MD Diary

  Home Railway Miyuki Board Gallery Diary Blog
«前月 最新 翌月»

20/12/01(火)

いよいよ12月になったことだし、今日からダウンジャケットを着用。去年よりも朝家を出るのが早くなっていて、その分冷え込むことになるからね。

宅配便の不在配達通知が入っていたので、いつものようにロッカーを操作したら荷物がないとのこと。え?と思って通知を確認したら、不在配達を伝えるだけでその後のことが記載されていない。慌ててネットで配達状況を確認したら、まだ“配達中”となっていたということは、夜のうちにもう一度配達に来るということなのかなと思っていたら、やっぱりその通りだった。既に今日のマスクを外した後だったので、玄関前への置き配を依頼。


20/12/02(水)

間際に注文したので、届くのが遅くなると思っていた新譜「ここにいるよ」が、発売当日に到着。といっても年初にiMacを買い換えたため、CDの方は光学ディスクドライブを開梱して接続しないと再生出来ないということで、とりあえず特典DVD「Nobody is Right(ライブ)」だけ鑑賞。映像だったらテレビで再生可能なので。


20/12/03(木)

4月の巣篭もり以来、すっかり夕食にワインを飲むのが習慣になっている。それでもなんとか週に1〜2日は飲まない日を作るようにしていたのだけど、今週は体調を優先するために3日連続で飲むのを止めている。適量+αに留めていても、夜中や明け方に目が覚めてしまって、そのまま暫く寝付けなくなることもあるからね。


20/12/04(金)

今週2度目の大阪市内への外勤で、ウェビナー配信の本番。行きは朝のラッシュが終わりかけたところで、帰りは夕方のラッシュが始まる前だったので、それ程混んでいなかった。それでもなるべく空いている列車を選んで、端の方の車両に乗って、なおかつ梅田を迂回。なにはともあれ、スタジオからの配信は無事終了したので、今週の&今月の&今年の山場が終了。

用務先の近くに「熊本よかもんSHOP」があったので、ちょっと覗いてみる。冷凍いきなり団子も売っていたのだけど、さすがに保冷パックは持ち歩いてないので断念。今日食べる分くらいなら、常温で持って帰っても問題なかったのかもしれないけれど。


20/12/05(土)

やっぱりこの状況なので、来週の旅行を中止。それに伴い、旅行先で購入する予定だった紅茶を通販で注文。大阪では販売していないので、最近は仙台や福岡に行った時に買っていたのである。以前利用していた京都や東京の店は当分行けそうにないし。


20/12/06(日)

春の巣籠もり以来、備蓄食料が増えて備蓄食料が増えているので、時々賞味期限に迫られて消費することになる。と言うわけで昨夜はボンカレーを食べて、今日はカールのチーズ味。そして次に期限を迎えるのは、レトルトのクリームシチュー。


20/12/07(月)

何度か作るうちにようやく間違えずに言えるようになった、「ツュールヒャー・ゲシュネッツェルテス(Zürcher Geschnetzeltes)」だけど、ネットでは“ゲシュニッツェルテス”という誤記も複数見られるのは、恐らく有名な別の料理「シュニッツェル(Schnitzel)」に引きずられているのだろう。それと「ツュールヒャー」だと「チューリッヒ」の派生語だと分かりづらいためか、「チューリッヒャー」と本来はないはずの"i"を含む表記も多いようである。


20/12/08(火)

今月の旅行をキャンセルしたので、例年この時期に空港売店で買っていたカレンダーを通販で注文。送料が700円以上掛かるけど、伊丹空港に往復する交通費相当だったりする。会員特典として希望すれば代金・送料なしで貰えるカレンダーなのだけど、一緒に送られて来る手帳は使わないので、辞退したら500マイル貰えるようになって以来、あえてカレンダー単品を毎年購入しているのである。


20/12/09(水)

今夜のワインは岩の原葡萄園の「善兵衛生誕百五十年」。二年前に現地で購入したもので、“長熟向”というのでしっかりめのボディーなのかと思ったら、マスカット・ベーリーAらしい香りと味わいだった。因みに岩の原葡萄園の創始者である川上善兵衛は日本のワイン葡萄の父と呼ばれ、マスカット・ベーリーAやブラック・クイーンなど、数々の品種を生み出している。


