MD Diary

  Home Railway Miyuki Board Gallery Diary Blog
«前の7日分 最新 次の7日分»

18/08/07(火)

ライゼー 明るくなると再び晴れて、マッターホルンも全貌を現していた。今日は初発が8時なので、朝食を取ってから出掛ける。まずは名所の橋から山を眺めてから、地下ケーブルに乗ってスネガ(Sunnegga)に上る。標高2,300メートル足らずで他の展望台よりは低く、マッターホルンからも離れているけれど、角度的には特徴ある山の形が一番良く現れている。近くのライゼー(Leisee)までちょっとした高低差があるのだけど、案内に従って歩いていたら「ライゼー・シャトル(Leisee Shuttle)」という斜行エレベーター形式のケーブルカーがあったので利用して下りる。ここでも湖面にマッターホルンが映し出されているが、噴水のせいで漣だっているので像が揺れる。付近は高山植物が密集していて、今までに見掛けていない種類の花もあったので、撮影に勤しむ。向こうの方にヤナギランの群生地が見えたので、帰りはシャトルを使わずに急坂を歩いて登り、出来るだけ近付いてから撮影。

スネガからロートホルン(Rothorn)まで行くロープウェイは、経由地のブラウヘルト(Blauheld)から先が安全対策のため今シーズンは運休中。ライゼーからツェルマットまで降りるハイキングコースもあるのだけど、さすがにそこまでの元気はないので、おとなしくケーブルカーに乗って麓に戻る。スネガ滞在中に雲が出始めたマッターホルンは、ツェルマットに降りる頃には頂上がすっかり隠れてしまっていた。山の天気は変わりやすいので、ツェルマットには3泊以上すべし〜とガイドブックにはあったけど、2泊でもこれだけマッターホルンを見られたのは、かなり運が良かったのかな。通り雨もあったけど、観光中に山が見えなかったのは結局、初日のグレッシャー・パラダイスだけだったし。

チューリヒ市街 宿をチェックアウトして、マッターホルン・ゴッタルド鉄道に乗ってツェルマットを後にする。フィスプで北に向かう連邦鉄道の列車に乗り換えて、トンネルを抜けトゥーン湖(Thunersee)の畔を走り、8年前に訪れた首都ベルン(Bern)へ。アーレ川(Aare)の鉄橋から旧市街を見ながらベルン中央駅に入ると進行方向を変え、同じ鉄橋を渡ってから東に向かう。高速新線を経由して、同じく8年ぶりとなるチューリヒ中央駅(Zürich Hauptbahnhof)に到着。地下ホームから間違えて正面口に出てしまったので、北口に出直して前回と同じ宿にチェックイン。部屋で休憩してから旧市街を散策。前回はチューリヒに宿泊この2日半はずっと涼しいところにいたけれど、標高400メートルのチューリヒは、まだ連日30℃を超す暑さになっている。それでも天気が良いので、グロースミュンスター(Grossmünster)の鐘楼に登って、チューリヒの街並みを見渡す。

チューリヒ湖 チューリッヒ湖(Zürichsee)の畔まで出てからリマト川(Limmat)沿いに歩き、リンデンホフ(Lindenhof)にも立ち寄って丘の上からの景色を眺める。今日も移動日で昼は携行食だけになってしまったので、旧市街の店で早めの夕食。チューリッヒ料理の仔牛とキノコのクリーム煮であるチューリッヒャー・ゲシュネッツェルテス(Züricher Geschnetzeltes)を注文したら、ここでもやはりレシュティが添えられていたけれど、ベルンが発祥らしい。ワインはラヴォー(Lavaux))のエペッセ(Epesses)で、品種はシャスラ。普段涼しい地方が急に暑くなると、エアコンが普及していないので店の中が外よりも暑くなる。そしてホテルの部屋にも冷房がなくて、扇風機を回していても寝苦しかった。


18/08/06(月)

