。新しい路線は地下鉄というよりLRTで、急カーブを2回曲がってから、最初の駅で下車。道路を渡れば、ここはトーキョー、リトル・トーキョー(Little Tokyo)、東京にはないトーキョー。そういったツイートをするためにロサンゼルスに来たと言っても過言ではない。といっても国際線を予約した昨年末の時点では、「夜会」のタイトルだけしか発表されていなくて、ロサンゼルスが舞台になるのかと思っていたら結局違ったのだけど。米国の日本人街としては最大で、日本風だけどやっぱりどこか日本とは違う店が連なるプロムナードを歩き、街路をぐるっと一回りしてから駅に戻る。

ハリウッド・サイン その後はメトロを2回乗り換えてサンタモニカ(Santa Monica)に行くつもりだったのだけど、ブルーラインとエキスポラインは一部区間が工事中でバス代行となっていた。さすがに未明からずっと起きている状態では体力的にキツかったので、パスして早めに宿に引き上げて、一旦休憩してから近くのコンビニで軽食でも買いに行くかな〜と思っていたら部屋の掃除がまだ終わっていなかった。仕方がないのでもう少しだけ元気を振り絞って地下鉄の駅に戻る。駅の近くでレストラン街があって、しかも迷わずに行けるから、という理由で再びハリウッドへ。とりあえず写真を取り直すために大通りに出たら、当然ながら朝よりも観光客は増えていた。ショッピングモールで適当に店を探して、ラテン系のファストフード店でハンバーガーを注文。食事時間帯から外れていたけど、注文した直後に団体客が来たので、タイミングとしては良かったかも。宿に帰る途中にふと見上げると、昨日訪れたグリフィス天文台があって、その向こうにはハリウッド・サインも。ここからだと意外と近かったんだ。部屋に帰って今日の写真をアップロードしてから早めに就寝。


19/07/27(土)

今日は遅い時間の出発なので、朝起きてからものんびりと旅行の支度を続ける。数日前から慌ててセットしたベランダの簡易給水装置は、様子を見ながら調整してもちょっと動作が不安だけど、時間切れなのでこのまま出発するしかない。旅行前なのでなるべくゴミを残さないよう、昨夜に続いて今日の昼も外食。台風の影響で昼前から雨が降る予報だったけど、帰る頃に霧雨程度になっただけだった。

台風の動きによっては出発時間を変える可能性もあったので、昨夜まで様子見していたら、いつものタクシー会社は事前予約枠が一杯と言われてしまった。幸いダメ元で掛けた2社目で手配出来たので、午後4時に迎えに来た車で空港に向かう。つくばから羽田まで公共交通で行っていた頃からすると、阪急とモノレールで行くのもそれ程大変じゃないはずなのだけど、やっぱり一度慣れてしまうとね。

C-3PO JET 早めに空港入りしてカウンターに行ったら、一つ早い便への振替が可能だったので予定を前倒し。外貨は以前の残りと先日両替した分を足したら十分だったので、そのまま保安検査場に直行。ラウンジで少し休憩してから搭乗口に向かうと、停まっていたのはやっぱり、さっき窓から見えていた黄色い機体のC-3PO JETだった。こちらは2回目の搭乗。乗り降りした入口にヨーダ様はいなかったけど、国内線でもC-3PO(とR2-D2&BB-8)のアナウンスがあることを確認。

DINING h 羽田に到着して、連絡バスで国際線ターミナルに移動。一旦外に出たけど、特に用事はなかったので再び保安検査を経て出国。ラウンジに入って「DINING h」の利用を申し込んだら、呼び出しを待つことになったので、座席エリアでとりあえずシャンパーニュ。ちょうど飲み終えた頃に順番が回って来たので、ダイニングに着席して料理を注文。セルフで取ってきたオードブルにはニュージーランドの白、メインにはボルドーの赤を注文。つい飲みすぎてしまったので、デザートの後は搭乗まで水を飲みながら酔い覚まし。だいぶ遅い時間になったので眠らないよう気を付けないと。

機内の朝食 搭乗券にSSSS印字があったので、搭乗ゲートで追加検査を受ける。搭乗後はさすがに寝入ってしまい、気が付けば空の上。ベルト着用サイン消灯後は、寝酒サービスをパスして、寝支度を済ませてからさっさと就寝。合計6時間くらい眠ってから目を覚まし、到着前の食事は洋食を注文。日本時間に合わせてか、朝食形式だったけど、到着地の時間だと夕方前だったりする。太平洋沿岸で高度を下げ、平野に広がる市街地を見ながら、ロサンゼルス国際空港(Los Angeles International Airport)に到着。日付変更線マジックにより、土曜日の深夜に出発して、到着したのは同じ日の夕方。入国審査と税関に時間を要したといっても1時間も掛からなかったので、以前の米国や、最近かなり待たされたネパールやモロッコに比べれば短い方かな。

地下鉄で宿に行くのは乗り換えが多くて大変そうだったので、乗合シャトルバンにしようかなと思ったら結構混んでいたため、市内直行バスを利用することに。幾つか行き先があって、目的のバスはなかなか来なかったけど、20分くらいでユニオン駅(Union Station)ゆきがやって来る。こんなに待つならシャトルバンを待つのと変わらなかったかなと思いつつ、あちらは乗合なので市内で各ホテルを回って時間が掛かる場合もあるからね。国内線ターミナルを幾つか回った後、市内までの交通は順調で30分くらいで終点に到着。バスを降りてから窓口で運賃を払うのだけど、現金はダメだったのでカードを出す。スロープとエスカレーターで中央駅の地下に入り、メトロの券売機へ。紙の切符は廃止されていたので、5ドルをチャージしたカードを新規購入。中央駅が始発となるレッドラインに乗って、コリアタウンの入口で下車。地上に出て事前に調べていたルートで宿に向かう。途中で見覚えのある青紫の花が落ちていたので見上げたら、街路樹のジャカランダが咲き残っていた。日没前に宿にチェックインして、ネットに繋いでひと休憩してから寝床に入る。果たして今夜はどのくらい眠れるのやら。


19/07/26(金)

1週間以上掛かって、ようやく半年分の写真の整理が完了。残した写真を数えてみたら3千を超えていた。こまめに整理しておけばこんな苦労はしないはずなのだけど、やっぱり旅行の後は何かと慌ただしくて、つい滞ってしまう。

ボルドーに続いてパリでも40度超との報道。去年スイスに行った時は、ジュネーブやチューリッヒで30度越えで現地としてはかなり暑かったし、同時期のスペイン南部で40度越えだったみたいだけど、今回はその比ではなさそう。


19/07/25(木)

ついにTwitterが新表示に完全以降して、元に戻せなくなっている。しかもタイムラインの時間軸が変だと思ったら、トップツイートを優先するのがデフォルトになっている。こちらは一応、時間順の表示に戻せるようだけど、暫くするとトップツイート優先になってしまうらしい(-_-#)

台風は5日後までの予想進路が表示されるけど、前段階の熱帯低気圧だと24時間後までしか出ない。だいぶ西寄りになっているようだけど、接近の場所と時間がどうなることやら。


19/07/24(水)

九州・四国・近畿・北陸の梅雨は明けたけど、東北だけでなく中国、東海、関東甲信はまだ明けていないんだね。今年は地域によって、梅雨の期間が倍ぐらい異なるのじゃないだろうか。今日の夕方も一時的に雨になる予報も出たけど、雲の流れが変わったようで、結局降ることはなかった。


«前の7日分