MD Diary

  Home Railway Miyuki Board Gallery Diary Blog
«前月 最新 翌月»

18/10/01(月)

台風一過の静かな朝。今回はベランダで積み重ねていた空のプランターが倒れていたくらい。今日の予想最高気温は25℃だけど、東京では34℃になるらしい(驚)

「夜会」の抽選結果は、なみふくが全落選で、でじなみでビミョーな日程のド平日が第2希望で辛うじて当選。それでも当たっただけでも良かったのだろう。


18/10/02(火)

次の台風の予想進路が、かなり微妙。旅行を中止する程じゃなさそうだけど、確実に影響は受けそうなので、もう少し様子見が必要。

今夜のワインは、Château St. Pierre(ACサンジュリアン)の2008年。セラーに入りきらないボトルが多くなったので、着実に消費していかないと。


18/10/03(水)

成田空港の出国審査に顔認証を導入すると聞いて調べてみたら、主な国際空港で入稿だけでなく出国でも順次導入中だった。これで手続きがスムーズになるだけでなく、パスポートのスタンプの数も減るのかな。


18/10/04(木)

土曜日は飛行機が飛んだとしても、現地では風雨が強く、宿までの移動も困難になりそうだったので。土曜の飛行機を日曜に変更して、土曜の宿をキャンセル。台風のスピード次第では、日曜の朝の出発に影響が出る可能性があるかもしれないので、引き続き様子見。


18/10/05(金)

台風のスピードが速くなったので、天気予報を見る限り明後日の搭乗便には影響がなさそう。当初乗る予定にしていた明日の便は、既に「天候調査」になっている。


18/10/06(土)

この台風で気温が上がるとは聞いていたけど、通過後の話かと思っていたら、昼過ぎに外に出て急な暑さに驚く。最高気温は30℃近くあったらしい。

結局、今朝乗る予定にしていた便は、条件付きながら目的地に到着したみたいだけど、現地の地上交通機関の方はさすがに台風の影響を受けていた模様。


18/10/07(日)

ホットサンド 当初の予定より1日遅れで福岡に移動。ターミナルの一番南側に到着したけど、高速バス乗り場は一番北側だったので、旧第1〜3ターミナルを端から端まで歩くことになる。コンビニで軽食を調達してから熊本ゆきのバス「高速ひのくに号」に乗車。高速道路経由でも途中のバス停で乗降がある上、高速を降りた先でも一般道が混雑していたので、所定の2時間より少し遅れて熊本市街地に到着。ロッカーに荷物を預けてから、いつもの「コッツウォルズ・ティールーム」で昼食。季節のワッフルメニューがなかったので、日替わりランチのホットサンドを注文。

熊本城天守閣 少し暑かったけど天気が良かったので、熊本城を訪れる。かなり気温が上がっていて、木立の近くを歩いていると、ツクツクボウシの鳴く声まで聞こえてくる。周囲の城門や櫓の状況は、昨年末とあまり変わっていない模様。修復の進む大天守は真新しい屋根瓦を見せているものの、小天守を中心とした鉄骨の覆いはまだ残っている。監物台樹木園の前を通ったが、立ち寄っている時間がなかったので、そのまま街中に戻る。

ハロウィン衣装 熊本に来たからには勿論、営業部長を表敬訪モンしなくては、ということで「くまモンスクエア」へ。先日リニューアルしたとのことだけど、パッと見た限りではどこが変わったか分からなかったりする。今回はハロウィーン前なので、ジャコランタンの衣装で登場。今月後半は魔法使いの衣装になるらしい。「ハッピーくまモン」を踊った後、部長室のサイン帳を更新して107冊目に突入。そして「くまモン体操」を踊ってから退場。

「くまモンスクエア」を後にして、宿にチェックイン。そして夜はいつものワインバーで、熊本ワインのデラウェア、菊鹿シャルドネに続いて、オーストラリアのシラーズ。日本ソムリエ協会の西日本復興支援くまモンピンバッジを販売していたので、迷わず購入。


18/10/08(月)

三池炭鉱万田坑跡 早めに宿を出て、路面電車で熊本駅へ。ホームの高架化が完了して、取り壊す予定の旧駅舎は閉鎖されていたが、まだ「くまモン駅」の掲示が残っていた。県民百貨店の前にあった「おてもやん像」は、新幹線口の近くに移転していたんだね。鹿児島線の普通列車に乗って、熊本県最北端の荒尾に移動。駅前からバスに乗って万田坑前で下車。開館時間直後の「万田坑ステーション」の展示を見てから、三池炭鉱万田坑跡へ。ちょうどガイドツアーの時間だったので、解説を聞きながら坑道入口や昇降機などを見学。バスの時間が近付いていたので、ツアー終了後は駆け足で写真を撮ってからバス停に戻ったけれど、駅での接続が良くなくて次の列車まで45分待ち。

