MD Diary

  Home Railway Miyuki Board Gallery Diary Blog
«前月 最新 翌月»

21/12/01(水)

バトンドール第3弾は、ラ・レコルトのマカダミア&オレンジ。通常のバトンドールよりも値段が高くて容量が少ないので、1本あたり5倍になる〜というのを以前(4年前)も計算していた。


21/12/02(木)

今年の新酒第二弾は、マコン・ヴィラージュ・ヌヴォー(Les Caves Taillevent Vieilles Vignes 2021)。マコン(Mâcon)はボジョレー地区に隣接するマコネー地区にあり、白ワインの生産が中心。ヌヴォーも白のシャルドネで、解禁日はボジョレーと同じ11月の第3木曜日。


21/12/03(金)

昨日になって急に、自転車の後輪の空気が完全に抜けてしまったので、観念して修理に出す。店が家から1km以上離れているので、もし虫ゴムのせいなら自力で治せるにこしたことはないと思ったのだけど甘かった。さすがに1km以上の道のりを自転車を押して歩くのは面倒だったので、出発直前に空気を入れたら普通に乗って行くことが出来た。修理を待つ間、家に戻るのに徒歩で1往復することになるけどそれは仕方がない。結果的にはパンクではなく、チューブが裂けていたとのこと。最近、空気が抜けやすくなっていたのは、その前段階だったのかな。何はともあれこれで暫くは大丈夫だろう。折角なのでプラス千円でブレーキやチェーンの点検&整備もして貰う。


21/12/04(土)

十二月になるとカレンダーが残り一枚となるので、エアコンの風で落ちやすくなってしまう。重し代わりにクリップを付けてみたけれど、あまり効果はないみたい。


21/12/05(日)

寒くなってきたので、久々にカスレを作る。南西フランスのロゼは用意していなかったので、代わりにプロヴァンスのロゼ(BY.OTT 2019年)を開ける。


21/12/06(月)

先日買い足した琉球ガラスを既存品と比べてみたら、思ったよりもデザインが違っていた。那覇空港の同じ売店だったはずだけど、十数年経ってデザインが変わったのか、それとも取扱商品自体が変わっていたのか、単なる色違いという訳ではなく、サイズもちょっと違っている...


21/12/07(火)

中断のままあえなく中止となったラスト・ツアー「結果オーライ」のライブCDが出るとのこと。録画の方は無理だったものの、録音は残っていたらしい。発売が待ち遠しいけれど、コンサートに行って終演後に会食したのはもう2年近く前のことになるんだね。


21/12/08(水)

今日、通販の品が届く予定だったことを忘れて、時間指定をし忘れていたら、宅配ボックスに届いていた。最近二度ほど満杯で再配達ということがあったので、置配にして貰おうと思っていたのだけど、今回は問題なかったようである。


21/12/09(木)

今夜のワインは、イタリア・ピエモンテのGaja Sito Morescoの2018年。"Gaja"というのは生産者名で、“ガヤ”と読むらしい。標準イタリア語ではJ、K、X、W、Yの5文字は外来語にしか使わないのだけど、調べてみたらピエモンテ方言ではJはヤ行音を表すのだとか。


21/12/10(金)

中之島に「ラバー・ダック」が展示されているとの報道。“7年ぶり”という表現もあったが、八軒屋浜港(天満橋)には昨夏来ていたのだから、ほたるまち(福島)あるいは冬に来るのが7年ぶりということなのかな。


21/12/11(土)

アジア諸国では旧暦(太陰太陽暦)と新暦(グレゴリオ暦)で新年を2回祝うことがあるけれど、ロシアでも旧暦(ユリウス暦)と新暦(グレゴリオ暦)の2回祝う習慣があるらしい。ユリウス暦はグレゴリオ暦から百年に1日程度ずれていて、現在のずれは13日。ロシア正教会では今でもユリウス暦を使用しているため、1月1日が新暦の新年、1月7日がクリスマス、1月14日が旧暦の新年と祝い事が続くのだとか。一方、太陰太陽暦は月の動きを基にしているため、東洋の旧暦の新年は1/21頃〜2/20頃の間を毎年移動することになるけど、それでも約1月差ながら西洋のグレゴリオ暦と大体同じ時期というのは偶然なんだよね。世界の暦を見渡してみると、新年は冬と決まっている訳ではないから。


