MD Diary

  Home Railway Miyuki Board Gallery Diary Blog
«前の7日分 最新 次の7日分»

18/04/29(日)

ブレーメン市庁舎 今朝はハンブルク中央駅から、事前に予約していたインターシティ(InterCity, IC)に乗車。直前になって編成が通常とは逆向きと表示されたので、乗客は慌ててホームを移動することになる。ハンブルク・ハールブルク駅に停車してから、約1時間でブレーメン中央駅(Bremen Hauptbahnhof)に到着。駅前通りから路面電車沿いに歩き、濠を渡ってブレーメンの旧市街に入ると、豚と豚飼いの像が出迎える。旧市街を歩いてマルクト広場(Marktplatz)に出て、ブレーメン市庁舎(Bremer Rathaus)の前にあるローラント像(Bremer Roland)と対面。世界遺産としては「ブレーメンのマルクト広場の市庁舎とローラント像」の名称で登録されている。ローラントは古フランス叙事詩の主人公で、自由都市の象徴として各地に像が設置されているが、ブレーメンでは14世紀の大きな像が残っている。

ブレーメンの音楽隊 まずは市庁舎の見学ツアーを予約しようと窓口を探したのだけど、ガイドブックには記載がなく、ネット情報でも場所が分かり辛くて、ようやく見付けた現場の表示を頼りに辿り着いたのは、ベッチャー通り(Böttcherstraße)の中程にある観光案内所だった。日曜日のガイドツアーは午前中の2回のみとなるが、午前10時の初回で無事に予約完了。開始時間まで周辺を散策する前に、市庁舎脇にある「ブレーメンの音楽隊(Die Bremer Stadtmusikanten)」の像のところに行くと、既に多くの観光客が集まっていた。指定時間に集合場所に行って、英語ツアーに参加。市庁舎の建物は14世紀に遡るが、何度も改築を重ね、同じ部屋でも各時代の特徴が残されている。大宴会場には船の模型が幾つも天井から吊るされているのが、交易都市としての歴史を物語る。昼食は川沿いの店でマルクトプファンネ(Marktpfanne)という、豚肉とキノコとソテー。ワインはバーデン地方のヴァイスブルグンダー(Weißburgunder)で、フランスでいうところのピノ・ブラン。

濠のそばの風車 午後は路地に昔の雰囲気が残るシュノーア地区(Schnoorviertel)を散策した後、聖ペトリ大聖堂(日曜日は午後2〜5時のみ)の塔に、階段で登る。展望台からの視界は4方向に限定されていて、網が二重になっているので写真にはどうしても網が写ってしまう。旧市街の方角が曇っていたのもちょっと残念。予定していた場所は一通り回ったので、濠のそばの風車(元は7つあったうちの1つが現存、レストランとして営業中)まで寄り道してから、駅に戻ってラウンジで休憩。今日も雨が降りそうな予報だったけど、昼前に少しぱらついた程度で、結局殆どの時間はれていた。帰りの列車の編成は順方向だったが、機関車が最後尾に来る推進運転になっていた。ハンブルクに到着した後は、今日も駅構内で軽食を調達。今日はなんだか喉の調子が微妙に良くなくて、早めに薬を飲もうと思ったら風邪薬だけ入っていなかった。どうやら引越前の冬場に使い切って補充した際、スーツケースに戻すのを忘れていたようである。とりあえず寝るに限るということで、さっさと寝床に入る。


18/04/28(土)

