MD Diary

  Home Railway Miyuki Board Gallery Diary Blog
«前月 最新 翌月»

21/06/01(火)

隣駅よりも遠くに行っていない4月に続いて、最寄駅よりも遠くに行っていない5月が終わったけど、さて6月はどうなることやら。

昨日通販で注文した品が、早速今日のうちに到着。大阪からの発送ならまだしも、新潟からでもそんなに早く届くとは。


21/06/02(水)

くまモンおすすめの熊本県産品から厳選「Pasco 熊本県プロジェクト」第二弾のうち、「パンケーキオムレット カスタード&ホイップクリーム」を入手。駅前のスーパーでは第一弾と同様、第二弾も2種類のうち片方しか置いていない模様。


21/06/03(木)

「グリさらパン」の2回目は、チキンとズッキーニとパプリカのグリル。加熱時間は長めの12分で大丈夫だったみたい。味はもう少し濃くしてもいいかな。


21/06/04(金)

通販で届いたフライパンを開梱。今まで使っていたフライパンが傷んできたので、買い換えるのを機に深型にしてみる。並べて比較すると1cm程度深くなっていて、底面積が若干小さくなっているが、同じ蓋を流用して食洗機に収まるよう、外径だけは変わっていない。これでパエリアを作る時、水が噴きこぼれなければいいのだけど。


21/06/05(土)

隣駅まで行ってスーパー2軒、最寄り駅に戻って銀行2軒とスーパー2軒を巡る。帰宅するとさすがに疲れを感じたけれど、頑張って昼食の準備。新しいフライパンは、大は小を兼ねるということで、深すぎて困るということはなかった。また、前のフライパンと比べると重心が本体側にあるので、具材が少ない時でも安定しているいのがいい。

今夜のワインは南アフリカのLa Motte Sauvignon Blancの2020年で、5月の福袋5本のうちの最後。シャルドネはクリームソース、ソーヴィニョン・ブランはオイルソースが合うということだったので、オイルサーディンとホウレン草のパスタを作る。


21/06/06(日)

昨日入手した「Pasco 熊本県プロジェクト」の第一弾「厚切りフレンチ」のメープル版を食べる。駅前のスーパーではいつ探しても通常版しか見付からなかったけど、隣駅の輸入食品系スーパーに行ったついでに、大きめのスーパーにも行ってみたら、これだけが売り場に並んでいたである。


21/06/07(月)

そして今日は、「Pasco 熊本県プロジェクト」の第二弾「いちごジャム&ミルクホイップ」を食べる。こちらは一昨日、駅前の2軒目のスーパーで購入。隣駅を含め3軒のスーパーを回って、ようやく4種類全て入手することが出来たのである。


21/06/08(火)

今年は早々と梅雨入りして、最初の1週間は毎日降っていたものの、その後は大雨が2日と僅かな雨が1日のみ。そして今日から3日連続で真夏日の予報だけど、今週末からは傘マークが続いている。

今夜は熊本ワインの「巨峰のしずく」を開ける。いわゆるデザートワインに相当する極甘口なので、飲むのは少しずつ。


21/06/09(水)

まだ室内は夏ほど暑くなっていないとはいえ、そろそろチョコレート菓子が柔らかくなり始めているので、早めに冷蔵庫に移動。

例年の今頃は九州(主に宮崎)にジャカランダを見に行っていて、去年はその代わりにと大阪市内のジャカランダを見に行ったけど、今年はそれさえも無理だった。5年前はわざわざ南半球のシドニーにまで見に行っただなんて、今から思うと信じられないくらいである。


21/06/10(木)

部屋の中の湿度が低いので、エアコンをつける程ではないのだけど、昼食後とか一時的に暑くなるので、団扇を引っ張り出す。すぐ出て来るところにあってよかった。

Diegoはヤコブに相当するスペイン語の名前だけど、本来"Sant Iago"であるはずのSantiago(聖ヤコブ)が"San Tiago"と解されたことに由来するのだとか(言語学では異分析という)。なお、ラテン語のJacobusは音変化によりJacomusになったが、それぞれが英語のJacobとJamesに対応している。そしてスペイン語でも、後者に由来するJaime(ハイメ)という名前があるらしい。ジェイコブとジェイムズならまだしも、ディエゴとハイメが同じ聖人に由来しているというのは、さすがにちょっと難しい。


21/06/11(金)

昨日、腰に微妙に痛みを感じるようになったので、椅子に座る時にクッションを使ったり、姿勢に気をつけたりしていたら、無事におさまった模様。巣篭もり続きで運動不足なのだけは確かだからね。そして偶然だけど今日、沖縄に「やーぐまい(家篭もり)」という言葉があることを知る。

