MD Diary

  Home Railway Miyuki Board Gallery Diary Blog
«前の7日分 最新 次の7日分»

19/03/23(土)

バトゥー洞窟 今日も半日ツアーに参加ということで、迎えの車に乗ったのだけど、次のピックアップ場所が見付からないらしく、車はあちこち行ったり来たり。どうやらホテルの名前が変わっているのに、古い名称の方で予約が入っていたらしい。ようやく目的のホテルに到着したけど、添乗員はなかなか戻って来ない。遅くなったので集合場所から離れてしまったのだろかと思っていたら、なんとそもそもチェックインしていないとのこと。早朝便の到着が遅れて間に合わないケースは、時々あるらしい。ということで参加者1名のままで出発。市内中心部から30分くらい走って、バトゥー洞窟に到着。

ピューター工場 ここはヒンズー教の聖地となっていて、黄金色の巨大なスカンダ神像の足元に、極彩色の神殿があって、その間から洞窟に向かう272段の階段が始まっている。この階段も昨年から、カラフルに塗り分けられている。一気に階段を登って洞窟の中に入ると、巨大な空間が広がっている。各所に神像や拝殿などが配されていて、洞窟内の階段をさらに登って一番奥まで行ってから引き返す。午前中は第階段が丸ごと日陰になっているけど、午後は日向になるためさらに暑くなるらしい。続いてピューター(スズ製品)とバティック(臈纈染)を見学してから、インド料理の店で昼食。思ったよりも辛くはなかったけど、どんなに頑張っても食べきれない程の量だった。

リトルインディア ツアー終了後はホテルの部屋で一旦休憩してから、モノレールに乗ってKCセントラル駅に出る。すぐ近くのリトルインディアを訪れると、極彩色の装飾や屋台が並ぶ路地が如何にもといった風情を出しているが、振り返ると高層ビル群が聳えていたりする。モノレールの駅に戻って隣接のショッピングモールに入ったが、マレー鉄道の中央駅に行こうとして少し迷ってしまう。両駅への連絡階が異なっていたからなのだけど、館内には案内表示が殆ど見当たらないのである。ようやく見つけた連絡通路から中央駅の構内に出て、黒川紀章デザインの駅舎を中から外から見学。構内の案内表示には一部日本語も使われている。

ツインタワー LRTで新都心KLCC(クアラルンプールシティーセンター)に移動して、駅直結のショッピングモールを経由して次の目的地に行こうとしたら、ここでも迷ってしまう。訪れた3箇所のショッピングモールでは、いずれもフロアマップや案内表示が殆ど見当たらなくて、大体の勘で歩き回ることになってしまう。各所にタッチパネル式の案内が一応あったけど、数が少なくて常に誰かが使っている状態だった。隣の国際会議場に行くために一旦外に出たら、スコールが始まっていたけど、すぐに建物に入ったから問題ない。地下の水族館は週末の家族連れで混雑していて、館内は一部渋滞が発生していたけど、こんな雨が降る中の時間調整にはちょうどいい。順路に沿って少し離れた場所から各水槽を眺めてから建物の外に出ると、都合よく雨も上がっていたのでKLCC公園を散策。巨大ガジュマルやプルメリアなど熱帯植物を見ながら内周通路を回って、ペトロナス・ツインタワーを見上げた後、タワーの中を通って反対側の広場に出て全体写真を撮影。完成してから数年間は高さ世界一だったらしい。

指定時間が近付いたところで、タワー地下のカウンターで事前予約したチケットを受け取ってから、保安検査場を通って集合場所へ。カメラ以外の手荷物を預けた後、係員の案内で専用エレベーターに乗り込む。まずは2つのタワーを繋ぐ「スカイブリッジ」で10分間の見学。先ほど散策した公園や、周囲の市街地が見下ろせるが、特殊な場所にいるという感覚が面白い。名札の色で集合が掛かり、次のエレベーターに乗って86階の展望フロアへ。遠くの方は若干霞んでいるものの、郊外の山まで見渡せる。午前中に訪れたバトゥー洞窟も見えているのかもしれないけれど、どの山がそれなのか分からない。KLタワーはもう一つのタワーと方向が同じなので、ごく一部の場所からしか見られない。あちからだとツインタワーが重なって見えていたから、当然そうなるよね。少し離れた場所には建設中の高層ビルが見えるが、完成するとクアラルンプールで一番の座を明け渡すことになるらしい。再び集合が掛かってエレベーターを乗り継ぎ、麓まで降りてガイドツアーは終了。予約時にはただの入場時間指定制だと思っていたので、日没前に行って夜景も見られればなんて考えていたけど、滞在時間も制限があることを直前になって知る。それならもっと早い時間を指定すれば良かったかなと思ったけど、結果的に天気が回復してから登れたのでよしとしよう。