20/12/10(木)

昨日開けたワインが思ったより軽めだったので、料理に合わせて今夜はワインを変更して「羆の晩酌」の2018年を開ける。これでセラーの外に出ているのは12本になったけれど、年末年始に向けてもう少し買い足すべきか思案中。


20/12/11(金)

旅行を取りやめたため今日は休む必要がなかったのだけど、すっかり休むつもりになっていたので年休だけは予定通りに取得。

iCloud Driveのファイルを編集した後、他の端末からアクセスしてもなかなか反映されないことが多い。以前はそれに気付かずに編集して、ファイルが分岐してしまったこともある。ネット検索すると、意図的に更新させる方法も幾つかあるみたいだけど、手順が面倒だったり特定条件でしか有効でなかったりだな〜と思っていたら、“新しい端末で別のファイルを編集して保存”という技を知る。これが一番手っ取り早いのかな。


20/12/12(土)

今夜は予定を変更して、チキンとインゲンのトマト煮を作る。先日開けたワインが思ったより軽めだったので、料理の方もそれに合わせたのである。


20/12/13(日)

長らく滞っていた写真の整理がようやく完了。9月からの3ヶ月分で、残したのは約700枚となった。主に旅行の写真になるのだけど、今となっては国内旅行をしていた頃さえ、遠い昔のことに思えてしまう。


20/12/14(月)

今日から急に寒くなるということで、手袋も出動(ついでにズボン下も)。日の出が遅くなっているので、朝出る時はまだ暗かった。居室に暖房が入るようになったおかげで、昼間はそれなりに暖かくなったけど、朝夕はエアコンが動かないみたいで、やっぱり重装備が必要。


20/12/15(火)

年休強化週間(?)ということで、とりあえず今日から3連休。今からだと繰り越せない年休を全て消化するのは不可能でも、休める分は休んでおきたかったのである。もう少し計画的に休んでおくべきだったと思っても、時既に遅しなのだけれど。


20/12/16(水)

シーズニングを使ったパエリアを作ってみたけれど、お手軽メニューだったせいか、味も色も薄めになった。前回ペーストを使ったらシーフードエキスの匂いが気になったので、シーズニングに変えてみたのだけど、作り方を工夫すればもう少しそれっぽくなるのかも。まだもう一回分あるので、次回に期待ということで。


20/12/17(木)

意識的に和食を作らなきゃシリーズとして、今夜は厚揚げの煮物。ほっとくとワインに合いそうな洋食ばかり作ってしまうからね。せっかくのヘルシー路線(?)なので、厚揚げは熱湯で油抜きしてから使用。成分表は「100gあたり」でも、内容量が枚数表記だったので、脂肪量を知るために家に帰って重さを測定。


20/12/18(金)

ギガホに代わる新プランに合わせて、「はじめてスマホプラン」というのも発表された。現在利用しているプランと比べると料金も安くて、5分以内の国内通話込みになっているのだけれど、どのみち既にスマホユーザとなってしまった今では、乗り換えは不可。せめて今後発表される後継プランが、もう少し安くなればいいのだけど。


20/12/19(土)

午前中は梅田に出て、139回目の献血。先月よりは人出も少なくなっている感じがする。血小板は既に年間上限に達したので、今回の成分は血漿一択。そしてこれが、今年最後の献血となる。いつもなら終了後は西梅田で食事していたのだけど、この状況だと外食は躊躇われるので、理髪店に直行。書店に寄った後、茶屋町の輸入食品店に行ったらレシュティがなかったので、もう一軒の店でいつもの食材を調達してから帰ろうとしたのだけど、さすがに空腹になっていたので駅構内のコンビニで軽食を調達し、人気の少ない場所を探して食べる。

池田に戻って、駅前のスーパーで買物してから帰宅。用事は一通り済んだので、午後はのんびり過ごそうと思っていたら、急にSafariでダウンロードした画像ファイルが“壊れているので開けない”というエラー。どうやらダウンロードしたファイルが一律に開けなくなっているようだったので、どういうことかと検索しようとしたら、ネットに繋がっていないとのエラー。慌てて他の端末で確認したら、ネットは問題なく繋がっているし、壊れているはずのファイルも普通に読める。念のためモデムを再起動したけど変化なし。ネットに繋がる端末で調べたところ、セキュリティソフトの不具合で起こる可能性があるようだったし、そういえば直前にセキュリティソフトや他の常駐ソフトのメッセージが出ていたので、それらを一旦アンインストールしようとしたら、どちらも受け付けない。PRAMをクリアしても改善しないので、仕方なくOSの再インストールを開始して一晩放置。


