MD Diary

  Home Railway Miyuki Board Gallery Diary Blog
«前月 最新

20/09/01(火)

明日もやっぱり予想最高気温が35℃になっている。実感のないまま9月に入ってしまったけど、結局8月は旅行どころか梅田に一度出たきり。あとは2回ほど隣駅に行った以外、駅前より遠くに行くことはなかった。


20/09/02(水)

エアコンは自動的にフィルター掃除運転をするよう設定していたのだけど、それとは別に「内部クリーニング」というボタンが、いずれもリモコンの蓋を開けた中にあることに気付いたので、片端から実行してみる。本当はもっとこまめにやっておくべきことだったのかな。今度マニュアルを探して確認してみないと。


20/09/03(木)

今日は年に一度のメンテナンス日〜ということで、大阪市内の人間ドックへ。平日の朝の移動を避けるために前泊することも考えたのだけど、それはそれで面倒そうだったので、6時前の阪急で池田を出て、大阪市内は中之島線で移動。さすがに疲れたので、帰りの買い物も必要最小限にして、夕食もスパゲッティを茹でてレトルトのパスタソースで簡単に済ませる。


20/09/04(金)

今日は年休を取って、午前中は家で過ごす。昨日から猛暑日ではなくなったので、午後になってから買い物に出掛ける。日向はそれなりに暑いけれど、日陰に入るとぐっと涼しく感じる。手違いで夕方ももう一度買い物に行くことになってしまったけど、その時はもっと涼しくなっていた。

料理に少しはメリハリを付けよう〜ということで、サーモンを焼いて舞茸と栗のクリームソースを掛けてみる。都合よく生栗が入手出来なかったので、甘栗で代用。約1週間ぶりとなるワインは「菊鹿シャルドネ」。


20/09/05(土)

猛暑日はこないだで終わったと思っていたら、今日は37℃までいったらしい。ずっと家にいたから暑さを実感することはなかったけど、夕方からは雨雲の影響で涼しくなった模様。

ヨーロッパでは2人称複数を単数の敬称として用いることが多いが(フランス語のvousなど)、ドイツ語では3人称複数のsieを大文字にしたSieを用いている。イタリア語では3人称単数女性のleiを大文字にしたLeiを用いているのだけど、どういう由来があるのだろうと調べてみたところ、"signoria vostra"を代名詞化したものらしい。つまりは"signorira"が女性名詞だからということなのか。スペイン語の敬称はustedになるが、これは"vuestra merced"が変化したものだとか)。

スペイン語の親称はややこしくて、スペイン本国では単数tú/複数vosotrosなのだけど、メキシコやペルーでは単数tú/複数ustedesと複数は敬称から転用されている。さらにアルゼンチンでは単数vos/複数ustedesと単数は古い時代のスペインの敬称から転用されている(@_@)


20/09/06(日)

今日はスペイン風ということで、フリカンドを作ってリオハの赤を開ける。フリカンドは、赤ワインに合うスペイン料理を検索して知ったもの。手の込んだものは出来ないし、手に入らない素材があっても困るのだけど、乾燥ポルチーニは輸入食品店で買えたので作ることにしたのである。ネットのレシピを見比べてこんな感じかなと作ったら、ポルチーニの効果なのか予想より美味だった。フリカンドはカタルーニャの郷土料理なのだけど、バルセロナに行った時に食べる機会はなかった。そしてワインはラ・リオハと州が異なるのだけど、そこまで合わせるのはまた今度ということで。“ワインと料理の国を合わせる”シリーズは、一応これでひと段落。ハンガリーの赤が入手出来たらグヤーシュに挑戦したかったのだけど、いつも利用している通販ではトカイ(超甘口)しか扱っていなかったので断念。ポルトガルやクロアチアの料理で作りやすそうなものを見付けたら再開するかも。


20/09/07(月)

今日は台風の影響で、何度か雨が降って風が強くなったけど、幸い外に出ている時は問題なかった。帰宅後は久しぶりにエアコンを付けずに窓を開放。さすがに猛暑はもう終わったんだよね?


