MD Diary

  Home Railway Miyuki Board Gallery Diary Blog
«前の7日分 最新 次の7日分»

18/09/21(金)

駅前でいろいろ用事があったので、昼休みと夕方に分けて済ませる。夕食に入った店の季節限定メニューが、とり天とだご汁という大分バージョンだった。そういてば夏は、チキン南蛮と冷汁の宮崎バージョンだったっけ。


18/09/20(木)

寝る前に放置していたiPod touchは、無事にiOSのアップデートが完了していた。iTunes経由にせず最初から、直接アップデートしておけば良かったのかな。もしかしたら家の中で、デスクトップPCがAirMac Extremeから遠いのが影響してるのかもしれないけど。

今夜のワインは熊本ワインの「菊鹿カベルネ樽熟成」の2015年。買ってから一年でも、結構熟睡が進んでいたみたい。


18/09/19(水)

今日になってiTunesでiOSのアップデートが始まる。昨日のは一体何だったのだろうか。そしていつもの通り、iTunesでアップデートしようとすると、ダウンロード中に30分くらい経ってからエラーメッセージ、というのを繰り返すこと8回。このままでは埒が開きそうにないので、iPod touchで直接アップデートを試したところ、とりあえず一発でダウンロードが完了して準備中表示。このままうまくいけばいいのだけど。


18/09/18(火)

最近のiOSのアップデートは、長々とダウンロードする途中のどこかでエラーが起きて、何度もリトライしているうちに、一晩で終わらないことが多かった。今回もてっきりそうなるのかと思っていたら、いつもと違うダイアログが出て、アップデートも1回で終わったみたいだけど…!?


18/09/17(月)

朝もいつも通り6時ごろ起床。今朝は「オールナイトニッポン月イチ」の最終回だったので、有楽町で出待ちすることを考えなくもなかったけど、やっぱり徹夜とか無理なので、大阪に帰ってから録音を聞くことにしたのである。昨日、有楽町界隈を彷徨っている時に、偶然放送局の前に出たので、今から半日後、ここに中島さんが、、、と思ったけど、出入りする方ではない建物の表側だったことに後から気付く。

国立西洋美術館 今日も天気があまり良くない予報だったはずなのに、チェックアウトして外に出ると思いっきり晴れている。こんなことなら早めに出て遠出すべきだったかと思っても、時すでに遅し。そのまま予定通り上野に出て、国立西洋美術館の前に並んで開館時間を待つ。目的は特別展「ミケランジェロと理想の身体」だったけど、現存作品の少ないミケランジェロなので、来日展示は特別展のうち2点のみ。「身体」で「からだ」と読ませるのかなと思っていたら、係員は「しんたい」と発音していた。続いて常設展をざっと見てから、館内のレストランで早めの昼食。

午後は日本橋の百貨店と銀座熊本館に立ち寄って買い物を済ませてから、一年半ぶりとなる「猫廼舎」へ。一昨日、会場で逢った店主と「猫森集会」の話をしながら、カフェオレ&パウンドケーキ。続いて今回は、フルーティーな香りが特徴というエチオピアコーヒーのイルガチェフェに挑戦。帰りは2回乗り継ぐ必要があったので、赤坂見附・新橋経由で羽田入り。

今回はアップグレード出来なかったので、普通席で伊丹に戻る。北海道の停電が影響しているのか、最初に立ち寄ったコンビニでは牛乳は200ml入りしかなくて、2軒目で500ml入りが少しだけ残っていたので購入。


18/09/16(日)

御岳山鉄道 宿を早めに出て、地下鉄東西線からJR中央特快に乗り継ぐ。今日もずっと雨が降りそうな予報だったはずが、窓の外を見ると青空が覗くくらいの曇り。これなら屋外でも大丈夫かな、ということで予定を変更して立川で青梅線に乗り換える。ちょうど始発の臨時快速が接続していて、途中の停車駅は拝島、青梅、御嶽のみ。といっても途中で行き違い停車もあるし、あまりスピードは出さないようである。立川から約一時間で御嶽に到着。とりあえず駅前のバス停に行ってみたら、臨時列車に合わせてバスも増発していた。終点のケーブル下(滝本駅)で降りたら、御岳山鉄道(ケーブルカー)の滝本駅までさらに急坂を歩くことになる。

