MD Diary

  Home Railway Miyuki Board Gallery Diary Blog
«前の日 最新 次の日»

19/05/01(水)

今日のツアーの集合時間は7時過ぎだったので、携行食を囓って支度を済ませてから宿を出る。迎えの車は程なく来たけど、その後新市街で立ち寄ったホテルでは3箇所2箇所で予約客が現れず。その合間にツアー会社の事務所に2回行っても、人がいなくて開いていない模様。そして最初にピックアップし損ねた客と連絡が取れたようで、ジャマ・エル・フナ広場に向かう。そんなこんなで市内を1時間以上ぐるぐる回ってからの出発となる。所要時間がとても長いツアーなのに、帰りがさらに遅くなってしまう〜と今から心配しても仕方がない。大型連休中だからか、参加者は5組中4組が日本人という構成。

ティシュカ峠 ようやくマラケシュを出て郊外を走り続け、見晴らしの良いドライブインで最初の休憩。一昨日見たように、緑に覆われた丘陵地帯のところどころで赤い地肌が見えている。その先で1回撮影停車をした後、2度目の休憩となったドライブインでは、モロッコ名産のアルガン油(huile d’argane)の製作実演と販売を行っている。今回は大勢の観光客の中の一人だったので、一対一の販売員に断るという面倒さはない。ずっと山道でカーブや上下が続くが、工事中の場所が多く、未舗装の区間をガタガタと進みながら対向車待ちという場面が続く。2回目の撮影停車はティシュカ峠(Col du Tichka)で、白い岩肌が露出した風景となっている。

スタジオ・アトラス 坂道を下り続けた後は、赤茶けた荒野を走り続ける。アトラス山脈の南側は砂漠地帯の入口ということになるが、このあたりは岩石砂漠なので“砂漠”からイメージするような砂丘はない。マラケシュを出て5時間でようやくワルザザート(Ouarzazate)に到着し、映画撮影スタジオ併設のホテルで遅めの昼食。メニューは定番のモロカンサラダとチキンのタジンで、デザートは丸ごとオレンジとリンゴだった。食後はスタジオ・アトラス(Studios Atlas)の見学。ハリウッド映画の有名な撮影地らしく、古代エジプトやチベットの建物等が再現されている。ガイドはいろいろと作品名を挙げていたけど、そのうち知っていたのは「グラディエーター」と「ベンハー(リメイク)」ぐらいで、そのどちらも観ていなかったりする。もしかしたら英語の原題と邦題が、かけ離れているせいもあるのかもしれない。ただ「ゲームオブスローンズ」でデナーリスの城として使われたセット、というのには思わず反応したけど、これも映像作品は観たことがなくて、ただ原作小説を読んだのみ。個人的には映画スタジオはなくてもいいから、遺跡の方にもっと時間を取って欲しいところだけど、ツアーなのだから仕方がない。

ティフルトゥトのカスバ 夕方近くになってやっと遺跡巡りとなったが、さっきまでは晴れて暑かったのに、空には急に雲が広がり、遠くで雷が鳴っている。最初に訪れたのは、ワルザザートの街中にあるタウリルトのカスバ(Kasbah de Taourirt)。こちらは内部に入らず、道路の反対側の展望所から外観のみの見学。続いて訪れた郊外のティフルトゥトのカスバ(Kasbah de Tifoultoutte)も、少し離れた場所から全景を見学するのみ。

アイト・ベン・ハッドゥ 3箇所目となる世界遺産のアイト・ベン・ハッドゥ(Ait Ben Haddou)は、さすがに内部見学ありで、こちらも遠くから全景を眺めた後、1時間の自由行動となる。雨が殆ど降らない地域のはずなのに、空はすっかり厚い雲に覆われているが、その分暑くないのは助かる。駐車場から橋を渡って城塞に入る。内部は迷路のように複雑な構造になっているが、丘全体が丸ごと城塞となっているため、頂上が常に見えていたので道に迷うことはない。頂上からは川向かいの新集落(城塞内にもまだ数世帯が居住)や、周囲の荒野が見渡せる。これで空が青ければ言うことないのだけど、天気ばかりはどうにもならない。頂上まで来るだけで20分以上を要したので、一通り写真を撮ったら違うルートで降りて駐車場に戻る。

アイト・ベン・ハッドは来た道から外れた場所にあったので、帰りは途中まで違うルートを辿って、暮れ行く谷間の集落を幾つも眼下に見ながら走る。外が暗くなって景色が見えなくなると、さすがに疲れが出てきたのか、車内では大半の時間を眠って過ごす。途中でアルガン油のドライブインで休憩停車した他はひたすら走り続けたが、それでもマラケシュまでは4時間という強行軍。街中を順番に回って行ったらまた時間が掛かるのかなと思っていたら、最初のジャマ・エル・フナ広場で他の客が全て降りたので、程なく宿の近くで下車することが出来た。夜10時で表通りはまだ人通りが多かったけど、途中から人気のない路地となるので足早に宿に戻る。すっかり遅くなったので、入念に塗った日焼け止めだけを落としてから就寝。午後から喉の調子が良くなかったので、念のため薬を飲んでおく。


«前の日 最新 次の日»