KLCCが始発となるGOKLバスの緑系統に乗って、ブキッ・ビンタンに戻る。繁華街では渋滞でなかなか進まなくなったため、一つ手前の停留所で降りたけど、宿までの距離は若干近いくらいで、交差点も渡らずに済むので結果的に早くなったかな。明日に備えて早めに寝床に入ったけど、直前のシャワーの影響かなかなか寝付けなかった。


19/03/22(金)

今日は日帰り観光ツアーに参加。迎えのバスに乗ってクアラルンプールを出て、高速道路で南東に向かう。途中のサービスエリアで休憩となったが、一瞬トイレかと思った建物は男女別礼拝所で、トイレはその奥の建物だった。以前はゴムの栽培が盛んだったマレーシアも、現在は殆どアブラヤシに置き換わっているとのことで、沿道にはヤシの木が目立つ。約2時間でムラカ(Melaka)に到着。日本では英語読みのマラッカ(Malacca)で知られている街は海運の要衝で、14世紀末に王国となった後、ポルトガル、オランダ、イギリスの植民地を経て、マラヤ連邦として独立という歴史を持つ。

ババニョニャ博物館 船着場からボートに乗って、蛇行して流れるムラカ川をクルーズして街の中心部に入る。まずは北側にあるチャイナタウンを歩いて、青雲亭を訪れる。中国式の仏教寺院で、屋根の色鮮やかで精緻な陶器の装飾が印象的。続いて近くにあるババニョニャ博物館を見学。ババニョニャとは華人とマレー人の混血を指す言葉で、ババが男性、ニョニャが女性なのだとか。間口に対して奥行きが長く、部屋には昔の調度品がそのまま残されている。その後は一旦自由時間となったので、道に迷わない程度にチャイナタウンを散策。

オランダ広場 再び集合して、川を渡ってオランダ広場へ。キリスト教会や旧市庁舎、時計塔など、その名の通りオランダ領時代の建物が集まっている。建てられた時代が微妙に違っていても、いずれも外壁が赤い色調で統一されている。すぐ裏手にある丘に登ると、聖フランシスコザビエル由来のセントポール教会が建っているが、屋根の大部分は残っていない。丘の上からはマラッカタワーと、その向こうにあるマラッカ海峡まで見渡せる。反対側の階段を降りた先、麓にあるのがサンチアゴ砦。ポルトガル領時代の城壁がオランダ領時代に取り壊され、唯一残った部分になっているとのこと。少し遅くなったけれど、近くのホテルに立ち寄って、昼食のニョニャ料理。内容としては、マレー文化の影響を受けた中華料理という感じかな。デザートのかき氷は沖縄のぜんざいを思い出させる。

ナシルマッ 礼拝日の金曜の午後ということもあって、クアラルンプールへの帰り道は一部渋滞していたけど、到着が若干遅れた程度で済む。一旦ホテルの部屋に戻って休憩してから、夕方前に再び出掛ける。繁華街を歩いて「パビリオン」というショッピングモールを訪れる。ガイドブックに載っていた店に行こうとしたが、建物の中のどこにあるか分からず、結構迷ってしまう。最初6階のレストラン街かと思っていたら、1階の食堂街の方だった。ようやくたどり着いたマレー料理の店で、ナシ・ルマッ(ココナッツ風味のライスとチキンカレー等)を食べる。折角なので食後にテタレ(マレー風チャイ)を注文したら、想像通りの甘さだった。帰りも建物の外に出ようとしたら、出口が見付からない。実は出入口があるのは「2階」だったのだけど、傾斜地でもないのにどうして「1階」が地下にあるのだろう...


