MD Diary

  Home Railway Miyuki Board Gallery Diary Blog
«前の7日分

19/04/28(日)

ジブラルタル 今日も雨の予報だったはずが、朝から晴れている。ただし予想通りに低めの気温。宿をチェックアウトして、Sバーンに乗って空港入り。一旦シェンゲンエリアから出て、ルフトハンザのA320に搭乗。メニューではチキンとなっていた機内食の肉料理は、バイエルン風のビーフソテーだった。ピレネー山脈を越えた辺りから窓の外の風景は乾燥地帯となり、海岸線が見えて来たと思っていたら特徴的な地形が目に入る。あれは、先日「世界ふれあい街歩き」で見たジブラルタル(Gibraltar)では!? 小さな半島の先端部分が山になっていて、その手前を滑走路が横切っているから間違いない。となるとその対岸はセウタになるんだね。アフリカ大陸の上空に入り、海岸から離れて暫く進んで、内陸のマラケシュ・メナラ空港(Aéroport Marrakech Ménara)に着陸。入国カードが着陸態勢に入る直前に配られたので、膝の上で慌てて記入。

ミントティー まずは入国審査なのだけど、到着便が重なったのかかなりの混雑。しかもわりと早い段階から各窓口に分かれて列を作ることになるので、どのくらい早く進むかは運次第となり、途中で時間を要した人がいたため、自分の番が回って来るまで1時間以上掛かってしまった。そして後ろを振り返ると、並んでいる人は殆どいない状態になっていた。ようやく税関検査も済ませて到着ロビーに出ると、手配していたはずの宿の出迎えが見当たらない〜と焦って、慌てて宿に電話を掛けたりしたけど、セキュリティーの都合上、通常の待ち合わせ場所は建物の外だったことを思い出し、そちらに行って無事合流。空港を出てマラケシュの新市街を走っていると、ジャカランダの花が目立つ。モロッコでは今が季節だったんだね。それにしても暑い。予報によると今日の日中は35℃を超えるらしい。10℃しかなかったミュンヘンから来たので、なおさら差が激しい。

タジン鍋 メディナ(Médina)と呼ばれる旧市街に入って暫く走ったところで停止し、待っていた出迎えの人の案内で宿まで歩く。旧市街にはリヤド(riad)という伝統的住居を利用した宿が多いのだけど、入り組んだ路地の奥にある場合が殆どある。そしてその路地はガイドブックの地図やGoogleマップには載っていないので、自力で辿り着くのはほぼ不可能。実際、今回の宿も車の入れない表通りから路地に入って、角を2回曲がった先。事前にGoogleマップの 航空写真から予想したルートとは全然違ったので、やっぱり送迎が必要だった。新市街の宿ならタクシーで直接アクセス出来るし、設備も近代的なのだろうけど、折角マラケシュに来てそれだと味気ないからね。中庭に面したソファーに座ってチェックインを済ませてから、ミントティーで一服。少々急で頭上注意な階段を上って、中庭を見下ろす廊下から上階の部屋に入る。

少し休憩した後は、明日のツアーの待ち合わせ場所を事前に確認しに行く。来た時とは逆に路地を歩いて表通りに出て、車道まで歩いて地図が示す場所に行ってみたら、さっき車を降りた場所のすぐ近くだった。旧市街には何箇所か、車の乗降場として指定されている場所があるようで、この付近はその一つになっているようである。到着日に外の店を探すのも面倒だったので、宿の夕食を事前に予約。夕方にマラケシュでは珍しく雨が降ったらしく、そのせいで開始時間が少し遅れたけど、宿の中なので少々遅くなっても問題ない。モロカンサラダなど3種のスターターに続いて、メインはミートボールのタジン。食後のミントティーを飲んでから、部屋に引き上げて就寝。


19/04/27(土)

いつものように、現地時間の午前5時頃に目がさめる。週末は朝食開始時間が遅いので、連休前の写真をアップロードしようとしたら、エラー続出で文字以外の情報が送れない。朝食から戻って来たらなんとか送れるようになっていたけど、何度もリトライしてだいぶ時間が掛かったので、朝から何だか疲れてしまった。

