MD Diary

  Home Railway Miyuki Board Gallery Diary Blog
«前月 最新

21/08/01(日)

10日予報のうち7日も雨になっている〜と思っていたら、3日に変わっている。どうやら熱帯低気圧が発生して、西日本に接近するという予想になっているので、その影響なのかな。


21/08/02(月)

前回からちょうど3週間目ということで、ファイザー2回目の接種。会場は徒歩圏内とはいっても、猛暑日なので炎天下を往復するだけで大変。今日のうちに腕の痛みが始まっているが、今回は微かに熱っぽい感じがするので、体温を測ってみたら36.1℃。平熱が36℃を切っているので、一応“微熱”ということになるのだろうか。


21/08/03(火)

朝起きた時は36.2℃で、腕を持ち上げたら痛む程度だったが、昼には37℃を超えて少しだるさも感じる。夕方になっても37.4℃と下がらなさそうだったので、念のため解熱剤を服用。さすがに今日は食事を用意する元気がなかったので、昼はカップ麺、夜は冷凍食品で済ませる。


21/08/04(水)

朝の体温が35度台に戻っている。昼には36.1℃になったけど、昨日のようなだるさはなかったし、腕の痛みも殆どなくなったので、今日は料理を作って4日ぶりのワイン。念のため寝る前に測ったら、35.9℃だった。


21/08/05(木)

今日のアメダス豊中の最高気温は38.8℃。なんでも大阪の38.9℃に次いで全国第2位だったらしいが、家から一歩も出ていないので実感はない。

今夜のワインはポルトガル南部アレンテージョのEsporão Reserva Tintoの2017年。使用品種はアラゴネス、アリカンテ・ブーシェ、トリンカデイラ、カベルネ・ソーヴィニヨンと、最後の一つを除いて聞き慣れないものばかりだけど、「アラゴネス」は実はテンプラニーリョの別名(地域名)らしい。調べてみるとテンプラニーリョは特に別名が多い品種とかで、Wikipediaには別名がなんと60以上も挙がっている(驚)


21/08/06(金)

やっぱり一度くらいは食べておこうかなということで、スーパーで購入したマリトッツォを食べる。ホイップクリームを挟んだパンのような味〜というそのままの感想になるのかなと思っていたら、オレンジピールがアクセントになっていた。


21/08/07(土)

駅前のスーパー2軒とも、熊本コラボ第3弾のイングリッシュマフィンは置いてなかった(いつものスーパーは相変わらず、第1弾の厚切りフレンチをずっと置いているけど)。一瞬、隣駅のスーパーまで行ってみようかなと思ったけど、今日も駅前だけでそれなりに荷物になるのが確実だったので止めておく。


21/08/08(日)

今日もやっぱり36℃を超える猛暑日だったけど、台風の影響がある明日と来週後半以降は天気が崩れるぶん、そこまで暑くならない予報になっている。なんだか10日間予報が雨ばかりとなっていても、実際は猛暑ということが続いているけど、雨続きになる可能性がずっとあるということなのだろうか。


21/08/09(月)

台風から変わった熱帯低気圧の影響で、明け方と昼に大雨。昼前から風が吹き荒れていたので、ベランダのスリッパを室内に取り込む。

ファイザー2回目から一週間経過したので、これで一区切りといったところ。以前は接種したら旅行や外食が出来るようになるかなと期待していたのだけど、今の状況ではとても無理だろう。7月初頭にクーポンが届いたところで、すぐシステムにアクセスして翌週の予約が取れて一安心した途端に、供給不足のニュース。予約を取り消した自治体もあってどうなるかと心配したけど、暫くして予約分は2回目まで確保済みと市からのアナウンス。なんとか今日を迎えられてよかったけど、今でも市内の50代以下の一般予約がなかなか進んでいない模様。


21/08/10(火)

今夜のワインは、Louis Roederer Phillipe Stark Brut Nature Blanc(ACシャンパーニュ)。エチケット(ラベル)をよく見たら、単一の収穫年(2012)を記載したヴィンテージ・シャンパーニュだった(シャンパーニュでは収穫年を指定しないノン・ヴィンテージが主流)。なにせ今年の正月に購入した1本入り福袋の中身で、自分で選んだ銘柄ではなかったので(^^;;; 因みに"Brut Nature"は、“甘口のリキュールを全く加えていない”という意味なので、シャンパーニュとしては最も辛口ということになるらしい。


21/08/11(水)

アペラシオン(原産地呼称)、セパージュ(品種)など、ワイン用語はフランス語が多い一方で、ビンテージ、ワイナリーやデカンタなど英語も結構使うんだよね〜と思っていたら、音楽用語もフォルテ、アレグロ、フェルマータなど基本的にイタリア語だけど、シャープ、スラー、オクターブは英語だったっけ。


21/08/12(木)

ついに短期予報でも今日から暫く雨続きとなったので、雨足が弱まっていることを確認してから買い物に出掛ける。


21/08/13(金)