ゴルナーグラート駅 夜が明けると快晴の空を背景に、朝焼けに赤く染まるマッターホルン。今日は昼前から曇りになるような予報だったので、少しでも早く行動しなくては!7時からの朝食を待っている場合じゃない!ということで6時半に宿を出る。マッターホルン・ゴッタルド鉄道の駅前から出ているゴルナーグラート鉄道(Gornergratbahn)の駅に行って、開いたばかりの窓口で往復乗車券を購入。始発列車に乗って、小型車両でぐんぐん急勾配を登る。“晴れていれば進行方向右側”というガイドブックの勧めに従うと、窓からマッターホルンの雄大な姿がずっと見えていた。30分と少しで終点のゴルナーグラート(Gornergrat)に到着。標高は3,100メートル弱。今日もまた一気に高山に来たので、呼吸と歩速を調整。乗ってきた列車はすぐに折り返したので、次の列車を待つ間に周辺を散策。展望台からはマッターホルンや周囲の山々、そして目の前に横たわる氷河が眺められる。途中の道で工事が始まって通行止めになったので、迂回路を通って駅に戻る。時刻表を確認して、急斜面を登って来る列車を撮影してから、折り返しに乗車。

逆さマッターホルン 一駅だけ戻ってローテンボーデン(Rotenboden)で下車すると、マッターホルンは相変わらずくっきりと見えている。リッフェルホルン(Riffelhorn)の岩山の麓にあるリッフェルゼー(Riffelsee)を目指すが、最初の下り坂が結構急だなと思っていたら、ショートカットの方に入り込んでいたからであって、向こうに見えている通常の道はそれほどでもなかった。色とりどりの高山植物を見ながら進むと、湖面に映った「逆さマッターホルン」が現れる。どんなに晴れていても山に雲が掛かっていたり、風で水面が波立っていたりすると綺麗に見えないようだけど、今日はどちらの条件も問題なし。ただし、手前側は水面近くまで水草が見えていたので、鏡像に若干影響が出ている。隣の湖面にも「逆さマッターホルン」が映っているが、こちらは少し違った雰囲気。そのまま遊歩道を歩き続け、下り坂の手前で分岐して、比較的高低差の少ないコースを辿る。ほぼ正面に見えていたマッターホルンが左手に回り、向かい側の山並みが見えてくる。標高2,600メートルくらいまで下りて来ているけど、高山植物の写真を撮影した後に立ち上がると、微妙にふらっとするのでまだ気を付けないと。

エーデルワイス 隣駅のリッフェルベルク(Riffelberg)から再びゴルナーグラート鉄道に乗車。帰りは反対側に座ったけれど、見える景色は歩いていた時と大きく変わらなかったりする。途中で滝があったけれど、一瞬過ぎてうまく撮影出来なかった。結局ツェルマットに戻っても晴れたままだったが、マッターホルン付近には雲が出始めている。昨日とは違うルートでツェルマットを歩き、古い建物の立ち並ぶ路地を抜ける。倉庫の床下にある円盤状の石は「鼠返し」らしい。途中の家の庭先に、エーデルワイスが咲いているのを見掛ける。朝早く出たのでもう1箇所行くくらいの時間はあったけれど、さすがに疲れて元気が残っていなかったので、昼過ぎに宿に引き上げて仮眠。自分でも驚くくらいに疲れていたけど、高度のせいもあるのだろうか。

仔羊のレシュティ 夕方になって、山の方だけでなくツェルマット上空も曇ってきたけど、マッターホルンはまだ見えている。朝はカロリーメイト、昼はサンドイッチだけだったので、夜くらいはしっかり食べておかなければということで、ネットで探した店に行って、仔羊のフィレのレシュティ。ワインはヴァレー州(Kanton Wallis)のヨハンニスベルク(Johannisberg)で、品種はシルヴァーナー(Silvaner)というらしい。今日も夕暮れのマッターホルンは、雲に覆われ始めている。明日もう一箇所行くかどうかは、起きた時の天気予報と体力次第。


18/08/05(日)

次の行き先の天気予報がサイトによって違っていたけど、地元のサイトによると少なくとも今日の天気は良さそうだったので、早めに移動しておこうということで、宿を早めにチェックアウトしてコルナヴァン駅を発つ。スイスでは一部の列車(氷河急行や国際列車)以外は指定不要で、乗客も指定を取らないことが殆どのようなので、その日の都合で乗る列車を決めても問題はない。レマン湖岸を走る列車は、昨日訪れたローザンヌを過ぎ、モントルー(Montreux)の少し先で湖岸の城の間近を通る。レマン湖を離れた後は、ローヌ川上流に沿って進んで、マルティニー(Martigny)で方向を転じる。ドイツ語圏に入ると、車内アナウンスの順序が変わり、終点の一つ手前のフィスプ(Visp)で下車。途中、工事の影響で徐行や待合せがあった上、2箇所で臨時停車したため10分近く遅れていたが、乗り継ぎには問題なかった。