宿を出て中央駅構内のツアーデスクへ。奥まった場所にあって少し分かり辛いのだけど、前回ミュンヘンに来た時も利用していたので、迷うことはなかった。カウンターで手続きを済ませてから集合場所で開始時間を待つ。参加人数によって鉄道かバスのどちらを利用するかが決まるコースだったのだけど、人数が多かったようで大型バスでの移動となる。ミュンヘンを出る前は小雨が降っていたのだけど、アウトバーン(Autobahn)に乗って郊外に向かううちに天気は回復し、時折青空が見えるようになる。出発から約2時間でホーエンシュヴァンガウ(Hohenschwangau)に到着。

アルプゼー 一旦自由行動となったので、適当な店に入ってバイエルン料理のポークソテーとリースリングを注文。集合までの時間を利用して、道路沿いに少し散策。ホーエンシュヴァンガウ城(Schloss Hohenschwangau)はかろうじて青空を背景に撮影出来たけど、途中から空は再び雲に覆われるようになっていた。アルプゼー(Alpsee)まで行ってみたら、澄んだ湖面は鏡のように穏やかで、遠く近くの山々を映し出していた。再集合の後に再び訪れることになったのだけど、その時の湖面は漣立っていて、全く違った雰囲気になっていた。

ノイシュヴァンシュタイン ガイドの引率で坂道を登って、ノイシュヴァンシュタイン城(Schloss Neuschwanstein)に向かう。途中の店で揚げ菓子を買って食べていた人が多かったけど、量が多そうだったのでパス。高台からシュヴァンガウ(Schwangau)の町とフォルゲン湖(Forggensee)を眺めてから、渡されたチケットを持って指定された時間に自動ゲートを通過。城内は専門ガイドによるツアー見学。バスツアーのガイドは早口のアメリカ英語なので聞き取りが大変だったけど、城内ツアーのガイドはイギリス英語っぽかったので比較的分かりやすかった。城の内部は撮影禁止なので、以前の記憶が残っていない場所が多く、はっきり覚えていたのはタンホイザーの洞窟くらいだったりする。「楽人の間」も修復工事中だったし。外から見ると大きな城でも、内部見学出来る場所は限られているので、意外と早く見学ツアーが終了。

マリエン橋 外に出て歩いていると、途中で小雨が降ってきたけど、幸いマリエン橋(Marienbrücke)に着く頃には止んでいた。それでも空は雲で覆われていたので、橋からの眺めは期待出来ないかと思っていたら、視界は悪くなくて優美な城の全景だけでなく、背景となる平原やフォルゲン湖、そしてその向こうの山まで見渡せる。ノイシュヴァンシュタインを訪れるのは3度目なのだけど、初めての時は土砂降りでマリエン橋から城でさえ霞んでいて、2回目はとても天気が良かったのに城の外壁が修復工事の土台で覆われていた。3年前に再々挑戦しようとしたら、その時はマリエン橋が修復工事中。そして今回、ようやく何にも邪魔されずに橋から城を眺められたので、3度目の正直を果たせたと言えるだろう。出来れば空は青い方が良かったけど、贅沢を言えばきりがない。実は今回も正面入口側の外壁が修復工事中だったけど、マリエン橋からは殆ど見えない角度だった。

帰りは階段や急坂のある歩行者専用通路を経由して麓に降りたら、少し離れた駐車場に出たけど、そこから集合場所まではすぐだった。バスに乗ってホーエンシュヴァンガウを出た途端、急に日が差してきて青空が広がる。折角なら丘の上にいる時に晴れて欲しかった〜というか結果的に丘の上にいる間だけ雲に覆われていたことになるけど、城の見学は時間指定なのだから仕方がない。バスでミュンヘンに戻り、中央駅でツアーが終了になったので、構内の店で買い物を済ませてから宿に戻る。


19/04/26(金)