キリン花園 快速鳥栖ゆきに乗って県境を越え、終着の手前の久留米で始発の快速小倉ゆきに乗り換える。2つ目の基山で下車して、一旦改札の外に出てから甘木鉄道乗り場に回る。20分程の乗車でようやく目的の太刀洗に到着。駅前から送迎バスに乗り、ビール工場向かい側にあるキリン花園に行ってみたが、コスモスフェスタ開催中でもまだ疎らにしか咲いていなかった。時間がないのでそのまま駅に向かって歩き、途中のコンビニで軽食を調達。

菱野の三連水車 甘木鉄道で終点の甘木まで出たけど、次に乗るべき西鉄バスの停留所は、甘木鉄道だけでなく西鉄の甘木駅からも離れている。駅前の地図で場所を確認しようとしたら、広域地図しか出ていなかったりする。仕方がないので大体の方角と町の雰囲気から、停留所を見付け出す。確か次のバスはそろそろ来るはずだけど〜と思って時刻を確認したらまだだいぶ先。休日ダイヤは、事前に調べておいた土曜ダイヤと全然違っていたとは。帰りの飛行機が遅いので、まだここで断念しなくても大丈夫だったので、そのままバスを待つ。やっと来たと思ったら途中の営業所止まり。10分以上遅れてやって来た杷木ゆきに乗って、三連水車の里で下車。目の前にある物産館の近くに水車があるのかと思ったら、400メートル先とのこと。幸い帰りのバスまで1時間近くあったので、菱野の三連水車だけでなく、その先にある三島の二連水車と久重の二連水車まで見に行く。

帰りのバスも遅れて運行していたけど、甘木での乗り換えが面倒だったので、そのまま終点のJR二日市まで乗り通す。駅に到着したらすぐに快速に乗り継げたので、予想よりも早く博多に到着し、そのまま地下鉄で空港入り。ターミナル内でラーメンを食べようかなと思っていたのだけど、チェックイン機で確認したらプレミアムクラスに空席があったので、勢いでアップグレード。という訳で買い物だけしてから、ラウンジで休憩。伊丹混雑のため関空付近で3周旋回することになったけど、門限20分前伊丹に着陸。


18/10/09(火)

連休の間は関西も暑かったようで、建物の中に熱気が溜まっている。夜帰宅して窓開け放ても殆ど風が通らないので、台所と風呂の換気扇を回す。


18/10/10(水)

「夜会」のキャストが発表され、出演「渡辺真知子」に驚く。他の出演者として、ヅカ2人組と文さん匠さん、って和ちゃんは出ないの!?と驚いたら、ミュージシャンの方に名前があった。ということは文さんが「夜会」本編に役者として初出演になるのかな。


18/10/11(木)

ビザなしで訪問できる国の数としては、日本のパスポートが最多〜という記事に掲載された地図を見ると、オーストラリアやカンボジアが「ビザ不要」に分類されている。ということは、電子ビザ等の取得で済む場合も「ビザ不要」としてカウントしているということなのだろうか。実際問題として、「ビザ不要」でもESTA・eTAの事前取得が必要な米国・カナダと、「ビザ必要」だけど電子ビザETASが取得可能なオーストラリアでは、渡航手続きがほぼ同じと言えなくもない。


18/10/12(金)

来月の国内線特典航空券をこまめにチェックし続けて、ようやく往路を早い便に変更出来た。なんとか復路も遅い便に変更したいところだけど、果たして期限(搭乗前日)までに空席は出るかな。宿の方もこまめにチェックし続けているけど、今より良い条件は全く出て来ない。旅行の2ヶ月前の手配でこんなに予約が難しいなんて。

熊本日日新聞のサイトに「くまコレ」というリンクがあったので一瞬、くまモンの衣装コレクションが見られるのかと思ってしまった(^^; そういえば現在の公式名称は「くまモンコレクション、略してくまコレ」から「モン・コレ」に変わっていたのだっけ。


18/10/13(土)

来月の国内線特典航空券は、帰りも遅い便に空席が出たので予約変更。これで往復とも昼前発の便だったのが、行きは朝発、帰りは夕方発にすることが出来た。ただし帰りの座席が前方は通路側さえ指定出来なかったので、今後は座席チェックをこまめにすることになる。