登山列車 地下道を通って隣のホームから、マッターホルン・ゴッダルト鉄道(Matterhorn Gotthard Bahn)に乗り換える。軌間が1メートル丁度の登山鉄道で、勾配がきついところではラックレールを使いながら、谷間をどんどん登ってゆく。両側に聳える山はさらに険しくなり、頂上付近の氷河から水が流れ落ちる轟音が響き渡る。1時間と少しで終点のツェルマット(Zermatt)に到着し、駅から少し歩いてホテルに向かう。環境保護のためガソリン自動車の乗り入れは禁止されているが、小型の電気自動車が細い道を走り回っているので、歩くのには注意しなければならない。チェックインには早い時間だったので、フロントに荷物を預けるつもりだったけど、部屋が空いていたのでチェックインを済ませる。今のところは晴れていて、ベランダからマッターホルン(Matterhorn)が見えていたので、荷物を置いたら一息つく間もなく外出。標高1,600メートルともなると、さすがに涼しい。

とりあえずマッターホルンを眺める名所となっている教会通り(Kirchstrasse)の橋に行ってみたら、頂上が微妙に雲に隠れている感じ。橋の下を流れるマッター・フィスパ川(Matter Vispa)はかなりの水量と流速だが、乳白色になっているのは氷河由来だからなのだとか。上流に向かってさらに歩いて、ツェルマットの端の方にあるゴンドラ乗り場に向かう。窓口で終点までの往復乗車券を買ってから、次々とやって来る小型ゴンドラの一つに乗り込む。遠ざかる谷間の街並みを眺めながら急勾配を登り、最初の駅であるフーリ(Furi)から3方向に分かれるみたいなので乗り換えになるのかと思っていたら、終点方面はそのまま乗車という掲示が出ていた。シュバルツゼー(Schwarzsee)を過ぎてもまだ乗り続け、谷底のフルック(Frugg)を通過してトロッケナー・シュテーク(Trockener Steg)でようやく下車となる。現在はシュバルツゼー経由を一つの系統として運転し、フーリとトロッケナー・シュテークを直接結ぶルートは休止している模様。周辺を少し歩いてから次の系統の乗り場に行ったら、今度は大型のゴンドラ2台が交互に往復する形式だったので、暫しホームで待つことになる。

氷河の楽園 既に標高3千メートルを超えているので、窓の外に景色は草木の生えないガレ場か氷河となっている。終点のマッターホルン・グレッシャー・パラダイス(Matterhorn Glacier Paradise)は標高3,800メートルと富士山よりも高い場所で、麓から約1時間で一気に登ってしまったので、意識的にゆっくり歩きながら呼吸を深くする。駅から続くトンネルを抜けると、目の前にはスキー場の銀世界が広がる。トンネルの途中からエレベーターと階段で展望台に上がれるようになっているが、低地では大したことない階段でも、標高3,800メートルではかなりきつい。空は晴れていたので、展望台から東側のモンテローザ方面は良く見えたが、西側から北側にかけては白いガスに遮られている。暫く待っても変わらなさそうだったので、諦めて帰ろうとしたところで急に視界が良くなって、マッターホルンが顔を出す。麓からとは角度が違うので、この辺りではピラミッド型に見える。もっと天気が良ければモンブランまで見えるらしいが、マッターホルンが見えただけでもよしとしよう。トンネル出口付近のエレベーターから下に降りると、氷河を刳り貫いて作った「氷河の宮殿(Glacier Palace)」に出る。氷の彫刻が融けずに残る温度なので、ダウンジャケットを着込んでいたとはいえ、長居はしないよう一通り見て回ってからゴンドラ乗り場に戻る。