庵野ゆき「幻影の戰」読了

21/06/12(土)

今日と明日は「やーぐまい(家篭もり)」するつもりだったのだけど、昨日買い忘れた物があった上、昨日買った玉ネギが傷んでいたので、今日も買物に出掛けることになる。折角なのでついでに米やシリアルも買っておく。

今夜のワインはチリのPurple Angel by Montesの2018年。さすがにちょっと若すぎたかな。品種はカルメネール主体で、グラスはシラー用を選択。カルメネールは元々ボルドーで栽培されていた品種だったが、現在では主にチリで栽培されているのだとか。


21/06/13(日)

スペイン語はフランス語に比べると接続法を多用する感じだけど、イタリア語はその間くらいになるのかな。といっても、イタリア語しか接続法を使わない場合もあるらしく、実際はかなり複雑なのだろうけど。ドイツ語に至っては、接続法を間接話法で用いて(肯定・否定を問わず)、時制の一致は行わないというロマンス諸語にはないルールもあるし。

週間予報ではこの週末から梅雨が本格化するような感じだったのだけど、結局今朝まとまって降ったくらいで、最新の予報だと傘マークが続くのは次の金曜日以降になっている〜と思っていたら夜中に雷雨。


21/06/14(月)

フランス語の前置詞chez(〜のところに、〜の家で)は、casa(家)が語源だったということを知って驚く。「箱」を意味する名詞caseとは二重語の関係にあるらしい。そして「場合」を意味する名詞casは別語源なのだとか。

夜中に少し降るみたいな予報が出ているなと思ったら、実際は少しどころではない雷雨だった。


21/06/15(火)

「ん」の音を「撥音」というのは、発音が撥ねているからではなく、「ん」や「ン」の文字の形が撥ねているかららしい。一方「っ」が「促音」なのは、音がつまっているからということだが、調べてみると「促」には“うながす”の他、“間をつめる”という意味があるらしい。そして「ゃ」「ゅ」「ょ」は「拗音」で“ねじれた音”のことらしいが、硬口蓋化をあえてそう表現しているのだろうか。なお現代語では使わない「くゎ」も拗音の一種らしい(こちらは円唇化)。

今夜のワインはカリフォルニアのジャクソン・エステートAvant Unoaked Chardonnay 2019年。オーク樽を使わず、シャルドネ本来の果実味を〜ということで、確かに果実味は感じるのだけど、シャルドネって品種の特徴がないとまで言われているので、なかなか難しい。言われてみればどことなく“シャルドネの風味”ではあるのだけど。


21/06/16(水)

AirPods Proの音が途切れるのは、iPhoneからではなくPCからリセットを掛ければいいという情報があったので、試してみたらかえって悪化し、もう一度試したら接続出来なくなり、さらにもう一度繰り返したら全く認識しなくなってしまった。iPhoneからも認識されず一時はどうなるかと焦ったけど、iPhoneから再ペアリングを行ったら、Macからも認識されるようになり、元通り接続も出来るようになったけど、途切れが解消されたかどうかはすぐに分からないし、もう疲れたので明日確認することにしよう。


21/06/17(木)

ボツワナで史上3番目となる巨大ダイヤモンドが発見されたとの報道があったが、史上最大の原石は今でも「カリナン(3106カラット)」で、そこからカットされたもののうち幾つか(「アフリカの星」など)はロンドン塔に展示されているのを二度見たことがある。この他大きなダイヤモンドとしては、ワシントンDCにある「ホープ」を見ているのだけど、しかと記憶にある訳ではない。またドレスデン城の「ドレスデン・グリーン」やルーブル美術館の「リージェント」も見ている可能性が高いのだけれど、今となっては覚えていない(^^;;;


21/06/18(金)

今日もまた接続が途切れてしまったので、OSの再インストールで、AirPods Proの問題が解決する可能性があるという情報を元に、MacBookのOSを再インストール。その後も僅かに雑音が入ったものの、今のところはまだ途切れていない。

今夜のワインはアルザスのゲヴェルツトラミネール。長くてちょっと覚えにくい品種名。グラスはソーヴィニョン・ブラン用を選択。非常に特徴のある品種で、フルーティーかつスパイシー。料理もスパイスが効いたものが合うらしいということで、ツナとホウレン草のオイルソースパスタに、チリパウダーを多めに入れてみる。


21/06/19(土)

結局、OSを再インストールしても、AirPods Proは途切れてしまう。改めてAirPods Proをリセットしたらさらに悪化して途切れまくり、もう一度リセットしたら元通りの途切れ具合に。このMacBookだけやたらとWiFiの接続が途切れるし、買い替えでもしない限りどうにもならないのだろうか...