午前中の用事が終わったところで梅田に出て、117回目の献血。終了後は書店で買い物を済ませてから、ロンティーで休憩。帰りに電気店に寄って、今度買おうと思っている機器の各社ラインアップの調査。


18/10/14(日)

午前中はだらけてしまったけど、午後から予定していたベランダ用のテーブルと椅子1脚を塗り直し。色は「マホガニー」なのに、溶液の色や塗った直後はピンクっぽかったので驚いたけど、乾いたらちゃんとマホガニー色になった。裏表2度ずつ計4回塗るつもりだったけど、途中で時間切れになったので、あと1回は明日に回す。それにしても低い位置でいろんな姿勢を取ったため、思ったよりもだいぶ疲れる。

夜はチューリヒ空港で購入したDézaley Marsens Grand Cru De la Tourの2016年を開ける。品種はシャスラ。スイスのワインだから、やっぱりスイス料理?ということで、レシュティを作ってみたけど、形が纏まらないままだった。時間不足だったのか火力不足だったのか、はたまた男爵いもは適していなかったのか。どのみちワインはフランス語圏(ヴォー州)で、レシュティはドイツ語圏の郷土料理なのだけどね。


18/10/15(月)

レシュティのことをさらに調べたところ、やっぱりメークインが適している模様。また、最初に調べたサイトでは「弱火」となっていたけど、中火の方が良いようである。こんがり焼くならそうなって当然というべきか。それとジャガイモは、前の日に茹でておいた方がいいらしい。元々、余ったジャガイモで作る料理だったのだとか。


18/10/16(火)

郵便が転送されて来たので、3つ目の保険会社に住所変更をWeb申請。これで転居に伴う手続きは、ようやく一通り済んだことになるのかな(1年以上取引のない業者を除く)。


18/10/17(水)

「黒部ルート」が2024年から一般開放されるとの報道。人数制限はあるようだけど、現在より定員が5倍になって、休日も可能になるらしい。


18/10/18(木)

今日は臨時休業〜ということで休みを取って、自宅リフォーム(フローリングの一部補修)。それだけなら半休でもよかったのだけど、他にも平日に済ませたい用事があったので。補修したのは破損2箇所と変色1箇所。他にも細かい傷はあるけど、とにかく傷みが酷いところを直したかったので。補修箇所は思った程目立たないというか、目を凝らして周囲と比べないと分からないくらい。7月の洗面台交換に続いて、入居後にずっと気になっていた場所のリフォームは、これでひと段落したことになる。

夜は岩の原ワインの「ヘリテージ」2015年を開ける。分類はフルボディーになっていたけど、力強さより果実味の方が目立つ感じ。


18/10/19(金)

明日の行き先が当初の降らない予報から「昼過ぎまで雨」に変わったので、宿を郊外から街の中心に変えたところ、予報が「一日中曇」に変わる。それなら変える必要はなかったかなと思っていたら、再び「午後に雨」に変わる。どのみち不安定な天気ということなのかな。

パトリック・ロファス「賢者の怖れ4」読了

18/10/20(土)

早めに家を出て空港入り。ラウンジに少しだけ滞在してから、一番遠いゲートから搭乗。プレミアムクラスでサンドイッチ主体の朝食付きだったので、いつものようにスパークリングワインを注文。窓の外は雲が多かったけれど、途中で諏訪湖を確認。定刻よりも少し早く仙台空港に到着したら、予報では曇りのち雨だったのに、晴れ間が出ていて驚く。バスの時間まで少しあったので、屋上デッキに出てからカード会社ラウンジで休憩。

瑞巌寺 思ったよりも天気が良かったので、平泉方面のバスに乗って、仙台港で降りずに行き先を松島に変更。目的地に少しでも近い観光物産館で下車したけど、駅で降りてロッカー(空いていれば)を利用した方が良かったかな。雨が降った形跡があったものの、空を見ると西側から晴れてきているみたいだったので、まずは4年ぶり3回目となる瑞巌寺を訪れる。前回は改修工事中だった本堂は、煌びやかになった襖絵と共に再公開。さすがにここまで色鮮やかなのは複製で、オリジナルの一部が宝物殿で公開されている。参道脇の洞窟遺跡群は、以前の通路が立入禁止になっていて、少し手前から見学するようになっていた。

松島湾 続いて庭園で名高い円通院を訪れると、一部の木では紅葉が始まっていた。バラの寺としても知られているが、ホトトギスやシュウメイギクも見頃だった。海岸に出て五大堂も再訪してから、「日本三景展望台」の急な階段を登る。東の方はまだ雲が残っていたけど、松島到着時よりは晴れ間が広がっている。展望台から降りたところで時刻を調べたら、ちょうど1時間に1本の列車に間に合うタイミングだったので、そのまま仙石線の松島海岸駅に向かう。