ツェルマット トロッケナー・シュテークで乗り換える際、マッターホルンの頂上がはっきりと確認出来るようになっていたので、駅の屋上の展望台に出て撮影。往復乗車券で途中下車も可能だったので、帰りはシュバルツゼーでゴンドラを一旦降りて周辺を散策。この辺りの標高は約2,600メートル。駅名の由来となった湖は岸辺のチャペルが印象敵だが、湖まで降りてしまうとマッターホルンは見えない。再びゴンドラに乗ってツェルマットに戻る。行きのゴンドラは何度か止まったけど、帰りはスムーズだった。橋の上からマッターホルンを確認すると、雲を背景として全貌が姿を現していた。ツェルマットの中心部を通って宿に戻ったが、急峻な地形がすぐそばに迫っているので不思議な遠近感となっている。

昼は携行食だけだったので、ガイドブックに載っていた店で早めの夕食。仔牛のソーセージと、ジャガイモを使った郷土料理のレシュティ(rösti)。ワインは今朝列車で通過したニヨン(Nyon)のシャルドネ。夕暮れ時に通り雨となり、ベランダから見えていたマッターホルンも雲隠れしたが、夜中に目を覚ますと星空が出ていて、天の川まで確認出来た。


18/08/04(土)

いつものようにほぼ1時間おきに目を覚ましながらも、6時間以上の睡眠を確保してから起床。宿のコンセントが見慣れない形状で、沢山ある穴にどうやって接続したらいいか暫く悩んだが、いろいろ調べたらスイス独特のJ型が3つ、120度ずつずれて連なっているものだった。欧州大陸共通のC型とは互換性があるので、端子をそのうちの2つに挿せばいいだけのことだった。

週末は朝食の開始時間が7時半と遅めなので、その時間を利用して昨日の写真の取り込み。朝食後はなるべく早めに宿を出て、コルナヴァン駅で往復乗車券を購入してからローザンヌ(Lausanne)ゆきの列車に乗り込む。今回はスイス連邦鉄道(Chemins de Fer Fédéraux Suisses/CFFs/CFF)のスイス・ハフフェア・カード(Swiss Half Fare Card)を利用。連邦鉄道は勿論のこと、登山鉄道やロープウェイなど、スイス国内の交通機関の殆どが半額になるというもの。購入費用として120フランが必要になるが、有効期間は1月で回数に制限なし。フリーパスだと特定の日に相当集中して利用しなければ元が取れないけれど、こちらは毎日少しずつの利用でも十分得になる。券売機でも選択肢として「子供/ハーフフェアカード」があるので、乗車券を購入するのも簡単。勿論車内検札の際には、ハーフフェアカードの提示が必要。

レマン湖畔 レマン湖(Lac Léman)沿いに走ると、車窓にはブドウ畑が広がる。この辺りはワインの名産地らしい。約40分でローザンヌ駅(Gare de Lausanne)に到着。駅前からメトロに乗り換えたが、どうも前回(18年前)とは様子が異なる。後から調べたところ、2008年にリニューアルして、ラックレール式(歯型付きレールを列車の歯車と噛み合わせる)からゴムタイヤ式に変わって無人運転となり、路線も旧市街側を延長したらしい。まずは坂を下る方の列車に乗って、湖岸のウシー(Ouchy)に出る。空には雲が殆どないが、対岸のアルプスは逆光となっているため、少し霞んで見える。それにしても暑い。欧州でもずっと高温が続いていて、スイスでも連日30℃を超えているらしい。関西の猛暑に比べれば気温も湿度も低いとはいえ、普段は真夏日の昼間にずっと出歩くことはそうないので、結構こたえる。なるべく日陰を歩いて、波止場から湖岸沿いにオリンピック公園(Parc Olympique)に行って、丘の上のオリンピック博物館(Le Musée Olympique)の外観を見学。

ローザンヌ市街 メトロの駅に戻って、今度はローザンヌ駅を通り越して、旧市街の中心にあるリポンヌ(Riponne-Maurice Béjart)で下車。斜面にある迷路のような旧市街に地下駅から出て来ると、今どこにいてどちらを向いているのか分からなくなってしまう。駅を中心に少し歩き回って、ようやく現在地と方角を特定したところで、市庁舎前を経由してローザンヌ大聖堂(Cathédrale de Lausanne)に向かう。屋根の付いた階段を登り続けて高台に出ると、目の前に大きな建物が聳え立つ。場所の制約から、全貌を写真に収めることは出来ない。大聖堂の中に入り、内部の階段をさらに登り続けると、塔の上に出て湖に抱かれたローザンヌの街が見渡せる。相変わらずアルプス方面は逆光だけど、位置関係からすると晴れてる限りは昼間はずっとそうなるのかな。

