MD Diary

  Home Railway Miyuki Board Gallery Diary Blog
«前月 最新 翌月»

20/10/01(木)

10月6日からモバイルPASMOが、iPhoneやApple Watchにも対応するとのこと。詳細は後日発表ということだけど、「エクスプレス設定」には対応しているのかな。そうじゃないと毎回認証が必要になるので。


20/10/02(金)

今夜のワインは、Gevrey-Chambertin 1er Cru au Closeauの2014年。ブルゴーニュは奥が深すぎてよく分からないのだけど、さすがにこのクラスともなると、文句なしに美味しい。


20/10/03(土)

フランス語の"Bonne journée!"は"Bonjour!"と同様、直訳したら「良い1日を」になるけれど、主に出会ったときに言う"Bonjour!"と違って、"Bonne journée!"は別れ際の挨拶になるらしい。イタリア語でも"Buongiorno!"と"Buona giornata!"の両方があるけど、スペイン語は対応する使い分けはなさそうな感じ。

忘れないうちに、国勢調査をインターネットで回答。最初ログイン出来なくて焦ったが、英単語に似た文字列が、ブラウザが勝手にスペル修正した結果だった(-_-)


20/10/04(日)

改めて調べてみると、国内で最も標高が低い普通鉄道の駅は東京駅(JR京葉線/-29.2m)になっていた。標高が高い方は昔と変わらず、野辺山駅(JR小海線/1345.7m)のままだった。「鉄道事業法」が適用される広い意味での“鉄道”だと、標高が最も高いのは室堂駅(立山黒部貫光無軌条電車線/2450m)で、最も低いのは体験坑道駅(青函トンネル竜飛斜坑線/-140m)。世界でも最も低い駅になるのだとか。

今日はパエリアの素を使って、パエリアを作ってみる。パッケージ記載のフライパン用レシピに従ったのだけど、家にある小さめのフライパンでは全量が入りきらないので、米と具材を合わせるところから2分割。炊飯器用レシピだと5合炊き以上が必要とのことだったので、必然的にフライパンで生米を炒めて作ることになったのである。パエリアは日本だと何故かシーフードが定番になっているけれど、元々はバレンシア地方の肉料理なんだよね〜ということで今日作ったのもチキンのパエリア。


20/10/05(月)

今日と明日が今月の山場〜ということで、その前半が終了。明日も頑張らないと〜


20/10/06(火)

後半も無事終了。とにかく天気が荒れなくて良かった。明日もまた小さなイベントが重なっているけれど、とりあえず今日のところは開放感。


20/10/07(水)

今週は都合により、テレワークの日を変えたので、半年ぶりとなる水曜日の出勤。目的は毎年この時期恒例の待機だったのだけど、午後10時まで掛かった昨年と異なり、今年は例年通り午後7時に解除。


20/10/08(木)

昨日の代わりに今週は今日がテレワーク。昨日まで忙しかったので、買い物も雨が降る今日になってから、傘を差して出掛ける。


20/10/09(金)

台風の影響で朝からずっと雨が降っていて、結構肌寒かったので午後は上着を羽織る。そして家の中でもフローリングが冷たく感じるようになったので、スリッパを履く。台風の速度が上がったようで、風雨が強まるのは夜のうちになるみたい。


20/10/10(土)

午前中は雨が残るような予報だったけど、ちょうど出掛ける頃に止んでいたので助かった。今日の献血を予約していたので、一時はどうなるかと思ったけど実質影響はなかった。台風直撃だとさすがに献血ルームも休むみたいだけど、阪急が動く程度の大雨だとどうしようかなと思うところだった。ということで今日は梅田で137回目の献血。そろそろ回数制限のことも考えた方がいいかなと、血漿で予約してみたのだけど、検査結果で血漿か血小板にするということになって、結局血小板になった。最後の返血の途中で機械にエラーが出て復旧せず、その時点で終了となったけど、血小板は規定量採取した後だったから問題なし。返血が完了しないと全血と同じことになってしまうため、次回の献血までの期間が長くなるところだったが、機械を開けたらほぼ残っていなかったとのこと。

献血の後はいつものようにロンティーと散髪〜のつもりが、昼食の後うっかり阪神の前まで戻ってしまったので引き返す。梅田界隈に同じチェーン店は他にもあるのだけど、堂島はビジネス街なので週末でも比較的空いているのである。前回の散髪から4週間が経過していたのだけど、前髪は伸びていないので毛先を揃えるだけと言われてしまった。毎回長さ指定は同じなので、前回が短めにカットされていたということなのかな。散髪の後もいつものように、輸入食品店に寄ってから池田に戻り、駅前のスーパーで買い物してから帰宅。忘れないうちにと米2kgを買ってしまったので、牛乳は500mlにしておく。