旧野蒜駅 石巻ゆきに乗って、野蒜で下車。この辺りは震災後の復旧時に線路を付け替えていて、現在の駅は高台に位置する。ここから駅の下のトンネル(復旧工事のベルトコンベア跡)を潜り、広場を横切り階段を降りて、海岸近くの旧野蒜駅まで歩く。旧駅舎は震災復興伝承館となっているが、2階の展示室は団体で混雑していたのでパス。旧ホームと同じ長さの線路が残されているが、一部には津波による被害が残されている。旧駅舎の記録によると、当地での高さは3.7メートル。

うみの杜水族館 高台に戻り、あおば通ゆきの列車で折り返す。仙台市内の中野栄で下車し、駅前のコンビニで軽食を調達してから、「仙台うみの杜水族館」の送迎バスに乗車。2015年に開業したばかりの新しい施設で、国内外の海を再現した水槽を順に見て回る。展示を一通り見たところで、ちょうど最終の送迎バスの時間となったので、中野栄の駅に戻る。仙台方面の接続が悪くて、ホームで20分以上待つことになったが、日没はまだ先なのに辺りは暗くなっていて、どんよりとした空から本格的な雨が降り始める。松島の状況を見て、雨が降る時間が早まっただけかと思っていたら、結局は大体予報通りだったようである。

終点の一つ手前の仙台で降りると、出口に向かうエスカレーターや通路がかなり混雑していた。後で外を出歩かなくて済むよう、駅ビルの地下の食堂街で早めの夕食を済ませる。仙台に来たのだからと、牛タンの入ったメニューを選択。駅前に出るとまだ雨が僅かに降っていたが、傘を差す程でもなかった。途中のコンビニに立ち寄ってから宿にチェックイン。


18/10/21(日)

仙台市野草園 今日はずっと晴れる予報で、朝から雲ひとつない青空が広がる。宿を出て駅のロッカーに荷物を預けてから、市バスに乗って仙台市野草園を訪れる。二十数年ぶりとなるが、さすがに前回の記憶はないに等しい。高台の縁にある建屋から入園し、高山植物区で咲いているチシマリンドウやマツムシソウ、センウズモドキを探す。その後は園内を大体一周して、各所に咲いている花や色付いた実を追ってゆく。「萩のトンネル」が2箇所にあったけど、さすがに既に花は終わっている。そして水琴窟があると聞けば、やっぱり行って試しておかないと。

伊達政宗像 バスで仙台駅に戻り、地下鉄東西線で国際センターに移動。同センターの建物を回り込んで五色沼にある「フィギアスケート発祥の地」の記念碑を確認してから、仙台市博物館へ。館内のレストランで早めの昼食を取ってから、常設展を見学。博物館の裏手から青葉山公園に入り、急な坂道を登って仙台城址を目指す。本丸の大広間跡を横切り、伊達政宗像に対面してから、仙台平野を眺める。とても天気が良いので遠くまで見渡せる。「仙台城見聞館」を見学してから、大手門経由で麓に降りる。途中、東北大学植物園の標識もあったけど、既に歩き疲れていたので、大人しく地下鉄の駅に戻る。

ずんだ餅 仙台駅に戻って、駅前のAER展望テラス(31階)に登る。入場無料だけどテラスは東側と西側のみで、あとはエレベーター乗り場から北側の景色が一部見えるだけ。西側は逆光だったものの、仙台城跡はなんとか確認出来た。やっぱり仙台と言えばずんだ餅〜ということで、いつものように「ずんだ茶寮」に行こうとしたら、1階の店舗は別の店に変わっている。あれっ、と思って慌てて確認したら、3階の「ずんだ小路」にある店舗にイートインは移っていた。少し順番待ちをすることになったけど、やっぱりずんだ餅は外せない。

ロッカーから荷物を取り出し、仙台空港アクセス鉄道に乗って早めに空港入り。売店で買い物を済ませてから、航空会社ラウンジで搭乗時間待ち。帰りもB737-800で、プレミアムクラスにアップグレード。メニューは和食だったけど、白ワインに続いて赤も注文。伊丹に早着して、その後の接続も良かったので、予定よりも早く帰宅。旅先に持っていったICレコーダの録音がノイズだらけだったので、寝る前に番組公式サイトのストリーミングを聴いておく。


18/10/22(月)

先日郵送で写真更新を申請した「危険物取扱者免状(甲種)」が返送される。10年に一度なので、忘れないようにするのがなかなか難しい。パスポート以外では唯一所持している、写真付きの公的証書なのだけど、改めて調べたところ、身分証としての通用度はあまり高くないようである。