予約していたタクシーに乗って、空港入り。搭乗手続きと両替を済ませてから、搭乗前にラウンジで少し休憩。小雨の羽田に到着した後は、国際線乗り継ぎバス乗り場に向かう。今回は南側のゲートで、国内線側の始発となるためか、混雑で乗れないことはなかった。国際線ターミナルに移動して、念のためカウンターに立ち寄って確認したら、伊丹では乗継空港での搭乗手続きが必要と言われた第3区間が、既にチェックイン済みとなっていて搭乗券を受け取ることが出来た。何だかよく分からないけど、今回は乗継時間にあまり余裕がないので、やはり事前に搭乗券を持っていた方が何かと安心なので助かる。ラウンジで軽く食べてから搭乗口に向かい、こちらでも念のため確認してみたら、キャンセル待ちをしていたアップグレードが確定していたとのこと。事前に確定していれば、羽田の専用車サービスが利用出来たはずなのだけど、直前まで決まらなかったのだから仕方がない。

ラビオリ ということで2年ぶりとなるファーストクラスに搭乗。最初のシャンパーニュはやっぱりクリュッグで。定番のブルゴーニュの白とボルドーの赤に続く。メインは肉料理にしたけど、出来ればソースは味噌じゃない方が嬉しかったな。寝不足だったこともあり、デザートの後はいつものようにシートを倒して仮眠。目が覚めてから見た映画は「メリー・ポピンズ リターンズ(Mary Poppins Returns)」。原作1冊目は読んでいても映画の前作は見たことがなかったのだけど、それでも主人公のキャラクターはしっかり出ていたことくらいは判る。ファーストクラスだと機内WiFiが無料になるので繋いでみたけど、さすがにTwitterのタイムラインの表示さえかなり時間が掛かるようである。機内食2回目はシーフードだったので、軽食メニューのベジタリアンなラビオリを注文。

河口からテムズ川を遡ってロンドン・ヒースロー空港(Heathrow Airport)に着陸。大型連休に利用するのは3年連続となるけど、今回も国際線乗継なので入国しない。サテライトからターミナル2の本館に移動して、保安検査を経てからラウンジで待機。定刻通りの到着で、しかも同じターミナル内なので、乗り継ぎ100分でも慌てる必要はない。搭乗ゲートは直前まで表示されなかったけど、本館側だったので移動に時間は掛からない。ルフトハンザのエアバス機に搭乗してロンドンを後にして、ドーバー海峡を越える。窓の外は曇っていて日も暮れ始めているので、景色は殆ど見えない。機内食を済ませた後のんびりしているうちに、ミュンヘン空港(Flughafen München)に着陸。

短めの乗継だったけど、預けた荷物は無事に出て来る。スーツケースも機内に持ち込むことも考えたのだけど、液体類用のジップロックを用意する必要があったし、何より2度の乗継ぎで空港内を移動するのが面倒だったので、預けることにしたのである。一応、着替え1回分を機内持込み荷物に入れていたけど、結果的には必要なかった。ターミナルを出て、近郊列車Sバーン(S Bahn)でミュンヘン中央駅(München Hauptbahnhof)に移動。宿は駅のすぐ近くでも、入口がすぐに見付からなくて少し遠回りしてしまう。チェックインを済ませた後は、ネットに繋いでメールとタイムラインだけチェックしてから就寝。


19/04/25(木)

明日は休みを取ったので、今日が平成の仕事納めにということになるのか。といっても実感としては、例年の大型連休前と変わることはないのだけどね。


19/04/24(水)

ローソンのバスク風チーズケーキ「バスチー」というのを買ってみる。ベークドともレアとも違うというのはその通りなのだけど、この味はどう表現したらいいのかな。


19/04/23(火)

一昨日購入したワインストッパーを早速使ってみる。どうやら今まで使っていた物の後継製品みたいなのだけど、ゴム栓の構造が大幅に変わっている。これまでは手に掛かる力で脱気を確認していたのだけど、今度の製品は“カランカラン”という音が鳴り始めるのが目安らしい。一体どういう仕組みになっているのだろう。


19/04/22(月)

今シーズンは語学講座をネットのストリーミングで聴くことにしたのだけど、早速期限(毎週月曜10時に切り替わる)ぎりぎりになってしまった。ICレコーダーに録音だと、気を緩めるとすぐに蓄積してしまうので、今回はあえて期限ありの手段を選んでみたのだけど、果たしてどこまで続くのやら。とりあえずノイズが全くないのは有難いのだけど。


«前の7日分