MD Diary

  Home Railway Miyuki Board Gallery Diary Blog
«前の7日分

18/06/01(金)

夕方、帰宅途中で薬を貰いに行く。今の家だと医院も近くにあるので、平日でも気軽に行けるようになった。平日だから割安になるのかなと思ったら、午後6時以降は夜間加算されるようである(^^;


18/05/31(木)

週末の行き先の天気予報が、どんどん良い方向に変わっている。このまま当日を迎えられたらいいのだけど。

昨日の続きで花のことを調べていたら、通常“アカシア”と呼ばれているのはニセアカシア(ハリエンジュ)で、本来の“アカシア”は“ミモザ”と呼ばれていることを知る。そして本来の“ミモザ”はオジギソウ類のことらしい。


18/05/30(水)

久しぶりに“黄色いローズマリー”について調べてみたら、フロリバンダ系の"Rosemary Murray"という品種のバラがヒット。“黄色いローズマリー”は実在した!ということになるけど、作出は2004年とわりと最近になっている。その名も“ローズマリー(Rose Marie)”というバラ(2003年作出)もあるけど、こちらはベージュ色。“黄色いローズマリー”というのは「さよならを伝えて(1977年)」に出てくる謎の歌詞だけど、ハーブのローズマリーに黄色い品種はないし、当時は名前すら殆ど知られていなかったはずだし、そもそも花屋で花束を作るような花ではないので、「マリー」という名前の黄色いバラのことではないかと推察するのだけど、真相やいかに。


18/05/29(火)

今月末までのクーポンを使うために店に行ったら、サービスがやたらと滞っていて、食事が出るまで30分以上掛かり、さらにデザートが出るまで20分以上掛かった。文庫本をだいぶ読み進められたから、まあいいんだけど。。。

引越し直後に台所の棚下照明が点かなくなったので蛍光灯を買いに行ったら、近所のスーパーやホームセンターだけでなく、梅田のヨドバシでも取り扱いがなかった。そもそも型番で調べようにも、文字が剥がれて読み取れなくなっている。それでもメーカーとワット数、形状とサイズを頼りにネット検索したところ、恐らくこれ!というのが見付かって、通販の在庫もあったのでとりあえず必要数の2本を注文。届いた蛍光灯を取り付けてみたら、サイズも合致して無事点灯(^o^) よくよく調べてみたら、既に生産終了となっている商品だった(後継・代替品なし)。ということは通販の在庫がある今のうちに交換用を注文しておくべきなのだろうか。それとも十年以上はもつようなので、その頃までに器具本体の方が使えなくなってたりするのだろうか。


18/05/28(月)

昨日エアコンを購入した際、最短の工事可能日を確認したら“明日”と言われたので、勢いで今日を指定してしまった。ということで午後に早速、寝室と書斎にエアコンの取り付け。6〜8畳用でも、昔の機種に比べると奥行きがあるけど、最近はこういうものなのだろうか。何はともあれ、これで安心して梅雨と夏を迎えられる。


18/05/27(日)

そば粉ガレット 梅田に出て久しぶりにエノテカで昼食を取るつもりだったが、イベントで貸切となっていたため、近くのクレープの店に入ってガレットを食べる。大まかにいうと小麦粉で作るのがクレープで、そば粉で作るのがガレットということになるらしい。十年以上前、初めて“そば粉のガレット”というメニューを見たとき、抹茶アイスや米粉パンのように、和の食材を使ったアレンジの一種かと思ったのだけど、実はブルターニュ地方の伝統的な料理ということを後から知った。調べてみると、十字軍が持ち帰ったソバがブルターニュに定着したらしい。寒冷で痩せた土地でも育つというのが適していたのだとか。そういえばブドウが育たないブルターニュでは、リンゴ酒(シードル)が名産だったっけ。

午後はヨドバシでエアコンを購入。各メーカーから様々な機種が出ていたけど、部屋の大きさは当然として、これだけは必要だと思う機能(セルフクリーニング)があって、キャンペーン対象となっている機種を選択。やっぱり2台同時に買った方が、取り付け費用とか考えたら安くなるのかなと思っていたら、本体価格も同時購入キャンペーンで割引になっていたので、迷わず2台購入。期間限定で1万円引きになっていた機種が、2台同時購入で2万円ずつ値引きとなったので、合計6万円安くなったことになる。因みに「省エネ」を謳う上位機種だと、1台あたりプラス10万円以上。ハイシーズンは毎日フル稼働という状態なら、電気代の差でトータルでは得になるのかもしれないけど、一人暮らしで平日の昼はいないし、休日も不在が多いので、どう考えてもペイしない(^_^;)

帰りは隣の川西能勢口に出て、駅前にどんな店があるか調査。書店は2軒あって、そのうち片方は、普段読んでるような文庫本が普通にあるような大型店。ワインの方も、小さいながら主な産地は抑えていて、よく飲む銘柄も置いている店が2軒。飲食店街も割と充実しているように感じたのは、隣の芝生効果なのだろうか。自転車で来れない距離じゃないけれど、そこまでするなら梅田に出た方が早いという話も... 池田に戻って駅前のスーパー2軒を確認してみたところ、ワインはどちらも千円台が中心だったけど、ズッキーニは両方の店にあったし、片方の店ではエシャロットやクレソンもあったので、とりあえず本とワイン以外の買物は、池田駅前でなんとかなりそう。


18/05/26(土)

早い時間に目が覚めてしまったので、朝食を取った後は2度寝といわず3度寝。さすがに平日に、京都に“寄り道”してから帰ると、ちょいと疲れる。今日また京都に行く予定なので、宿を取ることも考えたのだけど、ここのところ出費が嵩んでいたし、泊まる準備もしなければならなかったので、日帰りを強行したのである。

京都府立植物園 という訳で、今日も阪急を乗り継いで河原町に出て、百貨店で昼食を取った後、京都府立植物園へ。急に気温が高くなる予報だったので、なるべく日向は歩かず、大温室近くから林を通ってバラ園に出る。今年は色んな花が早めに咲いているので、盛りは過ぎてしまっているのではないかと心配していたが、まだまだ十分見頃だった。午後になると時折日が差すようになっていたので、そのまま竹林を抜けて北山門に直行。北山通の喫茶店に入って、渋皮栗のタルトを食べながら休憩。

美術館「えき」KYOTOで「ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展」を見学してから、いつものホテルで夕食を。今夜は違う場所で蛍を見ようかなと一瞬考えたけど、二日続けて夜更かしはしんどいので、夕食後はおとなしく池田に帰る。京都の最高気温は34℃という予想もあったので身構えていたのだけど、アメダスの記録によると30℃弱だった模様。午前中は雲が多かったので、そこまで気温が上がらなかったのかな。


«前の7日分