19/03/21(木)

クアラルンプール空港ではサテライトに到着したので、メインターミナルまでは自動運転の「エアロトレイン」で移動することになるのだけど、到着便が重なっていたのか、日本のラッシュ時並みの混雑となる。入国審査を済ませて荷物を受け取り、税関を経て到着ロビーに出ると、出迎えの札を持った係員がすぐに見付かる。航空会社系の送迎付きフリーツアー(ホテルのみ)を手配したので、全員が揃うのを待ってから出発して、市内のホテルを何箇所か回ることを覚悟していたのだけど、他に客がいなかったので即出発となる。空港から市内まで43km。深夜で渋滞がなくても、高速道路経由で40分以上掛かる。午前1時半頃、市内随一の繁華街ブキッ・ビンタン(Bukit Bintang)に到着し、ホテルにチェックインして部屋入り、ネットに繋いで到着をつぶやいてからすぐに就寝。

目が覚めたのは午前5時頃。日本との時差は1時間なので、結局いつもと同じくらいの起床時間ということになる。これだけだと圧倒的な睡眠不足となるところだけど、機内でだいぶ眠っていたので、合計すればそこそこ寝ていることになる。朝食を済ませて準備を整えてから市内観光に出発。今日の天気予報は朝のうちが晴れで、午後からにわか雨となっていたので、まずは展望台に行くことにする。最初の移動はバスが便利そうだったので、交差点を渡って停留所に向かう。事前に聞いていた通り、歩行者信号が青になる時間が極端に短くて30秒もない。時間が長めになる時もあるようだけど、どういうシステムになっているのかよく分からない。今回利用したのはGOKLという無料循環バス。赤、青、緑、紫に色分けされた4系統があるのだけど、車体はいずれも紫で、方向字幕に”RED LINE"と色無しの文字で示されるだけだから、車体が近付いてからでないと見分けが付かない。停留所には“あと何分”という接近表示があっても、渋滞なのかなかなか数字が減らず、到着するのは違う系統ばかり。ようやくやって来た青系統に乗って、3つ目の停留所で下車。歩いても大した距離じゃなかったのだけど、暑いし大通りを渡るのも大変そうだったので。

KLタワー ガイドブックの地図を見てこちらかなと歩き出したら、道は途中で行き止まりになる。あれっ、と慌てて周囲を見ながら現在地を確認したら、どうやら地図上のバス停の位置が実際とは違っていたことが判明。角にある駐車場を目印に、一つ南の通りに入るのが正解だった。少し歩いてちょうど発車するところだった送迎シャトルに乗り込み、丘の上にあるKLタワー(KL Tower)の足元へ。券売機でチケットを購入して、エレベーターに乗って高さ276mのスカイデッキに出る。遮る物のない屋外で360度の展望が〜といっても、デッキの一部区画がカフェになっていて営業時間前らしく入れない。また、晴れているとはいっても若干靄が掛かっていて、特に逆光となる東や南の方向は霞んでいる。ツインタワーはこの角度だと重なって見える。それにしてもクアラルンプールに来たばかりなので、方角は分かってもどこがどの辺りなのか見当が付け辛い。暫くうろついて、なんとか歴史的建造物のある区画が識別出来た。長時間待ちが発生するというスカイキューブも、この時間だとさすがに空いていて、殆ど待たずに入ることが出来た。荷物を置いて靴を脱ぎ、デッキから張り出した空間を3分間占有出来る。といっても景色が極端に変わる訳ではなく、足元を含めて5方向が透けているという特別な感覚を味わうのが主となっているようである。スカイボックスは人気の北側だけでなく南側も空いていたが、片側を体験すれば十分だろうとういうことでパス。帰りは中程の屋内展望台でガラス越しに360度の景色を眺めてからエレベーターと送迎車で麓に降りる。

