MD Diary

  Home Railway Miyuki Board Gallery Diary Blog
«前月 最新 翌月»

20/08/01(土)

7月のモバイルデータ通信量を確認したら0.17GBだった。計算上はその6倍近くまで使っても、今と料金は変わらないことになる。ガラケーから乗り換えた直後は、感覚が分からなくて恐る恐る使って0.12GB。その頃よりは気軽に使うようになって0.17GB。もっと使っても大丈夫と思っていても、ネットはPCが主だから補助的に使うだけなんだよね。何と言っても画面が小さいし(^^;

午前中はクール便を待っていたら、前回よりも少し早い11時前に到着。今回届いたのはワイン4本で、規格外の1本を冷蔵庫の野菜室に入れ、残り3本はセラーに直行。午後は隣駅のスーパーまでザウアークラウトの買い出し。夜はツュールヒャー・ゲシュネッツェルテスを作る。今回は小麦粉でとろみをつけたら、それっぽくなった。そして付け合わせのレシュティも、2個目がようやく形崩れをせず綺麗に焼けた。というわけで今日はスイスの日ということで、ワインはヴァレー州のFendant Vetroz Les Terraceの 2018年。スイスはワインの名産地ながら、自国内の消費が殆どなので、国外には殆ど出回っていない〜と聞いていたのだけど、通販で手に入ったので久々に飲むシャスラ品種となる。


20/08/02(日)

今日は出掛けない日なので、バックナンバーを通販で取り寄せて以来、ずっとそのままだった雑誌の付録「首里城正殿ペーパークラフト」をようやく組み立てる。指示書に従って作業を進めていけば、器用でなくてもなんとかそれらしい形に完成。屋根の上にはめ合わせ用の印刷記号が残っていたり、飾りが平面化されていたりするけど、そこはあくまでもペーパークラフトなので。

ペーパークラフトの合間に、残っていた材料でパウンドケーキを焼く。今回はプレーンにしたら、高さ方向の膨らみがちょいと足りなかった。材料に対して型が大きめだったのと、作業中にあまり気を使わなかったのが原因かな。


20/08/03(月)

コンサートチケット返金用の「振替払出証書」の2通目が到着。期限が半年なので1通目もまだ放置したままだけど、忘れないうちにまとめて郵便局に持っていかないと。


20/08/04(火)

半年くらい掛けてようやく「パーンの竜騎士」シリーズの"Red Star Rising"を読了。原題をあえて訳すと「赤ノ星昇る」になるのかな。因みに米国で出版された際の題名は"Dragonseye"になっている。次に読むのはやっぱり未訳の出版順ということで、"The Skyes of Pern"になるのだろうか。

アン・マキャフリィ「赤ノ星昇る(パーンの竜騎士)」読了

20/08/05(水)

今日は「スペイン風オムレツの素」を使って、スパニッシュオムレツ。溶き卵を入れて、電子レンジにかけるだけ。先日レシュティの素を買いに行った際に見付けて試しに買ってみたのだけど、平日の手軽な昼食用に常備しておこうかな。

電話では3ヶ月を要すると言われた国際線の払い戻しが、わずか1週間で反映されていた。国内線もすぐに払い戻されたので、カード請求額がマイナスにならないよう調整しないと。


20/08/06(木)

今夜のワインはLe Haut-Médoc de Branaire-Ducru(ACオーメドック)の2015年。調べてみると7年前に2007年を、昨年に2012年を飲んでいるので、これで3回目ということになるのか。一応ファーストのChâteau Branaire-DucruもセカンドのDuluc de Branaire-Ducruも飲んだことはある。


20/08/07(金)

昼食にホットドリンクはさすがに暑すぎるので、前の晩に水出しのカモミールを用意。でもやっぱりカモミールの落ち着く香りは、ホットの方が美味しいかな(^^;


20/08/08(土)

