MD Diary

  Home Railway Miyuki Board Gallery Diary Blog
«前の7日分 最新 次の7日分»

19/09/27(金)

B737-800 朝、自宅マンションの外に出たところで、ケータイを忘れたことに気付いて取りに帰る。それでも時間に少し余裕があったので、空港到着後はラウンジで休憩してから搭乗口に向かう。今回はアップグレード出来たので、B737-800のプレミアムクラスを利用。機内食はサンドイッチだったので、スパークリングワインを頼んだ後、赤ワインを注文。新千歳に到着して乗り継ぎを申し出たら、外を経由しなくても出発ロビーに入ることが出来た。ラウンジに立ち寄ってから次の搭乗口に行くと、着いてから10分以上経ってから遅延のアナウンス。といっても大きく遅れている訳ではないので、そのままゲート前で待つ。DHC8-Q400に乗って北海道を横断し、1時間足らずで釧路に到着。残暑の続く関西から来ると、かなり涼しく感じる。

阿寒湖畔 釧路空港からネットで予約していた「エアポートライナー」に乗車。時刻表では定期路線バスよりも1時間早く出発することになっているが、飛行機の到着遅れを受けてなのか十数分待ってから出発。途中、窓の外にタンチョウヅルの番を2度ほど見掛けたが、走っている車内でカメラを出してもさすがに間に合わなかった。阿寒温泉では主な宿泊施設の前に停車するので、バスを降りたらそのまますぐにチェックイン。日没まで時間があったので、阿寒湖畔を散策。温泉街では雌阿寒岳がなかなか見えないので、湖岸を東に進めばなんとか見えるかなと開けた場所に来るたびに確認したら、なんとか稜線の向こうに垣間見える場所があった。紅葉は始まったところだけど、一部の木々もう赤く染まっている。エゾトリカブトやナガボノシロワレモコウなど、秋の花もちらほらと。ボッケまで行ってから引き返し、明日のツアーを追加予約してから宿に戻る。

夕食は2部制になっていて、前半の方が混雑が予想されるとのことだったので後半の方にしたのだけど、昼前の機内食の後はラウンジで軽く食べただけだったので、だいぶ空腹になってしまった。といっても食べ過ぎにならないよう注意しなくては〜と思いつつ、やっぱり普段よりも多めに食べてしまう。寝る前に明日の天気を確認したら、「晴」のままだけど釧路地方は濃霧注意報が出ている。海辺だけかと思ったら、阿寒や鶴居も対象になっている...


19/09/26(木)

消費税が上がる前に、国内線4件をまとめて予約&決済。それでも節約できたのは2千円くらいで、変更不可の運賃だとキャンセル料の方が高くなる可能性もある。タイミングの問題もあるので、恐らく今回はこれが最初で最後の駆け込み購入になるだろう。

先日、Safariをアップデートして以来、Twitterにアクセス出来なくなることしばしば。アプリを再起動するまで戻らないことが多くて、そのたび再起動するのが面倒。直後に追加アップデータが来たので改善するかと思ったら、相変わらずなので関係なかっ模様。


19/09/25(水)

忘れてしまったら元も子もないので、今のうちに「なみふく」と「でじなみ」のツアー先行チケットを申し込む。いろいろ考えた末、どちらも弱気に平日にしたけど、結果はどうなることやら。


19/09/24(火)

近所でCDを買えなくなってしまったので、先日シングル新譜を通販で注文。わりと間際になってしまったので、発売日に届かないことも覚悟していたのだけど、まさかの前日到着。

久々にiTunesを起動したら、アルバムワークが無効とかいう表示が出て、半分以上が消去されてしまった。いずれも以前iTunesで取得したものなのに何故? 再度ダウンロードしようとしても、見付からないと言われてしまう...


19/09/23(月)

昨日のうちに用意していた昼食を取ってから買い物に出掛ける。いつものスーパーでマッシュルーム缶のホールが品切れだったので、もう一軒の方に行ってみたら、スライスしか取り扱いがなかった。夜は久々のシャブリということで、Daniel Dampt & Filsを開ける。国際線では飲む機会が多いブルゴーニュの白だけど、家で飲むのは何年ぶりだろう。


19/09/22(日)

ヒレ味噌カツ 梅田に出てJRに乗り換えて新大阪へ。コンコースで時間つぶしをしてから、予約した「のぞみ」に乗車。名古屋で下車して地下鉄東山線ホームに降りると、相変わらずの混雑。隣の伏見で鶴舞線に乗り換えようとしたら、次の列車は赤池止まりだったので見送る。十数分後に来た名鉄直通列車に乗って、終点の豊田市まで移動。とりあえず駅前のビルの食堂街に行って、幾つかの店のメニューを見比べて、やっぱり名古屋に来たのだからと久しぶりに味噌カツ(ヒレ)を食べる。店を出る時には順番待ちになっていた。

クリムト展 ペデストリアンデッキを降りて、案内標識に従って豊田市美術館まで歩く。途中の坂がきついため、かなり遠いような印象が残っていたが、実際は1キロメートル弱だったりする。前回来た時よりも人が多いのは、トリエンナーレ開催中だからか。美術館に入ったら、チケット購入に長い列が出来ていて驚く。これなら事前にコンビニで買っておくべきだったと思っても、時すでに遅し。30分くらいならんでようやくカウンターにたどり着く。荷物をロッカーに預けてから特別展「クリムト展 ウィーンと日本 1900」を鑑賞。東京展は行く機会がなくて、大阪展はないので、名古屋に来ることにしたのである。会場内も混雑していたとはいえ、東京の特別展ほどではない。常設展は昨年来た時に見ているはずなので、パスして駅に戻る。午後になって雨が降っていたようだけど、外を歩いている間は降っていなくて、駅に着いた途端に通り雨。

西枇杷島駅 発車直後に駅に着いたため、次の列車まで十数分待ち。前回と同じく三河線で知立に出て、名古屋本線に乗り換え。急行に乗って名古屋を通り越し、一つ先の栄生で普通佐屋ゆきに乗り換える。東枇杷島を出て犬山線と分かれ、その次の西枇杷島で下車。ホームが狭いため、列車が来る直前まで改札を制限していることで知られているが、当駅での通過待ちがなくなり、遠からず待避線を廃止してホームを拡張する〜と聞いたのでその前に一度来てみたかったのである。名古屋から2つ先の本線上の駅でも、停車するのは1時間に上下2本ずつだけだから出来る運用なのかな。阪神春日野道も十数年前に改良されているので、狭いホームとして残るのは阪急中津くらいになるのか。駅周辺を撮影しているうちに再び通り雨になったが、帰りの列車が来る頃にはほぼ止んでいた。

名駅に戻って新幹線の予約を前倒ししてから、構内の店できしめんを食べ、新幹線改札内の売店をハシゴしたら、レジ等の混雑によりホームに上がったのは5分前。新大阪から大阪に移動し、梅田のヨドバシで買い物してから帰宅。連休中は天気が荒れるという予報もあったのだけど、結局傘は使わず終いだった。


19/09/21(土)

今日は消防点検なので、朝から家の片付け。昼食と買い物を兼ねて出掛けた後も作業を続けて、どうにか点検が始まる前に大体完了。夜は十勝ワインの「アムレンシス」2014年を開ける。アムレンシスという銘柄はマンシュウヤマブドウ(Vitis amurensis)の種小名(アムール川に由来)に因み、以前ヤマブドウだけで作っていたらしいが、現在は池田産ヤマブドウ交配種とメルローを使用とのこと。


«前の7日分 最新 次の7日分»