18/10/23(火)

香港とマカオを長大な海上橋で結ぶ計画があるということは知っていたけど、それがもう開通したと聞いて驚く。マカオは現地発ツアーに参加したため、あまりゆっくり観光出来なかったので、そのうち再訪したいとは思っているのだけどね。「シャングリラ」のロケ地も気が付かず、偶然タワーからの写真に写っていただけだし。


18/10/24(水)

台風26号は今のところ真西に向かって進んでいる模様。10月に入って急に発生数が減っていたが、「猛烈な台風」の発生数としては過去最高になったとのこと。


18/10/25(木)

エアコン購入特典のギフトカタログで注文した焼き菓子が届く。何にしようかいろいろ迷ったけど、日用品だとカタログだけで注文するのは不安だし、食品だと賞味期限が気になるところだけど、焼き菓子ならハズレもないし賞味期限も長いので。エアコンを2台同時購入したため、カタログはもう1回注文出来るのだけど、そちらは追い追いということで。


18/10/26(金)

MacOSをMojaveにアップグレード。とりあえずデスクトップを新しいテーマの「ダーク」にしてみたけど、慣れないせいか変な感じがする。そしてアップデート後に"iBooks.app"が見当たらないなと思っていたら、"ブック.app"という名前に変更されていた...


18/10/27(土)

久しぶりに朝一番で118回目の献血。混雑具合はどちらも変わらなそうということで、降りた駅から近い阪急グランドビルの方で。大阪に移ってから献血は午後からばかりだったけど、やっぱり朝から行くとその後の行程もスムーズになる。ということで、ロンティーで昼食を取って、散髪をすませてから、ハンズとヨドバシで買い物。


18/10/28(日)

朝から通販で届いたグラスハンガーを、流しの上の棚の底に取り付け。意外と硬い場所もあって、小さなネジを回し込むのは結構大変だったけど、これで場所を取らずに、洗った後のグラスを効率よく乾かせるようになったはず。

京都府立植物園 昼から京都に出て、久しぶりに府立植物園を訪れ、秋の花を愛でる。去年の台風で大木がかなり倒れていたけど、今年の台風でも何本か倒れてしまったようで、一部立ち入り禁止区画があった。いつものように正門から北山門に抜けて、近くの店で休憩してから、京都国立近代美術館の藤田嗣治展へ。閉館時間が近かったので、常設展はほぼ通過するのみ。夜はいつもの店で夕食を取ってから帰宅。


18/10/29(月)

夜は先日岩の原葡萄園で購入した「レッド・ミルレンニューム」を開ける。“レッド”という品種名でもワインとしては白。糖度を高めてから作っているので、仕上がりは甘口。

パトリック・ロスファス「賢者の怖れ5(キングキラー・クロニクル2)」読了

18/10/30(火)

週末に注文したテレビの配達&取り付け。当初は32インチでいいかなと思っていたのだけど、値段の差が1万円しかなかったので40インチを選択したら、やっぱり家の中では売り場で見たよりも大きく感じる。“4K対応”とかいう新製品もあったけど、そちらはプラス10万円だったのでパス。衛星放送は端子に接続しただけで受信出来たので、分波器も設置。これでデジアナ変換停止以来3年半ぶりに、自宅でテレビが映るようになった(ガラケーのワンセグ機能は使ったことがない)。

今の家に最初に入居した後、応接セットとしてソファーとテーブル、そしてテレビ台までは買ったのだけど、テレビ本体は買いそびれていたままになっていた。当時は14インチのアナログテレビがあったので買い急ぐ必要もなかったし、その後転勤で引越した先はリビングが狭かったので、デジアナ変換が終了しても積極的に買おうという気が起きなかったのである。元の家に戻って落ち着いたところで、18年越しの計画(?)をようやく果たしたことになる。とりあえずちょうど放送していた旅番組を見てから、内蔵光学ディスクプレーヤーの動作確認だけしておく。


18/10/31(水)

今夜は駅前の店で歓送迎会。1次会で満腹になったので、2次会のラーメンはパス。別腹系だったら行っていたかもしれないけれど(^^;

ようやく取り辛かった今週末の宿の変更に成功。値段はほぼ変わらず、駅から少し離れているけれど、同じ宿に連泊になって朝食込みになった。忘れないうちに元の予約2件をキャンセル。

結局iMacの新機種は発表されなかったのか。テレビを買ったばかりだから、時期はずれていた方が有難いといえば有難いのだけどね。


«前月 最新 翌月»