21/12/12(日)

MacBookで画像ファイルをドラッグ&ドロップしようとしたら、時々謎のプレビューが開いてしまって困っていた。閉じようとして反射的にコマンド+Wを押すと、関係ない別のウィンドウが閉じてしまったりする。そういう時でもシフトキーを押しながらだとドラッグ&ドロップになるのだけど、なんか違うよな〜と思って調べてみたら、Montereyの新機能「クイックルック」とやらで、どうやらトラックパッドを強めに押した時に出て来るよう設定されているらしい。面倒なので“強めに押す”に反応するのをオフにしておいたけど、スペースキーで呼び出すことも可能らしい。


21/12/13(月)

旅行に出る訳じゃないけれど、せっかく年末の毎週月曜に休みを取っているならと、久しぶりに平日献血。予約も平日の方が取り易いからというのもある。今回は散髪がないので、梅田と池田で買い物をしても1時前には帰宅出来た。


21/12/14(火)

最近、処方薬のメーカーが3度も変わっていたのだけど、ジェネリック医薬品メーカーの不祥事による生産停止が続いたことで品薄が続いていることを報道で知る。さらに先日あった倉庫火災も影響しているのだとか。


21/12/15(水)

JR西日本の在来線特急で全車指定席化が進み、JR北海道では快速「エアポート」の指定料金を値上げ。その他にも各社で減便や値上げのニュースが次々と入って来る。


21/12/16(木)

年末の年休消化第2弾で来週からずっと休みを取ったのだけど、仕事納めの明日がテレワークなので、今日が年内最後の出勤となる。計算してみると今年は出勤:テレワーク:休暇の割合が、大体3:6:1になった。


21/12/17(金)

今年の新酒第3弾は、熊本ワインの不知火(キャンベル・アーリー)。ボジョレー・ヌヴォーに似た新酒独特の風味があったけど、ちょっと甘口。


21/12/18(土)

子供の頃に住んでいた団地は、建て替えや用地売却が進んでいると聞いていたのだけど、ふと思い立ってストリートビューで確認したら、5つあった地区のうち比較的新しい2つの地区は、一部を除いて今でも健在だったので驚く。URのページを見に行くと現在も賃貸事業継続中で、リニューアルにより3Kの間取りが2DKになっていたけど、建物自体は築60年くらいになるのかな。


21/12/19(日)

HomePod miniが1台だけだと、どうしても頭をそちらに向けようとしてしまうので、1年遅れで2台目を購入。左右で色違いも考えなくはなかったけど、奇を衒わない方がいいかなということで同じ色に(台の方も同じ物を注文したのだけど、色合いがちょっと違っていた)。開梱してベッドサイドに設置した後は、iPhoneを近付けて画面の指示に従うだけでセッティング完了。2台をペアとして認識させたので、ステレオにもなっているはず。試しにSiriに呼び掛けたら、先に設定したからか常に左側が応答した(あえて右側に呼びかけても結果は同じ)。


21/12/20(月)

時節柄(?)久しぶりにスポンジケーキを焼いて、半分だけ生クリームとフルーツ(イチゴとブルーベリー)で飾り付ける。以前は2日以内に消費していたこともあったけど、無理をしないように残り半分はヴィクトリア・サンドイッチにして冷凍保存。スポンジケーキに生クリームを塗っただけなら冷凍保存も可能みたいなのだけど、生フルーツは冷凍に適さないみたいなので。間に挟むのを缶詰にして、トッピングだけ別途用意すれば何とかなるのだろうか。


21/12/21(火)

彗星が西の空に出ていると聞いたので、日没の1時間後に探してみたけど、金星、木星に加えて土星までしか確認出来なかった。金星のあたりに断続的に雲が流れていたし、高度が低いとやっぱり街の灯りが影響するようなので難しい。


21/12/22(水)