20/12/20(日)

朝起きたらOSの再インストールが完了していて、ダウンロードしたファイルも普通に開けるようになって、常駐ファイルもアンインストール出来たのだけど、相変わらずネットには繋がらない。でもOSが再インストール出来たということは、ネットには繋がっていたということだよね。となるとハードの問題ではないはずだけど〜といろいろ試しているうちに、セーフモードだとネットに繋がることが判明。セーフモードで起動すること自体が、不要なキャッシュを削除して事態の改善に繋がる場合もあるらしいのだけど、今回は再起動しても相変わらずネットには繋がらない。この状態でなんとかならないものかとサポートに電話し、指示に従って機能拡張を可能な限り外して再起動してみたけど、変化なし。こうなったらもう、諦めてクリーンインストールするしかないかな。

リカバリーモードで起動して、HDDの内容を消去して、改めてOSの再インストールを開始。その間に昨日買った材料を使って、3度目のパエリア作り。今回もソーセージにするつもりが、買い忘れていたので備蓄のツナ缶で代用。今度はシーズニングを事前に水に漬けておいて、水の量を減らして調味料を少し足したら、おこげも出来てだいぶそれっぽくなった。

OSの再インストールの方は、ダウンロード中に失敗すること2回。それも開始してから数時間後にエラーが出るから困りものである。やっぱりWi-Fiで繋いでいるからかなと、イーサケーブルを引っ張り出してモデムと直接繋いでみたけど、認識せずにWi-Fiを探してしまう。それなら再起動が必要なのかなと深く考えずに再起動してしまったが、その時点でHDDにOSが残っていないことに気付く。一体どうなるのかと焦ったが、インターネットリカバリーが働いてOSの再インストールが始まる。ただし何故か、Big Surではなく一つ前のCatalinaに戻っている。そして今度も数時間後にインストール出来なかったというエラーが出て、もう一度試しても同じエラーになる。このままだと復旧出来ないのではと焦りつつも、OS情報が中途半端に残っているのが問題である可能性もあるので、再度インターネットリカバリーを掛けたりHDDの内容を消去したりして、改めてOSの再インストールを試みることに。


20/12/21(月)

夜中に目が覚めた時に様子を見て指令を出した結果、朝にはようやくCatalinaの再インストールが成功していて、ネットにも繋がることを確認。今日は年内最後の出勤日なので、まとまった作業は夕方まで出来ないけれど、昼休みの一時帰宅も利用して、移行アシスタントでTime Machineからのデータ復旧を仕掛けておく。

というわけで、カレンダーより1週間早く仕事納め。年休を5日使い残すことになるけれど、今年はこんな状況だから仕方がない。今日は木星と土星が最接近しているとのことだったので、帰宅時に空を見上げたところ、あまりにも近すぎたため一瞬、土星がどこにあるのか分からないくらいだった。そして夕食時のワインは、ニュージーランドのPetit Clos Sauvignon Blancの2017年。

Time Machineからのデータ復旧が終わった後、メールが移行できなかったとのメッセージ。アカウントを再設定したら新規メッセージは読める状態になったけど、過去メッセージを保存したメールボックスが復活出来ていない。Time Machineから手動での復元を試みたけど、過去分のファイルが選択出来なくなっている。さらにディスクが重複しているので新規のバックアップも取れないというエラーが出たので、デスクトップを見たらなんとHDDのアイコンが3つも並んでいる。リカバリーモードに入って確認したところ、使っていないディスク領域が2つ出来ていて、そのうち1つは不可視領域と同じ名前だったので、えいやで消してみたら新規バックアップの方は出来るようになったので、そのまま一晩放置。


20/12/22(火)