21/06/20(日)

今日の昼は衝動買いした駅弁〜ということで「神戸のすきやきとステーキ弁当」。これだけ巣篭もりが続いていると、たまには違うものも食べたくなる。って、ちょっと牛肉率が高すぎたかな。


21/06/21(月)

本格的に雨続きになるのは今週末以降って、どんどん“梅雨本番”が先送りになっている。

「五神教シリーズ」の新刊(第4作)を読むにあたって、第3作「影の王国」の内容をすっかり忘れていたので再読了。第1作「チャリオンの影」と第2作「影の棲む城」は関連があっても、第3作は全く別の場所と登場人物(時代も違う?)だったので、必ずしも復習は必要なかったかもしれないけれど、第3作だけ全くと言っていいほど内容を覚えていなかったので。


21/06/22(火)

今日は特に降るという予報じゃなかったはずなのに、夕方から大雨が30分以上降り続く。でもレーダー情報によるとかなり局地的だったようで、ここから3km以上離れたアメダスでは降水量の記録はゼロになっていた。


21/06/23(水)

天気予報では急に今日の夕方も大雨になっていたけど、レーダー情報では降ったのは東の方だけで、結局この辺りは全く降らなかったようである。


21/06/24(木)

「ANA空港アクセスナビ」で京急と都内地下鉄の割引切符を発売開始とのことだけど、改めて調べてみると今では、「Tokyo Subway Ticket」の単品は羽田で発券出来ないようになっていて、地下鉄の主な駅に設置してある「旅行者向け券売機」しか対応していないらしい。もしその券売機が改札内だけなら一旦外に出ることになるけど、京急に接続している泉岳寺駅には設置されていない。となると券売機のある駅までの運賃が必要になるので、京急往復券とのセットで買わないと、地下鉄乗り放題のメリットは活かせないことになる。


21/06/25(金)

「くまモンスクエア」が2ヶ月ぶりに営業を再開し、ステージも開催するとのこと。5月の連休中の特別ステージは中止になったけど、7月に予定しているイベントは大丈夫そうかな。


21/06/26(土)

午前中は3ヶ月ぶりに梅田に出て献血。4月から何度も予約を先延ばししたけど、ようやく行くことが出来た。いつもより少し早く献血ルームに行ったら、今月から開場時間が20分遅くなっていた。予約をしているからずっとその場で待つ必要はないのだけど、このご時世だと他に行くところもないので、そのまま案内開始を待つ。終了後はこれまた3ヶ月ぶりの散髪を済ませた後、輸入食品系スーパーに寄ってから池田に戻る。昨春と違って理髪店はずっと営業していたけど、買物した店は先週まで平日しか開いていなかったので、久々の週末営業日ということになる。帰りに駅前のスーパーに寄ったら、有人レジの会計部分のみがセルフ化していたので驚く。


21/06/27(日)

今夜のワインは、Chevalier de Lanessan(ACオー・メドック)の2019年。なんでも格付けシャトーに囲まれたクリュ・ブルジョワであるChâteau Lenessanのセカンドラベルらしい。開けた直後だからか、若いメルロー独特の匂いが目立っていたので、30分放置では足りなかったかな。


21/06/28(月)

今日は十数年ぶりとなるババロア作り。あまりに久しぶりだったけど、無事に出来て一安心。スポンジケーキほど大変じゃないからと生クリームは手で攪拌したけど、ちょっとしんどかったので次はハンドミキサーを使おうかな。それにしても一人で食べるのなら、リング型を使わずガラス容器に小分けして作った方が、型から取り出したり切り分ける手間がなくて楽だということに後から気が付く。


21/06/29(火)

ようやく浄水器のカートリッジを交換。本来は1年のところ、今回も1年半になってしまった。一人暮らしだからあまり水を使わないといっても、この一年半は巣篭もりで使用量が確実に増えていたはず。次こそは早めに交換するようにしないと。それはそうと、交換したカートリッジは、今回も郵便局から返送すればいいんだよね〜と思っていたら、宅配業者が黒い猫に変わっていた。てことはコンビニに持ち込めばいいのかな。


21/06/30(水)

今日の夕方に少し雨が降ったようで、この後の予報も一週間以上、連続で傘マークになっている。これまで何度も先延ばしになったけど、ようやく梅雨らしい天気になるのか。といっても別段、降り続いて欲しい訳ではないのだけれど。


«前月 最新 翌月»