イスラム美術館 次の移動は比較的短距離だけど、無料だから気軽に利用できるということで、GOKLバスの青系統で一つ隣のLRTのダン・ワギ(Dang Wangi)駅へ。券売機でトークン(コイン型乗車券)を購入して、改札でタッチして地下ホームに降りる。LRTというと路面電車の高速型を想像するけれど、やって来たのは普通の地下鉄と変わらない列車。地上に出て高架線を走り、2つ目の中央市場(Pasar Seni)で下車。高架橋でクラン川を渡ってクアラ・ルンプール駅に降りようとしたら、工事中だったため迂回して、駐車場を経由して地下道で大通りを渡る。公開時間の都合上、まずは国立モスク(Masjid Negara)を訪れる。比較的新しい建築とはいえ、50年以上経っている。靴を脱いで2階に上がり、礼拝堂の手前まで行けるようになっている。続いて訪れたのが、近くにあるマレーシア・イスラム美術館(Islamic Arts Museum Malaysia)。その名の通り、イスラム文化圏の美術専門で、世界各地のモスクの模型や、宗教用具、書道作品、服飾や絨毯、貨幣や武具など展示は多岐にわたる。昼食は館内のレストランで中東料理、ということで仔羊のローストを注文。

川の合流点 美術館を出てクアラ・ルンプール駅舎や、その向かいにあるマレー鉄道事務局の風格ある建物を見学。現在の中央駅としての役割は、2001年に開業した隣のKLセントラル駅に移っている。ここから次の目的地まで、GOKLバスで行けないこともないのだけど、隣の停留所までで歩く距離も半分くらいにしかならないので、そのまま大通り沿いに歩き通す。高架道路を潜って国立繊維博物館のレンガの建物が見えて来ると、その斜め向かいがムルデカ広場(Dataran Merdeka)。ムルデカは“独立”の意味で、1957年にマラヤ連邦の独立宣言が行われた場所。マレーシア国旗のはためく掲揚塔は、高さ100メートル近くある。途中で小雨が降り出したけど、国立繊維博物館と同じく英国様式のスルタン・アブドゥル・サマド・ビル(旧連邦事務局ビル)の前を歩いて、広場の北側にある聖メアリー教会を訪れる。こちらも英国式で19世紀の建築。断続的に小雨が続く中、ゴンパック川畔の遊歩道を歩き、クラン川との合流点を望む場所に出る。クアラルンプールの地名は、“泥の川の合流点”を意味するマレー語に由来するので、ここがまさにクアラルンプール発祥の地ということになる。付近を散策して時間調整してから、合流点のすぐ北に位置するマスジッド・ジャメ(Masjid Jamek)を訪れる。100年以上の歴史がある市内最古級のモスクで、合流点に面したテラスを経由して、イスラム様式の庭園まで回る。

チャイナタウン クラン川を渡って、チャイナタウンへ。セントラル・マーケットに入ると、正面入口付近で伝統舞踏ショーをしていて、人集りが出来ていた。建物の中を見て回ると、扱っている商品は土産物が殆どだった。チャイナタウンのアーケード街や路地を散策した後、関帝廟を訪れる。次の訪問場所に行くにはまだ早かったので、もう一度アーケード街に行ってみたら、夕方に向けて屋台が一斉に開店準備をしていた。広めの通路でも屋台が埋め尽くしていたので、夜は凄い混雑になるのだろう。ようやく時間になったところで、ヒンズー教のスリマハマリアマン(Sri Mahamariamman)寺院を訪れる。今日訪れた2箇所のモスクを含め、宗教施設は1日のうちで公開時間帯が限られていることが多いので、時間調整が必要になる。他の宗教施設と同様、ここでも靴を脱ぐ必要があるのだけど、門の外にある隣のカウンターに預けてから戻ることになる。境内を一周してから近くにあるGOKLバスの紫系統に乗って、ブキッ・ビンタンに戻る。宿に戻って靴を脱いだ時に濡れた靴下を履き変えてから、ガイドブックに載っていた店で早めの夕食。ルンダン・トック(ビーフのココナツ&スパイス煮込み)を注文したら、黒い皿に暗い色の料理が載って来たので、写真に撮っても何が何やら。出来れば付け合わせが欲しかったかな〜と言いつつ、デザートにクリームプティングを注文。今日は午後から小雨が降ったり止んだりで、遠くで雷も鳴っていたけど、結局本降りになることはなかった。東南アジアでも緯度がもう少し高いと、雨季、乾季、暑季とはっきり分かれているのだけど、赤道に近いクアラルンプールは年間を通じて同じような気候らしい。