バックアップは完了していたけれど、相変わらずメールの復元は受け付けない。試しにファインダからTime Machineに入ったら、過去のフォルダは選択可能。また、iCloudのうち、カレンダーだけが同期出来ていなくて、こちらもTime Machineに入ろうとしたら、強制的にファインダに変わってしまう。復旧したようにみえて、何か根本的なところでおかしくなっていたら困るので、再度サポートに電話して状況を伝えたところ、Big Sur環境のデータを一つ前のCatalina環境で呼び出したことに起因する可能性ありとのこと。段階を踏んで復旧しようとして、ややこしそうなOSのアップグレードを後回しにしたのがまずかったのか。とにもかくにもBig Surにアップグレードして。念のためネットに繋がることを確認してから、Time Machineから土曜日早朝時点の全データを呼び出して置き換え。今度はメールもカレンダーも復旧し、主だったソフトウェアも前の環境と同様に動作することを確認。もちろんネットも繋がっている。ほぼ復旧出来たということで一安心して、バックアップが始まったところで一晩放置。


20/12/23(水)

最後に恐る恐るセキュリティーソフトを再設定して、ネットも問題なく繋がっていることを確認出来たので、これでようやく完了かと思ったら、HDD直下にあるはずの「ユーザ」フォルダが、何故か「システム」の奥の不可視領域に入っているし、デスクトップにファイルを保存したら不可視になっている。また一からやり直しになるのかと焦ったが、再起動して念のためPRAMもクリアしたら、何事もなく元に戻っていて、さらに再起動しても問題なし。その後も細かな設定を幾つかやり直したり、不可視領域にあった「Favorites」の中身を救出したりすることになったけど、3日半がかりでようやく完全復旧。

十数年ぶりにスポンジケーキを作ろうと、全卵を泡立てて他の材料と混ぜ、型に流し込もうとしたところでケーキ型がないことに気付く。そういえば引越の際、錆びているからと処分したまま、買い直していないのだったっけ。慌てて駅前のスーパーに買いに行ったけど、さすがに30分もロスしてしまったら、泡が消えてもおかしくはない。明らかに体積も減っているので、オーブンに入れてもやっぱりあまり膨らまなかった。そこで“失敗作の利用法”として教本に載っていたトライフルを作ることにする。これなら用意していた生クリームとイチゴもそのまま使えるのである。シロップ漬けにして他の材料と混ぜれば、少々の失敗も全く気にならないはず〜ということで冷蔵庫に入れて夜のデザートにしたら、期待以上に美味しかった。


20/12/24(木)

午前中は、隣駅のスーパーに買い物に行ったついでに、昨日発売になった本を書店で探したら、2軒目でようやく見付かる。探す手間とレジに並ぶ手間を考えたら、たった一冊でも通販の方が手っ取り早かったかも。わずか一駅の往復だったけど、年内の公共交通の利用はこれで終了となる予定。そして忘れないうちに、来月の旅行2件を取り消しておく。1件目は元日の日帰りで、飛行機を半年後に予約変更。2件目は連休で、宿をキャンセルして飛行機をオープン予約に。

今夜はPaul Déthune Brut(ACシャンパーニュ)と熊本ワインの「菊鹿メルロ樽塾生」の2018年の両方を開ける。昨日、熊本ワインの「マスカットベーリーA樽熟成」を開けたばかりだけど、やっぱり料理に合わせてワインも変えないとね。

中学のキャンプで“ローゼンフラフン”という歌を教わり、当時は確かドイツ語だと聞いたはずなのだけど、その後ドイツ語を習っても意味不明な歌詞だった。ふと思い出して調べてみたら、実はデンマーク語だったことが判明。正しくは“ローセンフラフュン(Rosen fra Fyn)”で、英語に直訳すると"The rose from Fyn"になるが、フュンとはコペンハーゲンがあるシェラン島とユトランド半島の間にある島のこと。中心都市のオーデンセはアンデルセンの出身地で、16年前に訪れている。


20/12/25(金)