朝起きて、いつものようにノートPCでネットしていたら、途中で接続が切れる。端末を再起動してもダメだったので、WiFiルータを再起動しに行ったら、なんだか様子がおかしい。表のインジケーターが消えているだけでなく、裏側のインジケーターが一斉に点滅している。電源を入れ直しても復旧せず、とりあえずADSLモデムに直接端末を繋いだらネットには繋がったけど、ハブがないので常に1台しか使えない状況。これではやっぱり不便ということで、AirMacは後継器ないことから、まずはネット検索で代替品探し。これで大丈夫そうという機種が見つかったけど、通販で取り寄せたら明後日になりそう。明日大阪市内出る予定があるので、その時に店頭受取することも可能だけど、明日は明日で用事があるし、少しでも早く入手したいということで、ネットで手配したものを今日取りに行くことにする。という訳で急遽梅田に出て、散髪と買物を済ませてから、WiFiルータを店頭受取り。ネットで手配しておけば、売場に行って現物を探す必要がないから楽である。帰宅して開梱し、説明書の指示に従ってiPhoneにアプリをダウンロードすれば、設定自体は簡単だった。各端末を順次接続して、家の中のネット環境は無事復活。

時節柄第2弾ということで、今夜はChampagne Baron de Rothschild Brutを開ける。料理も時節柄っぽく、グリさらパンでグリルチキンを作る。


21/12/23(木)

ラッシュのピークが過ぎるのを見計らって家を出て、阪急と環状線を乗り継いで天王寺へ。地下街経由で天王寺公園に入り、少し歩いて大阪市立美術館に向かう。入り口前に列が出来ていたのは当日券用だったので、検温してからスマホでQRコードを見せて入館。大概の特別展は東京開催の方が先なのだけど、「メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年」は大阪が先行となっている。日時指定の予約制といっても、それなりに混むことを覚悟していたのだけど、平日の朝一番だったせいか、以前なら考えられないくらいゆったりと鑑賞することが出来たので驚く。ティツィアーノ、クラーナハ、ルーベンス、エルグレコ、レンブラント、カラヴァッジョ、ターナー、ルノワールにモネ、ゴッホまで、各作家一点ずつとはいえ錚々たるメンバーの作品の数々。現地には2013年と14年に行って、合計3回入館しているので、今回の作品の一部も目にしている可能性が高いのだけど、なにせ常設展示だけで膨大な数なので、フェルメールの「信仰の寓意」を除いては記憶が定かではない(^^; 有名作家以外で特に印象に残ったのが、「シャルロット・デュ・ヴァルドーニュの肖像」で、売店に複製画があったので衝動買いしたくなったけど、価格を見て冷静になる。残念ながら小さいサイズはなかったし。

ラバーダック 途中のコンビニで軽食を調達し、人通りの少ない場所で食べてから天王寺駅に戻り、環状線に乗って福島で下車。なにわ筋を南に向かい、堂島側に架かる玉江橋北詰に出ると、今日の第2目的であるラバーダックが目に入る。こちらは一年半ぶりの再会となるが、同じ中之島でも天満橋付近だった前回とは場所が異なる。そして真夏だった前回とは気温も大きく違っているけれど、今回も天気が良くて、真っ青な空に黄色の巨体が映えること。前回は川岸に後ろ姿を向けていたラバーダックも、今回は正面を向けているので、違うアングルで撮影することが出来た。

昨日は梅田を出る時点で大荷物となったので、池田駅前の買物は今日することになる。美術館予約の前日にモデムが故障したため、2日連続で大阪市内に出ることになってしまったけど、結果的に用事を分散出来たのでよしとしよう。


21/12/24(金)

“レンズに形が似ているからレンズ豆と呼ばれる”という文を見掛けたけど、実際はレンズ豆に形が似ているからレンズと呼ばれるんだよね〜ということで調べてみると、"lens"は確かにレンズ豆のラテン語名に由来している。英語のレンズ豆は"lentis"と同語源で別の語となっているけれど(オランダ語やイタリア語、スペイン語も同様)、ドイツ語の"Linse"やフランス語の"lentille"は、同じ語でレンズ豆とレンズの両方の意味になるらしい。とここまで調べてふと思ったのだけど、もし「レンズ」の方が先に日本語に入ったのだとしたら、「レンズ豆」という訳語は“レンズに似ているから”ということになったりするのだろうか!!?