ハンブルク倉庫街 就寝から6時間で目が覚める。乗継便でも少し寝たので、初日の睡眠としてはこんなものだろう。朝食を済ませ、宿を出て地下鉄に乗ろうとしたら、路線によって駅が南北に分かれていて、宿から遠い方で裏口側。これなら次の駅から乗っても大差なさそう。3号線に乗って4つ目のバウムヴァル(Baumwall)で下車。途中から地上に出て高架駅になっている。火災の後で復元され、昔の面影が残るダイヒ通り(Deichstraße)に立ち寄ってから、運河を渡る。午前中は雨が降るような予報もあったけれど、実際は予想外の晴天。運河沿いの倉庫街(Speicherstad)は、19世紀後半から20世紀初頭にかけて再開発された区域で、整然と並ぶ煉瓦倉庫が印象的。最初に「ミニチュア・ワンダーランド(Miniatur Wunderland)」で入場券を買おうとしたら、時間指定制で午前中の分は既に完売。午後1時以降なら好きな時間を指定出来たので、午後5時の券を購入してから出直すことに。

チリハウス 倉庫街を散策した後、旧市街側に戻ってチリハウス(Chilehaus)の外観を見学。1925年竣工の表現主義建築で、街路に合わせて東側の先端が尖っている。世界遺産には「ハンブルクの倉庫街とチリハウスを含む商館街」という名称で一括登録されているので、他の建物もあるはずなのだけど、ガイドブックにはチリハウスの場所さえ載っていなかったりする。その他の建物をネットで探しても場所はよく分からなかったが、歩いているうちに目にしている可能性は十分にある。

パンフィッシュ 旧市街の中心部に出て市庁舎(Rathaus)の前を経由し、内アルスター湖(Binnenalster)の畔を歩いて線路側のハンブルク美術館(Hamburger Kunsthalle)へ。クラーナハを始めとするドイツ画家の作品は勿論、ルーベンスやレンブラント、モネやルノワール、ピカソやダリの作品も展示されている。常設展を観るだけでもかなり歩くことになるので、別館の企画展はパスして運河地区に戻る。少し早めの昼食は、地元料理のハンブルガー・パンフィッシュ(Hamburger Pannfisch)で、3種の魚のソテー。ワインはモーゼルのリースリング。

ミニチュア世界 午後は市庁舎前から地下鉄に乗って、ザンクト・パウリ地区に移動。アルター・エルプ公園(Alter Elbpark)には巨大なビスッマルク像があって、足元の展望台から市街地が眺められる〜とのことで丘を登ったのだけど、階段が閉鎖されていて入れず、近くにあるはずのドイツ最北の葡萄畑も見ることが出来なかった。続いて近くのハンブルク歴史博物館(Museum für Hamburgische Geschichte)を見学し、聖ミヒャエル教会(Hauptkirche Sankt Michaelis)の塔に登って景色を眺める。階段を登る覚悟をしていたら、エレベーターがあった。午後になって雲が増えたものの、基本的には晴れているので景色は上々。市街地を西から眺めるので、順光になる午後に訪れたかったのである。教会の近くで戦火を免れた路地を訪れてから、本日3度目となる運河地区に向かう。当初の計画では昼食まで倉庫街にずっといるつもりだったのだけど、ミニチュア・ワンダーランドの予約が取れなかったので仕方がない。

倉庫街博物館(Speicherstadtmuseum)を見学した後、時間調整に散策してからミニチュア・ワンダーランドを再訪。鉄道模型を中心としたジオラマで、米国の砂漠地帯や北欧の雪景色、アルプスの山岳地帯など、様々な場所を再現している。ヴェネツィアやローマの、ノイシュヴァンシュタイン城などの観光名所もあり、地元ハンブルクでは中央駅、倉庫街、聖ミヒャエル教会と、今日見てきたばかりの建物が並ぶ。遊園地や実際に飛行機が離着陸する空港、鍾乳洞など鉄道以外の場面も色々あるのに加え、バンジージャンプやスーパーマン、アトランティス地底人など小ネタもあちことに仕込まれている。じっくり見て回れば夜遅くまで掛かりそうだけど、既に歩き疲れていたので適当なところで切り上げて帰る。夜は駅構内の店で調達した軽食ですませる。


18/04/27(金)