明け方、ヒグラシの声が聴こえたのは幻ではなかったと思うんだけど、自宅に居ながら聴いたのは初めてかな。午後から雨が強くなり、池田市に大雨警報が発令。


21/08/14(土)

今日の昼はソーミンタシヤー。そうめんとツナ缶、冷凍刻みネギと、買い置きだけで作れるのがいい。今度は奄美の油そうめんを作ってみようかなと調べてみたら、そうめんを具と一緒に炒めるソーミンタシヤーと異なり、まず小魚を油で炒めてから出汁を取り、それで具を煮た後でそうめんを入れるという手順らしい。さすがにこれだと“手軽な昼食”の範疇を超えているかな。

今日も大雨警報が続いているけど、夜になってエリアメールが届いて、警戒レベル3(高齢者等は避難開始)を伝える。レーダーを確認すると、この辺りから長野方面にかけて雨の帯が発生しているけど、端の方で位置の変動もあるようなので、断続的な降り方になる模様。


21/08/15(日)

今日は天気が回復傾向ということで、朝から隣駅のスーパー2軒と最寄駅のスーパー1軒をハシゴ。駅前より遠くに行くのは1月半ぶりとなる。出掛けた時はまだ少し降っていたけど、その後は止んで蝉が鳴いている。

隣駅のスーパーでようやく、熊本コラボ第3弾の米粉入りイングリッシュマフィン(4個入り)を見付けたのだけど、賞味期限が明日までだったので、早速今日は2個を食べる。食事と一緒でなければプレーンでという訳にもいかないので、ブルーベリージャムを塗る。


21/08/16(月)

早朝の地震に起こされたけど、震源は滋賀県北部だったのか。朝のうちにもう一度揺れる。

今夜は久々のグラン・クリュ〜ということでChâteau du Tertre(ACマルゴー)の2009年。さすがに開けた直後に飲むのは勿体ないので、昼に抜栓してセラーに放置。


21/08/17(火)

今日は19日ぶりの出勤。今月から週一回となったのだけど、先々週、先週と続いて火曜日もテレワークとなったので。昼前から断続的に大雨となっているけれど、昼休みに家まで往復する時と帰宅時は、それほど降っていなかったので助かる〜と思っていたら、夕方前に大雨警報が発令されていたことを知って驚いたが、それも6時間後には注意報に戻る。

池田市では50歳以上の接種予約を再開しているけど、近隣市では既に12歳以上が予約可能となっているところがある一方で、50代前半でもまだのところがあるなど、自治体による格差が大きいようである。


21/08/18(水)

未明に再び大雨警報が出たが、朝のうちに雨が止んで、午後から大雨警報も解除となり、青空が見えるくらいまで天気が回復したので、普通に買い物も行けた。夜になるともう秋の虫が鳴いていたので驚く。


21/08/19(木)

今夜は十勝ワインの「山幸アイスワイン」2018年を開ける。極甘口なので200mlを2回に分けて。


21/08/20(金)

今日同時に届いた通販の書籍3件を受け取る。うち2件は郵便受けで、残り1件は宅配ボックスだったので、なんとか収まっていた。

ロイス・マクマスター・ビジョルド「魔術師ペンリックの使命」読了

21/08/21(土)

しなの鉄道の「スカ色」車両が引退するとの報道。青とクリーム色のツートンカラーは、最初に横須賀線用車両に使われたためその通称となったが、中央東線や千葉方面にも採用されていた塗色も、現在のJRでは銀色の車体の細い帯に名残を留めるのみ。緑とオンレンジの「湘南色」の方は、調べてみるとJR西日本の岡山地区でまだ現役らしい。


21/08/22(日)

Wikipediaによると、固定電話の番号が10桁に統一されたのは2007年、全ての番号に市内局番が付いた(=6桁の市外局番廃止)のは2006年となっている。昔の電話番号の桁数はかなりまちまちだったらしく、例えば京都市中心部の市外局番はずっと3桁(075)のまま、市内局番が1桁(〜1963年)→2桁(63〜68年)→3桁(68年〜)と変遷しているようである。

今夜のワインは、ポルトガルのAfectus Early Hervest(DOCヴィーニョ・ヴェルデ)の2019年。ヴィーニョ・ヴェルデ(Vinho Verde)は直訳すると「緑のワイン」となるが、ワインが緑色を呈している訳ではなく、完熟前の“若い”ブドウを収穫して作った、という意味らしい。アルコール度数が低く、微発泡となるのが特徴なのだとか。実はワインの種類というよりも、産地名ということらしい。そして白だけでなく、赤やロゼのヴィーニョ・ヴェルデもあるというからややこしい。料理は南イタリアのアクア・パッツァに挑戦〜といっても今まで食べたことがないだけに、ちゃんと出来てるのか今ひとつ自信がないけど(^^;


«前月 最新