武蔵御嶽神社 Suicaで往復乗車券を購入して、ケーブルカーに乗車。最大勾配25度というのは、先日乗ったピラトゥス鉄道と同じくらい。滝本駅から約6分で御岳山駅に到着。とりあえず、すぐ近くの御岳平からリフトに乗り継いで、「大展望台」に行ってみたけれど、奥に広がっているはずの関東平野は雲に覆われていた。御岳平に降りなくても、直接神社に行くルートがあったので、そのまま下り坂を降りる。御岳山駅からの道と合流すると上りになり、途中かなり急な勾配もある。鳥居を潜ってさらに石段を登り続け、ようやく武蔵御嶽神社に到着。ケーブルカーの駅からは大体30分くらい。なお、山の名前やケーブルカーは「御岳」表記だけど、神社の名前とJRの駅名は「御嶽」表記になっている。

御岳山駅まで戻ると、少し遠くまで見えるようになっていた。ケーブルカーは15分おきの増発運転をしていたけど、帰りの滝本からのバスは臨時便がなかったのでバス停で20分待ち。JRが30分おきなので、ケーブルカーの増発は、滝元まで車で来る人向けということなのかな。御嶽駅から青梅ゆき普通に乗車。隣のホームですぐに接続する立川ゆき普通を見送って、次の青梅特快で東京まで直通。山手線で有楽町に出て遅めの昼食を取ろうと思ったら、午後3時でも混んでいる店が多くて、いろいろ彷徨ううちに見付けたミートボール専門店で、ランチボックスを買って食べる。

地下鉄で宿に戻って、ツイッターのタイムラインを確認していたら、強烈な眠気に襲われたのでそのまま2時間仮眠。さすがに歩き疲れたのだろうか。夜の寝つきが悪くなるかと思いきや、いつも通りの時間に普通に眠りに落ちる。


18/09/15(土)

東京国立近代美術館 8時発の飛行機で羽田に移動。今回もプレミアムクラスにアップグレードしたので、朝からスパークリングワイン。到着ロビーで地下鉄のフリー乗車券を購入してから、京急に乗って都心に向かう。日本橋で東西線に乗り換えて、竹橋で下車して外に出ると、雨が結構降っていた。先週の東山魁夷展の作品の多くを所蔵するということを知って、東京国立近代美術館に来てみたのであるが、3フロアにわたる常設展だけでも結構見応えがある。館内で食事しようと思っていたのだけど、高級フレンチ店だったのでパスして、地下鉄を乗り継いで駒込に移動。飯田橋駅の乗り換えは結構歩くんだね。

東洋文庫 まだ雨の降る中、六義園の横を通過して、3年ぶり2回目となる東洋文庫へ。とりあえず併設のカフェで昼食を取ってから、ミュージアムで開催中の「大地図展―古地図と浮世絵」を見学。そういえば前回も「大地図展―フェルメールも描いたブラウの世界地図」と題した地図の特別展だったっけ。外に出る頃には雨が止んでいたので助かる。今度は永田町で乗り換えて、水天宮前の宿にチェックイン。以前も泊まったことがあるようだけど、「夜会」の時だったのかな。部屋で休憩してから、夕方になって再び出掛ける。九段下で地下鉄を乗り継いだら、半蔵門線と都営新宿線のホームに仕切りがなくて驚く。そういえば壁を撤去したのだったっけ。

スペース・ゼロ 新宿で下車して、センタービルの「あるでん亭」で早めの夕食。久しぶりにエルビベンドーラ(八百屋風)とグラスワインの赤を注文。夜は全労済ホール「スペースゼロ」で、当日券を購入して「谷山浩子・猫森集会2018」の初日Aプログラム。出発の数日前に来たメルマガで当日券情報を知ったので、これも何かの縁ということで来たのである。円形劇場の流れを組み、ステージを囲んで客席が設けられているため、出演者の挨拶も4方向。最初は谷山さんが歌っている後ろ姿を見ることになったので、座席の選択を間違えたかと思ったが(当日券は座席候補から選べる)、途中で移動して逆向きに座ったのでほぼ正面から見えるようになった。ジャズピアニストがゲストなので、谷山さんの世界がさらに不思議な感じになる。音楽関連の曲間トークも面白かった。終演後は宿に直帰。


«前の7日分 最新 次の7日分»