今日から連休だけど、旅行をキャンセルしたので、買い物以外は巣篭もりの日々。初日はチュールヒャー・ゲシュネッツェルテスを解凍して、レシュティを焼いたのだけど、ようやく形崩れせずに安定して焼けるようになった。やっぱり火を強めにして、しっかり焼き目を入れるのと、フライパンの上で広げすぎないのがいいみたい。ゲシュネッツェルテスの方も現地で食べたのと近いのが作れるようになったし、これでいつスイスの味が恋しくなっても大丈夫〜といいつつ、合わせたスイスのワインはフランス語圏のヴォー州産で、ゲチュネッツェルテスやレシュティはドイツ語圏の料理。他のスイスワインは入手困難だから、料理の方を合わせるとしたらフォンデュを作るべきか(^^;


20/08/09(日)

巣篭もり2日目は表札を作る。先週の首里城ペーパークラフトに続いて、日曜日が工作の日になっているかも。材料自体は引越直後に揃えていたのだけど、物置の中に二年以上放置してしまっていたのである。今日は物置の整理をしたついでに、ようやく作成することが出来た。って、コルクボードをカットして木製レタリングをボンドで貼るだけなのに、なんでそんなに放置していたのだか(^^;;;


20/08/10(月)

さすがに今日は買い物に行かないと、ということで炎天下にマスクを着けて駅間と隣駅のスーパーに合計2往復したのに、ニンジンを買い忘れていたことに気付く。さすがにビーフシチューにニンジンなしという訳にも行かないので、なんとか気力を振り絞って3度目の外出。あまりの暑さに夜は食前酒としてスパークリングワインを飲みたいところだったけど、それだとさすがに飲み過ぎになってしまうので、代わりにアルコール度数が低いニッカシードル(期間限定「紅玉リンゴ」)を開ける。


20/08/11(火)

こうも暑い日が続くと昼食はそうめんかな、ということで「揖保乃糸」を茹でて食べる。そうめんつゆも刻みネギ(冷凍)も刻み海苔も、出来合いのもので。

連休に年休を重ねたので、今日まで4連休となったのだけど、暑いからとだらだらしていたら、やっぱりあっという間に過ぎてしまう。それでもとりあえず通常の家事に加えて物置を整理出来たのと、2年前に録画したままになっていたテレビ番組をようやく視聴出来たのが一応の収穫。放送時間が2時間×4で、ちょうど4連休にぴったりだった。


20/08/12(水)

悩んだ末結局、来月の旅行を全キャンセル。航空券は4割の手数料が掛かって、4万近いスカイコインが戻って来なかったけど、この後5割、6割と上がっていくのだから、“損切り”ということで諦めるしかない。当面状況が好転するとはとても思えないし。そして来週のワイン教室の予約もキャンセル。梅田に出ること自体がリスクになりつつあるだけではなく、参加者全員がマスクを外すイベントだし、何より心配しながら参加しても楽しくないだろうから。


20/08/13(木)

朝、AirPods Proを使おうとしたら、片方が動作しなかったので焦る。以前、同じような状態になった時は、接続し直したら復帰したのだけど、今回はダメ。あれこれ調べたところ、どうやら接触不良で充電が出来なかったことが判明。何度かケースに抜き差ししているうちに、ようやく充電中の表示が出て、充電後に確認したら普通に動作したので一安心。恐らく接触不良に気付かず、ずっと反対側しか充電していなかったことになっていたんだね。それにしても買ってから数ヶ月で接触不良を起こすとは。

昼はそうめんの残りを使って、ソーミンタシヤーを作る。折角なのでツナだけでなくゴーヤーも入れてみる。「ソーメンチャンプルー」という呼び方もあるけど、厳密にいうと豆腐と一緒に炒めていないので、チャンプルーにはならないらしい。

夕方、9月の国内線間引き欠航対象便が発表されたので、念のため調べてみたら昨日キャンセルした4便中1便が対象になっていた。今日まで待っていれば手数料が全額免除になっていたということになるけど、昨日の時点で間引き欠航のことはすっかり忘れていたから仕方がない。一応6〜7月の間引き状況を見て欠航になり辛い便を選んだつもりだったのに、まさか1便だけ当たるとは。