19/03/20(水)

伊丹のワッフル 今日は午後の出発なのでだいぶ余裕があると思っていたら、ノートPCにアンチウィルスをインストールするのに手間取って、結局準備が完了したのはタクシーが来る直前だった。インストールしても動作せず、そのまま再インストールしてもさすがにダメで、ターミナル経由でアンインストールした後で再インストールしたらようやく起動したという顛末。いつも伊丹から出発するのは朝か夜だったので、ラウンジで11時以降に提供されるワッフルが食べられたのは、今回が初めて。

夕暮れの成田 伊丹出発は定刻通りだったのだけど、もともと空港混雑のため10分くらい到着が遅れることになっていた上、着陸態勢に入った後、成田空港の真上で銚子方面に旋回。何かの部品が落ちていたとかで、滑走路が閉鎖されたとのこと。一旦ベルト着用サインが消えたので、どのくらい掛かるのかと心配になったけど、暫くして再び着陸態勢に入って、結局30分以上遅れて到着。成田乗り継ぎだと、羽田のようなターミナル間の移動もなく、保安検査や出国審査も乗り継ぎ客専用なので比較的スムーズ。さらに今日は到着と出発のゲートが近かったので、それ程時間を要することなくラウンジに入ることが出来た。といってもラウンジで軽く食べてほっと一息ついたところで、間も無く搭乗開始となるので、やはりそれなりに慌ただしい。とりあえず両替はやっぱり伊丹で済ませておいて正解だった。

機内食メイン 搭乗したのはB787-8。中距離線用なので、ビジネスクラスも個室タイプではなく2人掛けシート。隣の大柄な人が早々にシートを倒して寝る体勢に入ったので、洗面所に行くのも一苦労。飛行時間の殆どは夜だから、通路側にしておくべきだったかな。食事の際のワインは、シャンパーニュに続いてメドックの赤。国内線の機内でも少し寝たけど、食後は少し眠っておこう〜って目が覚めて時計を確認したら、3時間くらい経っていた。着陸よりもだいぶ早く機内の灯りが点いた思っていたら、スプレーの噴霧が始まったので驚く。どうやら殺虫剤の使用が義務付けられているらしい。最初から知っていたらマスクを機内に持ち込んでいたのに(<_$rt;) 成田出発が遅れたものの、大体定刻通りに日付が変わる直前のクラルンプール空港(Kuala Lumpur International Airport/KLIA)に着陸。


19/03/19(火)

くまモンはクマではないという話もあるらしいが、少なくとも最初の頃は自らクマと言っていたんだよね。初期の活動として大阪で配っていた名刺には、「クマが言うのもなんだけど」とか「カバのひと声でやってきたクマです」などと書いてあったみたいだし。とりあえず公式ページのプロフィールでは、クマであることを明確に否定はしていないんだよね。「オスじゃなくて男の子!」とは言っているけど。


19/03/18(月)

新型iPadとしてiPad Airとminiが発表されたが、Airは“復活”ということになるらしい。Airが無印よりもひと回り大きいというのはMacBookと同じだけど、そもそもAirは“空気のように軽い”というような意味じゃなかったっけ。Airよりも軽い機種が出て位置付けが変わったのだろうけど、今はいったいどんな意味合いを持たせているのだろう。


19/03/17(日)

昼間、上着を着ずに外に出たら意外と肌寒く、途中で雨まで降ってきたけど、今日も主に建物の中にいる間だけで、帰りは陽が差して暖かくなっていた。駅前で昼食を取った後、スーパーで買い物を済ませてから帰宅。夜はスプマンテ(イタリアの泡)ということで、Zonin Prosecco DOCを開ける。調べてみると、プロセッコはヴェネト州産で、主にグレーラという品種が使われているとのこと。


«前の7日分 最新 次の7日分»