MD Diary

  Home Railway Miyuki Board Gallery Diary Blog
«前の7日分

18/06/22(金)

帰りに駅前のスーパーに寄って買い物。メインの東館だけで5フロアあるので、どこに何があるか把握しておかないと、フロアを行き来することになってしまう。地下と1階の食品売場はレジが共通だけど、2階以上の日用品売場はフロア別レジになっているし。なお、池田市内のスーパーの食品売場では、今月からレジ袋有料化になっているが、まだ有料化していなかったことに驚く。つくば市では10年も前に有料化していたので。

JR西日本の予約システム「e5489」に登録したけど、受け取りにはカードと電話番号(下4桁)に加えて、予約番号(5桁)も必要って、かなり面倒じゃないか〜と思っていたら、実際には券売機受取だと不要らしい。早速予約したところ、帰りの列車が続けて予約出来ず、新規予約扱いになってしまった。あと、東北や北海道地域の予約も不可になっている。「えきねっと」だと予約出来ない地域はないけど、さすがに関西で受け取ることは出来ない。ということで中部以西の予約は「e5489」で大阪受取り、関東以東は「えきねっと」で現地受取り、という使い分けになるのかな。


18/06/21(木)

帰りに書店に寄った際、念のため確認したら、探していた本が入荷していた。同じ出版社の同日発売の本より遅れていたのは、出版または入荷がその本だけ遅れていたということなのだろうか..... どのみち普段読んでる文庫の取り扱いはないので、出先か通販に頼らねばならないのだけど。

前の家では流し台から離れた場所で使っていた食洗機は、こちらではすぐ近くに設置することになったため、配管類がかなり余った状態だった。設置後にとりあえず排水管を1m以上短くしたけど、アース線と給水管もそれぞれ1mと50cm短縮。これで裏から見た時(カウンターキッチン側)もだいぶスッキリした。


18/06/20(水)

朝7時ごろは大雨だったけど、8時過ぎに出掛ける頃には降っていなかった。でもその頃、池田市に大雨警報が出ていたことを後から知る。夕方帰宅したら、自宅エレベーターがようやく復帰。“ちょっとした運動”程度の階数でも、2日以上使えないとやっぱり不便と感じてしまう。


18/06/19(火)

夕方、ケータイが一斉に鳴り響いたので、大きな余震が来るのかとヘルメットを被って身構えていたら、隣市山間部の避難勧告発令の通知だった。落ち着いて考えてみれば、サイレンみたいな地震速報に対し、避難勧告はアルペジオだった。

今日も自宅マンションのエレベーターは止まったままだけど、こんな時でも新聞配達は玄関ポストまで届けてくれている。コンビニのパンや弁当類は戻っていたけど、大容量のミネラルウォーターが品切れになっていた。そしてカロリーメイトは品薄。


18/06/18(月)

朝、出掛ける直前に突き上げるような揺れ。台所の方で大きな音がしたので行ってみたら、電子レンジの上に載せていた天板が床に落ちていた。食器棚の中で扉と棚の間に挟まった食器が2つあって、そのまま扉を開けると食器が落下してしまう状況だったが、扉を開けないことには手が出すこともできない。仕方がないのでとりあえずタオルを構えつつ、外に飛び出さないように注意しながら扉を開けたところ、落下しながらもなんとか破損はしなかった。ワインセラーは4台のうち1台が、扉が開いたままの状態になっていた。中身は無事だったけど、不在時じゃなくてよかった。報じられた震度は池田で5弱。

職場に行くと避難場所に誘導されたが、程なく建物の安全確認が取れたとのことで、居室に入る。さすがに鉄道は軒並み運転を見合わせているため、出勤できない人も多い。夜になって阪急も全線で運転を再開したが、JRはかなり復旧が遅れている模様。物流も滞っているようで、夕方コンビニに行ってもパンや弁当類が全くなかった。自宅マンションのエレベーターはずっと停止したままだったが、とりあえずガスはメーターのリセットボタンを押したら元に戻った。


18/06/17(日)

首里城内 那覇は台風一過の晴天。宿をチェックアウトした後は、ゆいレールの1日乗車券を購入して首里に向かう。蒸し暑い中を歩いて首里城前の守礼門を通り越し、首里杜(すいむい)館で「まちま〜い」の「命(ぬち)どぅ宝 〜首里の戦跡をたどる〜」に当日参加。首里城の展望所「西(いり)のアザナ」に登った後、通信所跡、戦災を受けたアカギ、銃弾の跡が残る旧師範学校の門、「一中健児の塔」を巡る。首里で解散となったので、昼食は「ほりかわ」で。

旧フェスティバルビル 今日は糸満ハーレーの日なのだけど、外はかなり暑いし、渋滞等で帰りが遅くなっても困るので、午後も那覇市内に留まる。糸満ハーレーは日付固定なので、週末にあたる年は珍しいのだけどね。ゆいレールで国際通りに出て、安藤忠雄建築の旧フェスティバルビルを見学。「那覇OPA」に改称した後、5年前に一旦閉鎖となった後、現在は驚安の殿堂がメインテナントとなっている。一番上の7階にある「がじゅまる広場」は健在。あまりに暑いのでアイスかぜんざいでも食べようかなと思っていたら、アイスクリーム店に季節メニュー「ぜんざい風サンデー」があったので迷わず注文。

早めに空港入りしてカード会社ラウンジで休憩した後、土産と空弁を買ってから搭乗待合室へ。帰りは天気が良かったので、離陸後は残波岬、伊江島、伊平屋島などを確認。伊丹空港からの帰りに、蛍池と池田で書店に3軒寄ったのに、探している新刊は見付からなかったので、帰宅してから通販で注文。同じ出版社の同日発売の別の新刊ならあったんだけどね。やっぱり近所で探すだけ無駄ということなのだろうか...


18/06/16(土)

大阪空港デッキ 飛行機を遅い便に振り替えたので、昼前に家を出て空港入り。ターミナル内で軽く食事をしてから、新しくなった屋上デッキに出る。朝早い出発だと搭乗口に直行となり、こんな機会でもないと来ることがないので。一部はまだ工事中だったけど、雲ひとつない空の下に広がるデッキを、ブッドレア、アガパンサス、ムラサキツユクサなどの花が縁取っている。囲っているのは、航空機撮影にも優しいワイヤロープ。結構暑いので一通り見て回った後は、保安検査場に進んでラウンジで休憩。今朝の段階では夕方便も「天候調査」となっていたけど、わりと早い段階で「条件なし運航」に変わっていたので、安心して搭乗。離陸後は大阪湾を旋回しながら上昇。堺市の方にカメラを向けると、後から拡大した画像に大仙陵古墳(仁徳天皇陵)が写っているのを確認。

那覇空港 今回もプレミアムクラスにアップグレードしたのだけど、午後便となったため食事は軽食。南の方に来ると雲が多くなったが、与論島や辺戸岬は確認出来た。予報では夕方まで雨となっていた那覇も、到着時には日が差す程に天気が回復していた。ゆいレールで市街地に移動し、前回と同じ宿にチェックイン。既に夕方になっていたので、部屋で暫く休憩してから、夜はいつもの「くまのみ」へ。ノートPCでLINEを読めるように設定して来たのに、宿に帰って書き込もうとしたら改めて認証を要求された。iOSデバイス(iPod touch)は持って来てないから、帰宅するまで無理だっちゅーに。


«前の7日分