20/08/14(金)

今日は36℃近くまで上がる。来週の予想最高気温もずっと、35℃か36℃になっているので、これからが酷暑本番ということになりそう。それでも今日はツクツクボウシが鳴き始めていた。今年は梅雨明けが遅かっただけで、暦の上ではもう8月半ばなんだよね。


20/08/15(土)

ラバー・ダック 朝から梅田に出て、いつもの阪急献血ルームで135回目の献血。終了後はいつものようにロンティーでブランチしてから、堂島で散髪を済ませる。そのまま地下街を端まで行って、猛暑の屋外に出て四つ橋筋沿いに京阪中之島線の渡辺橋まで歩く。前の列車が出たところだったので、ホームで暫く待ってから各停に乗る。3つ目の天満橋で下車して、西改札から出て再び晴雨兼用傘を差していざ猛暑の中へ。すぐ目の前が大川の八軒屋浜船着場で、目当ての巨大アヒルは探すまでもなく西側に見えていた。オランダのフロレンティン・ホフマンによるパブリックアートの「ラバー・ダック」で、日本には10回以上来ているが(その大半が大阪)、実物を見るのは今回が初めてとなる。8月一杯の展示と聞いて、暑い中やって来たのである。なんでも八軒屋浜が日本初上陸の地で、ここに戻って来るのは11年ぶり。今回は「漂えど沈まず(Fluctuat nec mergitur)」の標語が掲示されていた。何度か耳にしたことがあるけど、後から調べてみたらパリ市の標語で、元は船乗りの言葉だったのだとか。それにしても真っ青な夏空に、黄色い巨体の映えること。とにかく暑いので一通り写真を撮った後は、さっさと引き上げる。

一粒の光 帰りは大江橋で降りて、中之島ガーデンブリッジの北側にある堂島米市場跡を訪れる。ここには一昨年設置された、巨大な米粒のモニュメントがあって、それを見るのが目的だったりする。さっきのアヒルに続く“巨大シリーズ”ということで。実は安藤忠雄作で「一粒の光」という題名が付いている。ここから最寄りの地下街であるドーチカの端まで歩けば、再び空調の世界に戻れる。地下街経由で梅田大丸に入って、上階の東急ハンズで製菓用品をまとめ買い。大阪駅の北側は地下街が少ないので、仕方なく屋外を通って茶屋町に向かう。さすがに献血の後に炎天下を歩くと水分不足になるので、途中のコンビニで水を調達。輸入食品店でオリーブの缶詰やレシュティと一緒に、「スペイン風オムレツの素」を買おうと思ったら見当たらない。店員に聞いてみたところ、何かのフェアの際にしか入荷しないとのこと。帰りの阪急は窓を開けながら走っていたので、全車弱冷房状態だったが、それでも外よりはましである。

池田駅前のスーパーで買い物をした後、店を出た直後に玉ネギを買い忘れたことに気付いたが、生鮮食品に優しくない猛暑だったので、一旦帰宅して冷蔵庫に入れてから自転車で出直す。ついでに他の買い置き用の品と一緒に、目についた巨峰を衝動買い。最近は皮ごと食べられることを売りにした品種や、巨峰でも種無しバージョンがあるみたいだけど、昔ながらの種子あり巨峰じゃないとかえって物足りなく感じるのである。


20/08/16(日)

今日も猛暑だけど、一日中家に籠る。ワイン消費計画の都合上、昼間から熊本ワインの「菊鹿シャルドネ・アンウッデッド」。あと3分の1本だけ残っていたのだけど、当面白ワイン用の夕食を作る予定はなかったので。そして今日の夕食のテーマはイタリアということで、タリアテッレ・アッラ・ボロニェーゼとPeppoli Chianti Classicoの2018年。北イタリアのボローニャのソースに合わせるなら、南イタリアのスパゲッティやペンネではなくて、やっぱり北イタリアの、出来ればボローニャがあるエミリア・ロマーニャ州の〜と探してみたら、隣駅のスーパーで都合よくタリアテッレが入手出来たのである。イタリア中南部のフェットチーネと似ているけど、タリアテッレの方が少し太くて、小麦の種類もちょっと違うらしい。厳密にいうと、ラグー・アッラ・ボロニェーゼは所謂ミートソースとはちょっと違うらしい。あくまでも肉が主役で、トマトを始めとする野菜の量は少なめで、ミンチもそぼろ状にするのだとか。その辺を追求するのはまた今度ということで(^^;