20/10/11(日)

クレジットカードの情報が流出している可能性があるとのことで、カード差替の案内が来ていたのだけど、なんだかんだで暫く放置していた。ようやく重い腰を上げて手続き書類を記入しようと案内を確認してみたら、Webでも手続き可能だったので即座に完了。以前メインカードで同様の差替をした際は、予約時のマイレージクラブ番号が使えなくなるため、一旦別のカードの番号に移す手続きを国内線・国際線・ツアーの各デスクに連絡し、その後再び元のカードの番号(変更後)に戻す手続きも必要で、なかなか大変だった。でも今回はメインのカードじゃないので、そういった手続きは不要なのだけど、クレジットカードの番号が変わるとマイレージクラブの番号が変わり、そうすると自動的にマイレージクラブの親番号が更新されてしまうのかな。

昨日、梅田で買った乾燥ポルチーニを使って、今回もパスタソースを作る。そのうち、普通のミートソースじゃ物足りなく感じたりするのだろうか。とりあえず水分を飛ばすのが結構大変なので、ポルチーニを戻す水は少なめにした方がいいのかな。パスタの方もタリアテッレが恒例になっている。こちらは既にスパゲッティやペンネでは物足りなくなっている。やっぱりミートソースには太いパスタじゃないとね。


20/10/12(月)

今夜のワインはどれにしようかと迷ったけど、十勝ワインの「アムレンシス」2014年を開ける。調べてみたら2017年に初めて飲んだ時のビンテージも2014年だった。既に何回か飲んでいるけれど、毎年生産しているものではないみたいで、時間を開けて買う度に徐々に熟成を追っていることになったいたんだね。


20/10/13(火)

今日は初めてのウェビナー配信。事前に複数回練習して、疑問点は一通り解決していたので、本番も滞りなく終了。新たな注意点も見付かったので、それは次回以降に反映させることにしよう。


20/10/14(水)

今夜のワインは熊本ワインの菊鹿カベルネ・クレーレ。クレーレとはボルドー地方で比較的色が濃いロゼのことを指すらしい。英語でボルドーの赤のことを"claret(クラレット)"と呼ぶのは、昔ボルドーのワインの色が淡かったことに由来するのだけど、その元となったフランス語が"clairet(クレーレ)"になるのだとか。


20/10/15(木)

国際線は来年1月12日までが、全路線手数料免除の対象に。これで最後に1つ残っている12月の予約も対象になったのだけど、額が小さくないのでいつ払い戻すか検討しないと。


20/10/16(金)

出掛ける前に、年明けの国内線をキャンセル。2ヶ月以上前でも2区間で880円の手数料が掛かることを覚悟していたのだけど、スケジュール変更があったみたいで免除された。代わりに同時期に別方面の国内線予約を入れた後、年末の国際線もキャンセル。これで変更不可運賃の予約がゼロになると同時に、十数年ぶりに国際線の予約もゼロとなった。

ルバーブワッフル 朝早く空港入りして、B737-800に搭乗。飛行時間が短めだったので、朝食のサンドイッチに合わせてスパークリングワインを注文した後は、ホットコーヒーだけにしておく。定刻通りに福岡空港に到着し、地下鉄で博多駅に移動。券売機で「九州新幹線2枚きっぷ」を購入して、「つばめ」に乗車。各停なので「さくら」よりも時間が掛かるけれど、その分車内は空いている。終点の熊本で下車して、市電で通町筋に出る。ロッカーに荷物を預けた後は、いつもの「コッツウォルズ・ティールーム」で季節限定のルバーブワッフルを昼食代わりに。

熊本城特別公開 「くまモンスクエア」で午後のステージの申込みをしてから、熊本城公園まで歩く。城彩苑でチケットを購入した後は、熊本城南口へ。10月から特別公開第2弾が始まっていて、最初に仮設階段を登ると高架通路に出て、数寄屋丸二階御広間を見ながら天守閣の南側を回り込む。将来的にこの通路は撤去されるのなら、この景色は特別公開中だけということになるのか。本丸御殿の下を潜ると天守閣のすぐ東に出るが、これは特別公開第1弾として以前来た場所と同じ。現在でも日祝日のみ「北ルート」として公開されている。天守閣の内部は来春公開予定なのだとか。城を出た後もまだ少し時間があったので、公園内の熊本県立美術館にも立ち寄る。平日だから空いていることを期待したのだけど、ちょうど小中学生の団体とかち合ってしまった。時間を気にしながら少々足早の見学となったけど、明後日まで公開中の国宝「金銀錯狩猟文鏡」(通称“細川ミラー”)を見ることが出来た。