フォンデュ 州庁舎になっているサンメール城(Château St. Maire)、改装中の州立美術館(Musée Catronal de Beaux-Arts)の前を通って、旧市街中心部にある店で早めの昼食。スイスのフランス語圏の名物といえば、やっぱりフォンデュ(fondue)。一人だとサラダ・デザート付きのコースは注文できなかったので、フォンデュとサラダを単品で。パンとチーズだけのシンプルなフォンデュだったけど、問題なく完食。ワインは地元ヴォー州のVinzel La Boiserieで、ブドウ品種はシャスラ(Chasselas)。帰りは下りなので、ローザンヌ駅まで歩いて戻ろうとして、途中のフロン駅(Lausanne-Flon)の谷間に降りたら、その先の道が見付からない。向かい側の斜面も越える必要があったので、高架橋をそのまま歩くのが正解だったんだね、ということで一度降りた階段を登り直してから先に進む。

ジュネーブ市街 ジュネーブに戻って、駅前から路面電車に乗って、ヌーヴ広場(Place de Neuve)で下車。公園内にある宗教改革記念碑(Mur des Ré:formateurs)を見てから、旧市街に直接上がろうとしたら通行止になっていたので、公園の外に出て迂回。ジュネーブの旧市街は小高い丘の上にあるので坂道が多いが、山の斜面にあるローザンヌほど勾配はきつくない。市庁舎前を経由してサンピエール大聖堂(Cathédrale de St. Pierre)を訪れ、ここでも塔に登って景色を眺める。午後になっても相変わらずの暑さだけど、空には雲が広がるようになっている。大聖堂の隣にある国際宗教改革博物館(Musée International de la Réforme)の前を通って、美術・歴史博物館(Musée d’Art et d’Histoire)に行ったら上階の美術館は閉鎖中だったので、歴史博物館の部分のみ見学。坂道を下って、観覧車や花時計のあるイギリス公園(Jardin Anglais)に出て、レマン湖越しに大噴水(Jet d’Eau)を眺める。高さ180メートルもあるので、旧市街のどこからでも一部が見える。前回(18年前)に間近まで行っているので、今回はパスしてローヌ川(Le Rhône)を渡って駅方面に戻る。モントルーの近くでレマン湖に流れ込んだローヌ川が、ジュネーブから再び流れ出しているので、細長いレマン湖全体がローヌ川の一部ということになるのかな。

湖岸から見えている山がモンブラン(Mont Blanc)であることに気付き、もうひと頑張りして大噴水と重なって見える場所まで行ってみる。ジュネーブ市街地からも見えるんだね〜って、「モンブラン橋(Pont du Mont-Blanc)」や「モンブラン岸壁(Quai du Mont-Blanc)」という名前があるくらいなので、関東でいうところの「富士見」地名に相当するのだろう。駅構内で買い物してから宿に戻る。昼にしっかり食べたので、夜は軽食で済ませる。当初はモンブランの展望台に行くつもりだったのだけど、さすがに初日から高地に行くのは無茶かなということで、おとなしくローザンヌとジュネーブの市内観光することにしたのである。といいつつどちらの旧市街も坂道で、どちらの大聖堂も塔に歩いて登ったので、結構歩き疲れていたりする。眠くても夕方から寝てしまったら変な時間に目覚めてしまいそうだけど、無理して起きていてもかえって寝付きが悪くなる可能性もあるので、適当なところで就寝。


18/08/03(金)

水の過剰供給も心配とはいえ、真夏に水無しで1週間以上というのは厳しすぎるので、調整がうまくいったことを願いつつ、出掛ける直前にタンクを満たしておく。予約していたタクシーに乗って家を出たが、暫く走ってからパスポートを持っていないことに気が付いたので、取りに帰って再出発。料金が千円以上高くなったけど、搭乗手続きの際に気付いてから戻っていたら、時間的にかなりキツくなるところだったので、途中で気が付けただけでも本当に良かった。国際線乗継カウンターでチェックインを済ませ、羽田ゆきに搭乗。ポイントを使ってプレミアムクラスにアップグレードしたので軽食が出たけど、国際線に乗る前なのでスパークリングワインは止めておく。