20/08/17(月)

昼間の予想最高気温が、今日になってから急に39℃になったので驚いたが、結局38℃の手前まで上昇。明日以降も猛暑が続くことになっている。


20/08/18(火)

今日の暑さは昨日ほどじゃないという予報だったのに、最高気温は37.9℃と昨日と変わらなくなってしまった。やっぱり夕方になってもあまり涼しくならなかったけど、明日の巣篭もりのために買い物に出掛ける。

今夜のワインは、ロワール地方のPascal Jolivet Sancerre Pinot Noir(ACサンセール)の2017年。ロワールの赤といえばカベルネ・フランが有名らしいけど、産地自体が川沿いの広い範囲に広がっていて、最上流のサンセールはブルゴーニュに隣接していて、赤はピノ・ノワールになるのだとか。


20/08/19(水)

記録を確認すると今日の最高気温は38.4℃になっていたけど、テレワークの日でゴミ出し以外で外に出る必要はなかったので助かる。それでもこうも暑さが続いていると、やっぱり泡だよね〜ということで、カタルーニャのSangre de Toro(DOカヴァ)を開ける。カヴァはスペインのスパークリングワインで、指定地域でシャンパーニュと同じ瓶内二次発酵で作られたもの。調べてみるとカタルーニャが中心だけど、既にある生産地を追認する形で指定したため、なんと8州にもまたがるのだとか。


20/08/20(木)

TimevalueやOffsetというExcel関数の存在を、今日初めて知る。こんなデータ解析をするのに都合がいい関数なんてないかな〜と検索してみたら、都合よく見付かったのである。それにしても、折れ線グラフだと横軸が強制的に等間隔にされるから、折れ線付き散布図にしないといけないんだっけ。そういうグラフを作るのは久しぶりだったから、すっかり忘れていた。


20/08/21(金)

今日の最高気温を確認したら、なんと39.3℃になっていた。そして猛暑日も明日までと思っていたら、日月の予想最高気温が36℃.....

五代ゆう「闇中の星(グイン・サーガ147)」読了

20/08/22(土)

先日、梅田で購入したリングを使って、厚めのパンケーキを焼いてみる。今回は“粉を混ぜ過ぎずにダマを少し残すくらい”というのを実践してみたので、膨らみも大丈夫だったはず。

今日は南の方ではかなりの大雨になっていて、家の中にいても夕方から何度も雷の音が聞こえるのだけど、どの雨雲もちょうどこの辺りをぎりぎり避けて通っていたようである。


20/08/23(日)

早めの昼食が終わりかけた頃に、午前指定のクール便が到着したので、ぎりぎり午前中に1回目の買い出し。少しでも気温が高くならないうちにというのと、今日も局所的な大雨が降る可能性があるみたいだったので。

今夜はドイツ風ということでプラートヴルストを焼いて、ラインガウSのchloss Vollrads Riesling Spätlese 2017年を開ける。栓がコルクでもスクリューキャップでもなく、ガラス製だったので驚く。シュペートレーゼとは“遅摘み”のことで、糖度が高まるのを待ってから収穫するので、甘口に仕上がるのだけど、さらに糖度の高いアウスレーゼ、ベーレンアウスレーゼ、トロッケンベーレンアウスレーゼ(それとアイスヴァイン)がある。それからドイツ語の"braten"は“焼く”という意味なので、ブラートヴルスト(Bratwurst)は“焼きソーセージ”くらいの意味かなと思っていたら、実は古高ドイツ語の"brät"(細かく刻んだ肉)に由来するとかで、たまたま語形が一致しただけのことらしい。


20/08/24(月)

今日の最高気温は35.6℃だったけど、35℃を超えていたのは短時間だったので、それだけで暑さがだいぶ和らいだように感じる。それにしても、当初の予報ではそろそろ猛暑日続きが終わっていたはずなのに、現時点では来週、9月に入っても続くことになっている...