予約していたタクシーに乗って空港入り。保安検査前に両替と買い物を済ませたため、ラウンジに立ち寄らず搭乗口に直行。羽田到着後は乗継専用バスに乗ったが、国際線ターミナルではチェックインカウンターの近くに到着したので、保安検査を受け直し。成田乗り継ぎと違ってターミナル間移動もあるので、結構時間が掛かる。それでも乗り継ぎに余裕を取っていたので、ラウンジで軽食を取るだけの時間はあった。

機内食1回目 いつものように一年前からアップグレード空席待ちを掛けていたのだけど、今回はOKが出なかったのでビジネスクラスのまま搭乗。1回目の機内食では、シャンパーニュ、イタリアのシャルドネ、ボルドーの順に注文。仮眠を取った後は、スターウォーズの最新作「最後のジェダイ」を鑑賞。前作から二年経っていると、いろいろ忘れているので、事前に粗筋くらいは復習しておくべきだったかな。2回目の機内食はシーフードだったので、代わりに軽食のフォカッチャとサラダを注文。ヨーロッパに入っても、窓の外は殆ど雲に覆われていた。

一年ぶりとなるロンドン・ヒースロー空港(London Heathrow Airport)の第2ターミナルに到着したが、今回は乗継利用なので入国せず、専用バスに乗って第5ターミナルに移動。通しチケットでも日本出発時に乗継便の搭乗手続きが出来なかったため、保安検査を受け直す前にチェックインが必要なのだけど、カウンター前には長い行列。とりあえず並んだけど、窓口は半分も開いていない上、予約変更の客が多いみたいで列はなかなか進まない。結局1時間近く待った後、ようやく搭乗手続きを済ませてから保安検査場に進む。他アライアンスでもビジネスクラス利用なので、搭乗前にラウンジに入って休憩。機内で仮眠したとはいえ、日本時間では既に未明になっているのでかなり眠くなっているが、なんとか気力を保たせて搭乗。さすがに離陸前後に少し寝入る。

ハンブルク空港(Flughaven Hamburg)に到着して入国審査の後、手荷物を受け取ってターミナルを出る。市内まで鉄道で行けるのだけど、深夜だし少しでも早く宿に入りたかったのでタクシーを利用。ハンブルク中央駅(Hamburg Hauptbahnhof)近くの宿にチェックインして、ネット接続だけ確認した後はすぐに就寝。


18/04/26(木)

歓送迎会の第2弾、って週に2回はちょっとヘビィ。旅行の準備もあるので、ハイボールと芋焼酎(お湯割)1杯ずつに留めておく。


18/04/25(水)

ANAのハワイ路線用A380の内装が発表される。エコノミーの一部にカウチシートを導入し、ファーストクラスはドア付きで、4クラス520席。やっぱり一度は乗ってみたいよね。


18/04/24(火)

出掛ける前に段ボール66箱+αと、新聞2束を古紙回収に出したので、朝からかなり疲れてしまった。

夜は所属部署の歓送迎会その1。トスカーナとボルドーの赤があったので、つい飲んでしまう。


18/04/23(月)

食器の大半の洗浄を終え、ヤカンも使えるようにしたので、ようやく自宅で紅茶が飲めるようになった。市販の紅茶飲料もあるといっても、あくまでも別物の清涼飲料水だからね。

「時の車輪」の第14部「光の記憶(A Memory of Light)」をようやく読了。英語で千ページ以上あるので、結局やっぱり半年近く掛かってしまった。調べてみたら第1部「世界の目(The Eye of the World)」の翻訳を読み始めたのが、ちょうど二十年前だった。いつまで待っても翻訳されない最後の2冊は、原書で合計2千ページ以上にもなる長編だったけど、結末を知りたい一心でなんとか一年がかりで読破。

ロバート・ジョーダン&ブランドン・サンダーソン「光の記憶(時の車輪14)」読了

«前の7日分 最新 次の7日分»