くまモンスクエア 「くまモンスクエア」に戻ってホワイトボードを確認したら自分の番号があったので、指定時間まで待ってから入館。感染症対策のため観覧人数を絞っていて、座席も距離を取って配置。いつものように左側後方に座って出番を待つ。登場した営業部長(兼しあわせ部長)は相変わらずのテンションで、冒頭で感染症対策の注意喚起をした後は、「くまモンのえかきうた」。普段は足の長さにこだわるところだけど、今回は“食欲の秋”をテーマに食べ物を描き込んでいたため、そちらまで気が回らなかったようである。2曲目の「かモン!くまモン!」は10周年記念の新曲で、これまでにライブ配信で何度も見ているけれど、生で見るのは勿論これが初めて。ステージ終了後は、カレンダー等を買ってからロッカーの荷物を取り出し、近くの宿にチェックイン。

小雨の降る中夜はいつものワインバーに行って、菊鹿シャルドネ「せせらぎ」とニンジンのラペ、チリのロゼとキッシュ・ロレーヌ、カリフォルニアのピノ、そしてソーテルヌ。久しぶりだったせいもあって、ちょっと飲み過ぎたかな。


20/10/17(土)

くまモンスクエア 「くまモンスクエア」のステージは、昨日あっさり見ることが出来たので、天気が良ければ今日は遠出しようかなと思っていたのだけど、午前中は雨が残っていたので再び「くまモンスクエア」へ。今日から観覧人数を増やしているせいか、今回も中に入ることが出来た。昨日聞いていた通り週末は特別衣装〜ということで、ハロウィンバージョン“トリッくま・オア・トリート”で登場。ただし動いているうちに衣装はすぐに脱げてしまって、手にしたステッキも先端のカボチャが途中で吹っ飛んでいた。1曲目は「くまモンタッチ」との二択で観客の要望が多かった「ハッピーくまモン」。そして2曲目は今や定番となった「かモン!くまモン!」。

9600形蒸気機関車 午後は天気が回復して青空が見え始めていたので、コンビニで軽食を調達してから熊本城公園に向かう。今日は北東側の急坂(棒庵坂)を登って監物台(けんもつだい)樹木園を訪れる。こぢんまりとした樹木園で花は少なめだけど、ランタナやダリアが咲いていたし、サンシュユの実も赤く色付いていた。ジャカランダの木もあったけど、6月には咲いているのかな(=6月には確認に来ないと!?)。続いて熊本市立博物館に行こうとしたら、途中の案内標識が分かり辛かったため、間違って美術館の前に出てしまったが、北側の城門(二の丸城門跡)を経由するのが正しいルートだった。博物館の向かいにある細川刑部邸(震災後は休館)は一度訪れていたが、博物館の方は初めてのはず。1階は歴史で2階は自然科学の展示。そして屋外には9600形蒸気機関車が静態保存されていた。

熊本市動植物園 ここから繁華街まで歩くとかなりの距離になるが、市電の上熊本線の杉塘(すぎども)電停が近くにあったので、B系統に乗車。そのまま通町筋を通り越して、終点の2つ手前の動植物園入口で下車。昨夏は炎天下で電停からの道のりが長く感じられたが、今日は秋の晴天なので歩きやすい。今回は正門前を通過して、植物園側の西門に回る。入口花壇や温室内の花を見て回ってから、花畑に行くとコスモスが見頃だった。前回は盛夏で花が殆ど見られなかった屋外にも、芙蓉や秋バラ、ホトトギスなどが咲いている。帰り際に念のため入口の開花情報を再確認すると、クコを見落としていたので「秋冬花木園」まで引き返したが、そこにあることを知らなければ気付かないくらいひっそりと咲いていた。

さすがに歩き疲れたので、中心部に戻って早めの夕食を取った後は、さっさと宿に引き上げて早めの就寝。


20/10/18(日)

くまモン石像 宿を遅めにチェックアウトして、近くにある駐車場に設置されたくまモンの石像を見てから、市電で熊本駅に向かう。構内で駅弁を買おうとしたら、コンビニでの販売になっていたので驚く。帰りも空いている列車狙いということで、熊本始発の「つばめ」に乗車し、発車してから「天草大王 地鶏めし」を食べる。博多到着後はロッカーに荷物を預けてから、地下鉄の1日乗車券を購入。空港線の天神で下車して、地下街を歩いて天神南から七隈線に乗車。3つ目の薬院大通に「動植物園口」の副駅名があるけれど、今日は植物園に直行するので1つ先の桜坂が最寄りとなる。地上に出て急坂を登って歩き続け、やっと看板が見えたと思ったら入り口はその奥だった。