20/08/25(火)

夕方にスーパーに行ったら、秋を先取りして栗や芋の菓子のコーナーがあったので、チョコレート菓子を衝動買いしてしまったけど、外はまだまだ厳しい暑さ。速やかに帰宅して、すぐさま冷蔵庫に放り込んだのは言うまでもない。


20/08/26(水)

TimeMachineの調子が悪かったので、InProgressファイルをゴミ箱に捨てたら、ゴミ箱から消せない状態になってしまって焦ったけど、ターミナルから呪文を唱えたら削除出来た。どうやらOSのアップデート直後でバックアップが上手くいかなかった模様。とりあえずバックアップが済んだところで、新しいソフトウェアをインストール。

白鷺あおい「ぬばたまおろち、しらたまおろち」読了

20/08/27(木)

昼過ぎと夕方に局所的な雨。完全に止むのを待っていたら1時間くらい掛かりそうだったので、雨が弱まった頃を見計って帰宅を決行したけど、それなりに濡れてしまった。実際は30分くらいで止んでいたみたいだけど、それはあくまでも結果論ということで。


20/08/28(金)

今日から出発予定だった国内線をキャンセル。直前だと手数料が6割なのだけど、梅田に出るのさえ躊躇うような状況では、とても旅行なんて無理ということで。予約を入れたのが今年1月。2ヶ月前までなら取消手数料が掛からなかったのだけど、判断時期となる頃はちょうど旅行を再開したところだったので、予約をそのまま残すことにしてしまったのである。もう懲りたので、残る変更不可の国内線予約は、2ヶ月前になるまでにキャンセルすることにしよう。


20/08/29(土)

明け方に激しい雨の音で目が覚めた後、暫く降り続いていたのだけど、朝起きてから確認するとアメダスの記録は0ミリ。ここからアメダス観測点まで3km以上離れているので、局所的な雨の時は食い違っていることが多い。アメダスで大雨を記録した時でも、こちらは全く降らないという逆パターンもある。

残っていた玉子を使って今日もパンケーキを焼いたけど、結局リングの使い方は何が正解なのかよく分からなかった。リングには表裏がなく、把手がどちら側にも倒せるようになっていたので、てっきり片面を焼いた後、リングごと裏返すのだと思っていたのに、リングごと裏返せたのは4回中1回だけ。その時も生地の厚みが足りなくて反対側からは焼き目があまり入れられなかったし、他はリングだけ先に外れたり、リングに生地が残ったり、把手が引っ掛かって動かせなかったり。


20/08/30(日)

少しでも気温が低いうちにと、午前中に駅前まで買い物2往復。ついでに気になっていた自転車のタイヤにも空気を補充。当初の予報では昨日の方が気温が低めだったので、買い物も昨日にしようかと思っていたのだけど、結局変わらないという予想になったので、食材調達の都合に合わせて今日出掛けることになった。

今日は久しぶりにくまモンのインスタライブ。YouTube配信がなかったので、iPhoneで視聴。ジャイアンツのマスコットとの共演だったので、「モンスタライブ」の復活ということではないのかな。


20/08/31(月)

朝、外に出た時に聞こえる虫の声が、つんざくようなクマゼミから秋の虫(コオロギ?)に変わっているけれど、昼間は相変わらずの猛暑。一応、猛暑日は明日までという予想になっているけど、今度こそ本当に終わるのだろうか。最近ずっと、あと何日頑張れば乗り切れると思っていても、どんどん先延ばしになっていたから。


«前月 最新 翌月»