そろそろ年越し準備開始ということで、備蓄食料を作って冷凍。前回よりもオーブンの温度を下げたら、縮み方はだいぶましになったけど、まだ温度が高すぎるのかな。

子供の頃からよく耳にするクラシック曲の題名がずっと分からなかったのだけど、階名を並べて検索してみたら「ボッケリーニのメヌエット」であることがようやく判明。歌詞の検索に比べるとメロディーから調べるのは大変だけど、有名曲なのでなんとかなったようである。なお、イタリアやフランスでは「ドレミ」は音名(固定ド)に使われ、階名(移動ド)には数字譜が使われる一方、英語圏では「ドレミ」は階名に使われ、音名はアルファベットを用いるとのこと。「ドレミ」を音名と階名の両方に用いるのは日本くらいなのだとか。


20/12/26(土)

前から吹き出し口の汚れが気になっていたので、同型エアコン2台の掃除。最近のエアコンは、フィルター清掃機能や内部洗浄機能が付いているからといって、全く手入れが要らない訳ではないんだよね。外せる部品は全て外して掃除し、フィルターを水洗いして乾燥。残る1台は明日に回そうかと思っていたのだけど、マニュアルがすぐに見つかったので続けて清掃。こちらはユーザが触れられる範囲は少ないものの、部品を1時間水に漬けた後、1日乾かすことになっていたため、組み立ては明日に回すことに。

夜は中止になったくまモン誕生祭の代替イベントであるデビュー10周年記念オンラインステージ「くまモンのサンくまステージ〜ボクからのむぎゅカプッ☆×10年分〜」が配信される。リアルタイムではないものの、誕生祭恒例の「くまモン体操・初音ミクバージョン」他、ダンスや太鼓、書道のパフォーマンスも。しかも明日、続編があるらしい。

佐藤さくら「願いの桜(千蔵呪物目録2)」読了

20/12/27(日)

今日は買物と料理に加え、ガスレンジや水回りの掃除。そして3台目のエアコンのメンテも完了。明日が年内最後のゴミ回収なので、生肉を使うのも年内は今日まで。

今夜は昨日の続きということで、「くまモン・ファッション・コレクション」が配信される。以前の誕生祭で見たことがあるものや、写真でしか見たことがないものなど、数々の衣装を披露。それでも膨大なコレクションの一部に過ぎないんだよね。


20/12/28(月)

「マリアージュ 神の雫 最終章」の最終巻(26)を読了。「神の雫」本編の連載開始から16年ということだが、調べてみると読み始めたのが2009年3月だったから、追い掛ける方は11年がかりだったことになる。当時梅田にあった輸入食品店のワインカウンター"Le Baron de Brane"を飲んで、余韻の長さに驚いたのも、同じ2009年3月。ちょうど意識的にワインを飲み始めた頃だったんだね。百貨店でボルドーやブルゴーニュ専用グラスの実物を見て、その大きさに驚いていたのもちょうどこの頃。


20/12/29(火)

昨年撮りためた「シルクロード」を今頃観始める。テーマ曲に聴き覚えがあっても、番組自体は観ていなかったので、今回が初めてとなる。画面に映るのは四十年前の中国で、道路には車より自転車が多く、そしてほとんどの人が人民服を着ている。当時の西安の鐘楼の周辺は一部を除いて平屋の建物ばかりだったが、今の街並みはどうなっているのだろうと調べてみたら、高層ビルではなく5階建ぐらいのビルが並んでいる。さすがに古都の中心だと、京都みたいに高さ制限があるのかな。


20/12/30(水)

直前に雨が上がったので、予定通り買い物に出かける。急に必要な物が出てこない限り年内最後。年越モードで売場の配置が若干変わっていた上に、普段買わない物を探したので思ったより時間を要する。午後は昨年末に購入した補修剤を使って、壁紙のピン跡を埋める。さすがにエアコンの跡は隠しきれないものの、以前よりはだいぶ目立たなくなった。


20/12/31(木)

昨夜は雪の予報だったので、朝起きて窓の外を見てみると、家々の屋根がうっすらと白くなっていて、雪もまだ少し舞っている。

年越準備の締めくくりとして、今日は料理三昧。午前中は栗きんとんで、砂糖は分量よりずっと少なくしたのだけど、それでもかなり甘くなった。昼からは巻き寿司作り。初めてのことで巻くのに苦労したけど、寿司飯の量はもう少し多い方がよかったのかな。そして夕方は、ねじりこんにゃくを炒めつつ、年越そばの準備。家に丼鉢というものがなかったので、一玉を二分割して“替え玉”で対応。


«前月 最新 翌月»