福岡市植物園 入口広場ではコスモスが見頃だったけど、動物園と続いているからか人がかなり多かったので、少しだけ撮影してから園内を移動。坂を下って野草園の側に来ると、ひっそりとしていたので、トウワタ、ダルマギク、アワコガネギクなど秋の花を見て回る。「モデル庭園」を経由して花木園から丘の上の花壇に行く途中で、ジャカランダの木を見掛ける。ここでも6月には咲いているのだろうか。青空の下、色とりどりの花が咲いている花壇を抜け、温室に入ると中は10もの区画に分かれていて、かなり見応えがある。球根ベゴニアやブーゲンビリア、各種のランやオオオニバスも咲いていたけど、そういえばオオオニバスの花を見るのはこれが初めてだったっけ。「ハス」という名前が付いていても、実はスイレンの仲間。温室を出てバラ園、ハーブ園を見てから展望台に登った後は、水生植物園を経由して入口に戻る。動物園とは中で繋がっていて同一料金なのだけど、一応別施設扱いとなっていて、植物園だけでもかなり施設が充実している。確か動物園は前回来た時に行ったはずだから〜と思っていたら、十年前の記録を見て、前回も植物園だけだったことを後から知る。そしてジャカランダの開花もその際に確認していた。

ジェットスター機材 駅に戻る途中に長い階段があって、展望台があるというので登ってみたら、階段の先が動植物園の駐車場になっていて、そこからさらに展望台の階段を登ることになる。それでも苦労した甲斐があって、一番上からは福岡市街地の先に志賀島がはっきりと確認出来た。麓に降りて坂を下り、桜坂から天神南に戻る。当初はアクロス福岡に行って、久しぶりに階段庭園を散策するつもりだったのだけど、さすがに歩き疲れたのでパスして、三越の「フォートナム・メイソン」で紅茶を買ってから空港線に乗り、博多駅のロッカーの荷物を取り出してから空港入り。早めに着いたので展望デッキからスターフライヤーやジェットスターなど、普段見られない機体を眺めてから、保安検査を経て登場待合室へ。帰りの機内食は和食だったので白ワインを注文。到着機の遅れにより福岡出発が7分遅れたけど、伊丹到着は2分遅れだったので大体予定通りに帰宅。


20/10/19(月)

昨夜は荷物が多かったので(主にくまモンスクエアでの買い物)、スーパーには寄らずコンビニで済ませたため、今日と明日の昼食はレトルトのパスタソースを使うことにしたのだけど、さすがに昼休みにパスタを茹でている時間はないので、朝起きてすぐに湯を沸かす。

夕方は留守中に不在配達になっていた再発行クレジットカードを、郵便局に取りに行く。ネットで確認したところ、マイレージクラブの主番号は変わっていなかった。確か前回の同様のケースでは変わっていたはずなのだけど、記憶違いだったのだろうか。


20/10/20(火)

先日新千歳空港で購入した、季節限定のイチゴ味の「美冬」を食べる。イチゴというと春というイメージなのだけど、調べてみたら北海道のイチゴ狩りシーズンは6〜7月になるらしい。


20/10/21(水)

今夜のワインは鶴沼収穫ヴァイスブルグンダーの2016年。ドイツ語のWeiß(ヴァイス)は白で、Burgund(ブルグント)はブルゴーニュのこと。なのでWeißburgunder (ヴァイスブルグンダー)はピノ・ブランのことになる。多分ピノがブルゴーニュの代表品種だからなのだろう。ピノノワールの方はドイツ語で、Spätburgunde, Blauburgunder, Schwarzburgunderと様々な呼び方があるらしい。因みに英語でもブルゴーニュはBurgundy(バーガンディー)と、フランス語のBourgogneとはかなり違った音に聞こえる。


20/10/22(木)

2台残っている小型セラーのうち、片方が殆ど冷えていないことに気付く。ペルチェ式は寿命が十年くらいと聞いていたけど、まだ十年経っていない。とりあえず大きめのセラーからすぐ飲む用ワインを外に出して、保存用ワインを格納。これからの季節は、部屋の中が過酷な環境ではないのが幸い。そのうち小型セラー2台を大きめのセラーで置き換えるつもりだったけど、前に置き換えてからまだ4ヶ月しか経っていない。最近は容量に余裕が出来たため、在庫を全然消費していなかったので、これを機に少しは飲んだ方がいいのかな。


20/10/23(金)

今日の午前中はマスクを上下反対に着けていたことに途中で気付く。幸い表裏は間違えていなかったので、そのまま何事もなかったかのように上下をひっくり返しておく。


«前月 最新 翌月»