20/09/08(火)

豊中のアメダスは11時前後の気温が記録されていないけど、機器の不調だったのかな。各地の気温を表す地図で、豊中だけが表示されてなくて、一瞬アメダスが廃止になったのかと思ってしまった(^^;


20/09/09(水)

残ったポルチーニを使ってリゾットを作ってみる。昨日ベーコンを買うのを忘れたので、タマネギとニンジンだけのシンプルなものになったけれど、これまた予想以上の美味しさ。乾燥ポルチーニはフリカンド用に梅田の輸入食品スーパーで買ったのだけど、川西店でも取り扱っているのかな。


20/09/10(木)

口座を持っている銀行の一つが例の問題のリストに入っていたので、念のため入出金記録を確認したところ、問題なかった。後からもう一つの銀行も対象だったことを知り、慌てて調べたけどそちらも大丈夫だった。


20/09/11(金)

コンビニにはたまにしか行かなくなったけど、とりあえずマスクは在庫が戻っているようで、種類は少ないものの一応店頭に並んでいるのを見掛ける。アルコール手拭きもそこそこ見掛けるようになってきたので、少しずつ買っておく。


20/09/12(土)

今日は梅田に出て136回目の献血の後、昼食を取ってから散髪を済ませ、輸入食品店で買物をして帰るいつものコース。一旦家に帰って荷物を置いた後、自転車で駅前のスーパーに出直したら、空が濃い色の雲に覆われていたので俄雨が来るかもと早めに帰ったが、その後は再び晴れ間が出ていた。

ドイツ語の正書法の改正により、接続詞のdaßがdassになるなどエスツェットの使い方が変わったのは知っていたけど、wievielがwie vielに、auf deutschがauf Deutschになっていたのは知らなかった。ラジオ講座のドイツ語のテキストも新正書法になっているけれど、そういえばフランス語の新正書法の方はどうなったのだっけと調べたら、こちらはまだ旧正書法も有効らしく、ラジオ講座のテキストも旧正書法のままになっている。


20/09/13(日)

ゴスペルのクワイア(聖歌隊)って、どういう綴りか調べてみたら"choir"だった。「聖歌隊席」という意味もあって、海外旅行で大聖堂を訪れた際によく目にするので単語としては知っていたけど、発音を聞いたり調べたりしたことはなかった。どうして"choir"という綴りで"quire"と同じ発音になるのかと調べてみたところ、中英語では"quer"や"quere"と綴っていたのが、ラテン語の"chorus"やフランス語の"chœur"の影響で綴りが変化したものらしい。英語にはラテン語そのままの"chorus"という単語があるし、"choir"もラテン語"chorus"に由来(さらに遡るとギリシャ語)しているので、いわゆる「二重語(同語源で別の単語)」になるんだね。

昨日またポルチーニを買って来たので、ミートソースに加えてみたところ、味のコクが半端ない。パスタは今回もタリアテッレだけど、ワインはイタリアではなくてボルドーの"Haut-Médoc Giscours"の2016年。以前は"Le Haut-Médoc de Giscours"だったのだけど、名前が微妙に変わったようである。


20/09/14(月)

朝晩もかなり涼しくなってきたので、今シーズンのかりゆしウェア着用は終了。他の半袖シャツと比べて特に涼しいという訳ではなかったとしても、せめて気分だけでも涼しくしないと猛暑を乗り切れなかったので。


20/09/15(火)

熊本城の大天守の復旧がほぼ完了したとの報道。来年春の一般公開を目指すとのことなので、震災からちょうど5年を要したということになるのか。


20/09/16(水)

11月の国際線をキャンセル。出発日が10月末だったので無手数料払戻の対象になった時点でそのうち手続きしなければと思っていたら、国内線乗継区間が欠航になったせいか、ネットで解約出来なかったので今回も電話で依頼。国際線の払戻額を吸収するために今月の国内線を予約してみたけど、決済するかどうかは一晩考えてから決めることにしよう。


20/09/17(木)

とりあえず国内線は期限前に決済。高かったけど変更可能運賃なので、予約変更はもちろん、キャンセルも気軽に出来るので。


20/09/18(金)

今月から献血の条件が変わっていたことを、日赤ラブラッドからのメールで知る。血圧に加えて脈拍と体温も条件に入るとのこと。血圧はもともと条件に入っていなかったっけ〜と後から調べてみたら、条件になっていたのは「最高血圧90以上」だけで、それ以外は問診で判断ということになっていた。新基準では最高血圧、最低血圧とも範囲を明確に指定。


«前月 最新