21/12/25(土)

英語のChristmas(クリスマス)は「キリスト(Christ)のミサ(mass)」が由来で、オランダ語Kerstmisも同様。フランス語Noöl、イタリア語Natale、ポルトガル語Natalはラテン語のnatalis(誕生日)に、スペイン語のNavidadはラテン語のnativitas(誕生)に由来(それぞれ英語のnatal、nativityと同語源)。ドイツ語のWeihnachtenは「聖なる夜に」という言葉から来ているらしいけど、形の上では複数でも単数名詞として扱うというからちょっとややこしい。そしてデンマーク・スウェーデン・ノルウェー語のJulは元々、ゲルマンの冬至祭のことだったらしい。英語でも古語としてYule(クリスマス・シーズン)というのがあるのだとか。

世界初のDMV(デュアル・モード・ビークル)が今日から運行開始〜というニュースを聞いて調べてみると、昨年11月にJR牟岐線の阿波海南〜海部間が阿佐海岸鉄道に編入されていて、今日からは阿波海南から先の全ての列車がDMV車両での運行となっているとのこと。そして中間駅の海部、宍喰は従来通り鉄道区間のホームに停車するが、両端の阿波海南と甲浦はバス区間の停留所になったらしい。


21/12/26(日)

MacBookのトラックパッドによる拡大/縮小が時々効かなくなっていたので、一旦オフにして再度オンにする。ついでに「通知センター」とか「Launchpad」とか「Exposé」とか、使わないのにたまに顔を出す機能を全てオフにしておく。先日の「強めのクリック」無効化とあわせて、だいぶ快適になったかな。

北陸新幹線の新駅名「越前たけふ」と読みが同じになるからということで、福井鉄道の「越前武生」が新駅名の投票を募集していたけど、結果は十年前までの旧駅名「武生新」の一部を仮名書きにした「たけふ新」に決まったとのこと。やっぱり一番馴染みがあるということなのかな。


21/12/27(月)

朝起きてベッドを出て少し歩いただけで、くるぶしの下あたりに痛みが走る。駅まで行くのさえ困難になりそうなくらいの痛みだったが、とりあえず踵の方に重心を載せている限りは問題なさそうだったので、予定通りに出掛ける。最初は恐る恐る歩いていたのだけど、特に痛みは出なかったので途中から普通に歩くようになる。

前回に続いて平日の献血は148回目。毎年10回ちょいくらいなのに、今年は緊急事態が長かったためなかなか行けずにいたけれど、最後に追い上げてなんとか年内に9回達成。先週立て続けに大阪市内に来たばかりなので梅田では買物をせず、池田駅前のスーパーに寄ってから帰宅。

靴を履いて歩き回る分には全く問題がなかったので、もしかしたらスリッパが原因なのだろうかということで、家の中でスリッパを履かないようにしたのだけど、さすがに真冬のフローリングに靴下だけでは冷たすぎる。ということで二十年近く前にカナダで買った靴下カバーを引っ張り出す。最初片方しか見付からなくて焦ったが、もう片方は別の引き出しから出てきた。恐らく引越し後の整理の際に片方だけ移動してしまったのだろう。スリッパに比べると着脱が面倒だけど、足の痛みが出ないならそれに越したことはない。


21/12/28(火)

元日に日帰りで飛行機の予約を取っていたのだけど、感染状況の雲行きが怪しくなってきた上に、当日は再び寒波が来る予報だからどうしようかな〜と思っていたところに昨日足を痛めてしまったようなので、2ヶ月先送りすることに。第3波で日帰り予約をキャンセルした一年前に続き、今回も正月は自宅に籠ることが決定。


21/12/29(水)

今回は一年前のように、栗きんとんとか特別な料理を作るつもりはないのだけど、それでも備蓄用の食事は必要なので、昨日はクリームシチューで今日はポルチーニのリゾットを作る。明日も明日で忙しくなりそう。


21/12/30(木)

年内最後のゴミの日に間に合うよう、朝食後はすぐにムサカを作り始め、オーブンに入れたところでゴミを出しに行く。料理を冷ましている間に買い物に出かけたが、さすがにスーパーは開店時間直後でもかなり混雑していた。

午後はくまモンスクエアのインスタライブ〜というのを直前のTwitter告知がなければ忘れているところだったが、無事に仕事納めライブを見ることが出来た。夕方は換気扇のシートを交換して、水回りの掃除。


21/12/31(金)

今日の備蓄食糧作りは、残っている無塩バターを使ってパウンドケーキ。そして昨日の続きで家中の片付けと床掃除をして、なんとか年内にやろうと思っていたことは一通り片付く。夜は年内最後のワインということで、Clarendelle Rouge Pessac-Léognanの2016年を開ける。先日購入した福袋(5本入り)の1本目。


«前月 最新 翌月»