機内食1回目 羽田で乗継専用バスを使おうと思ったら、混雑しているからとターミナル外の連絡バスを利用するよう案内される。乗り場までの歩く距離が長くなるものの、連絡バスの方が所要時間が短いようだし、保安検査を受け直すのは同じなので、どちらでも大差ないようである。国際線ターミナルに到着し、両替と買物を済ませてから、保安検査&出国。ラウンジで休憩してから搭乗口に向かう。あまり飲みすぎないように、1回目の機内食ではシャンパーニュ、ブルゴーニュ(白)とボルドー(赤)を1杯ずつにしておく。

ロンドン市街地 仮眠から目を覚ました後は、特に見たい映画もなかったので、2回目の機内食を挟んで、アルバム「相聞」を聞いたり文庫本を読んだりして過ごす。北海を越えてブリテン島上空に入り、ロンドン市街地を眺めながら4ヶ月ぶりとなるヒースロー空港(London Heathrow Airport)に着陸。今回も入国なしの乗り継ぎとなるが、搭乗手続済で同じターミナル2なので、徒歩で移動して保安検査を受けるだけ。搭乗ゲートは直前まで分からなかったため、2A側にあるラウンジを利用したけど、2Bのゲート が表示されたので、再び地下連絡通路を通ってサテライトに戻る。

セブンシスターズ スイス国際航空のボンバルディアCS300に乗り込んだ後は、早めにドアが閉まったのだけど、空港混雑のため滑走路手前で、離陸まで暫く待たされることになる。離陸後は南東に向かい、海峡手前で白亜の崖が確認出来たが、「ドーバーの白い崖(White Cliffs of Dover)」ではなく、少し離れた場所にある「セブンシスターズ(Sevn Sisters)」であることを後から確認。フランス上空に入り暫くしてからふと窓の外を見ると、ちょうどパリ市街地の真上だったので慌てて撮影。凱旋門から放射状に伸びる道路と、セーヌ川の流れからすると間違いない。機内食にはサンドイッチとスイスの白ワインを注文。スイス領内に入る頃にはすっかり暗くなっていて、夜景を見ながらジュネーブ空港(Genève Aéroport)に着陸。

出発が遅れても到着はほぼ定刻通りで、入国や手荷物受取もスムーズだったので、思ったよりも早くターミナルを出ることが出来た。さすがに夜遅くなると列車の本数は少なくなっているが、中央駅に相当するコルナヴァン駅(Gare de Genève-Cornavin)までの所要時間はわずか7分。駅前の宿にチェックインして、ネットだけ繋いだら早めに就寝。


18/08/02(木)

やっぱり今週になっても、猛暑日が続いている。予想最高気温も、まだ暫くは35℃越えの連続。結局、台風で一時的に少し気温が下がっただけに過ぎないのかな。

水の勢いは多少弱まったみたいだけど、低いところにある鉢ほど供給量が多いようなので、タンクとの位置関係も調整してみる。


18/08/01(水)

朝ベランダに出たら、鉢受皿から水が溢れていて驚く。水タンクを確認したら、一晩で3分の1以上が吸い出されてしまった。慌てて調べたところ、鉢土に挿すのを浅くすれば流量を抑えられるとのことだったので、調整してみる。

夜は駅前で暑気払い。基本イタリアンの店なのだけど、カルビ・ピッツァやスンドゥブ・チゲなど、何故か韓国テイストを多用。サングリアは、「赤/白」「発泡/無発泡」が選べるようになっていた。“白いサングリア”というのはいまだに抵抗があるんだよね〜というのはおいといて、サングリアってもともと発泡じゃなかったっけと調べてみたら、「炭酸水で割る場合もある」ということのようである。そういえばスペインで飲んだ時はどうだったかなと写真を確認してみたら、泡が写っている時と写っていない時があった。


«前の7日分 最新 次の7日分»