MD Diary

  Home Railway Miyuki Board Gallery Diary Blog
«前月 最新 翌月»

22/01/01(土)

今年の元日も、くまモンスクエアチャンネルの特別配信からスタート。朝はいつものようにシリアルとヨーグルトで済ませて、昼は何故か英国式のフルブレックファスト。年末にベイクドビーンズの缶詰を通販で取り寄せ、冷凍のハッシュドポテトを入手しておいたので、トマトとマッシュルーム、ソーセージをソテーして、パンは魚焼きグリルでトーストにする。全てが暖かい状態で供される必要があるらしいので、テーブルにオレンジジュースとバター&ジャム、ゆで卵を並べておき、紅茶とトーストが出来上がるタイミングで、料理を載せたプレートを電子レンジで再加熱。本来はベーコンやブラックプディングも定番なのだけど、今日用意した量だけで十分満足。

夕食は冷凍食品のハンバーグ&温野菜で済ませる。今日はワインを飲まない日なのだけど、まぁ元日だからということで、代わりにシードルを開ける。明朝はマイナス3℃まで冷え込むという予報だったので、寝る前に湯たんぽを用意。


22/01/02(日)

今日の昼食は、紅茶とトーストの他はプレートの再加熱だけなので楽。昨日と同じだと量が多すぎるので、玉子は省略。昨夜はパスしたので今夜が年初ワインになるのだけど、今回は珍しく白ということで熊本ワインの菊鹿シャルドネ樽熟成の2016年。


22/01/03(月)

今日まで巣籠もりするつもりだったのだけど、牛乳が足らなくなりそうだったので、朝のうちにコンビニに出掛ける。昼に雑煮(関西なので白味噌)を買ってきたので、今回唯一の正月らしい食べ物となる。


22/01/04(火)

今回も年初に休みを取ったので、仕事始めは3日ほど先送りに。今年もやっぱり、長期旅行のために休みを取ることはなさそう...


22/01/05(水)

昨日はメールを確認していなくて、数量限定ワインの発売開始に出遅れてしまったけど、今日でも問題なく注文できた。

旧ソ連の中央アジア5共和国(カザフ、ウズベク、トルクメン、キルギス、タジク)は、いずれも1991年の独立時に国名の語尾に「スタン」を付けたが、キルギスのみ1993年に正式名称から「スタン」を外していたとのこと。これらの地域の主要言語のうち、カザフ語、ウズベク語、トルクメン語、キルギス語はトルコ語と同じテュルク語族だが、タジク語は広い意味でのペルシャ語(印欧語族)になるらしい(アフガニスタンのダリー語も同様)。とここまで調べたら、これらの国を混同することはなくなるかな。首都はまだ全部覚えていないけれど。

ジョン・コナリー「失われたものたちの本」読了

22/01/06(木)

今までは購入した電子書籍をダウンロードしようとすると、必ず途中でエラーが出て何度も試すことになっていたが、今回は一度で2冊のダウンロードが完了。やっぱりWiFiルータを更新した効果なのだろうか。たまに接続が途切れてPCやルータの再起動が必要になることも全くなくなっているし。ただWiFiルータから遠い部屋だと、PCのスリープ解除後に接続が良くないこともあるけど、暫く待てば大丈夫なのでこれは端末側の問題なのかな(寝起きが悪い?)


22/01/07(金)

3日先送りした結果、今日が仕事始めとなるのだけど、金曜日なのでテレワークからのスタート。


22/01/08(土)

英語の"welcome"は元々"wilcuma"(望まれた客よ!)という挨拶だったのが、本来の意味が忘れられ、"well come"(よく来た)と解されて今の綴りになったのだとか。これは英語に限らずゲルマン語で広く使われる挨拶だったようで、西ローマ帝国の後継国によって俗ラテン語に直訳されて持ち込まれた結果、フランス語の"bienvenue"やイタリア語の"benvenuto"、スペイン語の"bienvenido"になったらしい。いずれも直訳すると“よく来た”になる。一方、ドイツ語の"willkommen"は、現代ドイツ語では“よく来た”にはならないことから(英語のwellと同じ意味の語はgutで、同語源の語はwohlで意味が変わっている)、やっぱり元は違う意味だったということなのかな。


22/01/09(日)

通販で別々に注文したワインが、宅配業者が同じで半日差で連続して届きそうだったので、日時指定を合わせたのだけど、指定日時に来た業者に玄関前に置いてもらったら、2つあるはずの荷物の片方しかなかった。慌ててネットで確認したら、「配達中」にすらなっていなかった。これは持ち出しから漏れてしまったのかな〜ということで、指定時間帯終了15分後にコールセンターに電話。配送センターから電話が来るとのことで待っていたのだけど、40分後になって業者が直接来たので、今回も玄関前に置いて貰う。何はともあれ無事に届いて一安心。

今夜のワインはLamelle Il Borro Toscanaの2020年。以前飲んだことがあるフェラガモのシャルドネで、年末の福袋の2本目。


22/01/10(月)

無塩バターの残りで、いつものヴィクトリア・サンドイッチ。手軽に作れて冷凍保存も可能なので、すっかり定番になっている。改めて調べてみると、英語ではどうやら"Victoria sponge"または"Victoria sandwich cake"というらしい。


22/01/11(火)

今夜のワインは、Badia a Passignano(DOCGキアンティ・クラシコ)の2017年。年末福袋の3本目。


22/01/12(水)

今日は約4週間ぶりの出勤。こんな日に限って寒波で、朝から雪がちらついていたけれど、連休明けでなかったせいか、居室は思ったほど寒くはなかった。


22/01/13(木)

気温は昨日よりも少し高くて日も射していたけど、風がとても強かったのでやっぱり寒かった。来週もまだまだ寒波が続く予報になっている。


22/01/14(金)

午前中はずっと雪が舞っていたけど、積もるほどではななかった。明日から少し寒さが緩むみたいだけど、来週火曜から暫くはずっと寒くなる予報のまま。

夕食は初めてのグラタンに挑戦。ホワイトソースは缶詰を利用したので、特に難しくはなかった。皿は思ったよりも容量があったので、次は具材を増やしてみようかな。


22/01/15(土)

"presqu'île"はフランス語で「半島」を意味するのだけど、直訳すると“ほとんど島”。なかなかストレートな名前だと思ったら、ラテン語の"paeninsula"(ほとんど島)の翻訳借用らしい。そしてフランス語には"péninsule"という単語もあって、こちらは「大きな半島」のことらしい。同じラテン語に由来するのは、英語"peninsula"や、イタリア語"penisola"、スペイン語"península"だけど、オランダ語の"schiereiland"も“ほとんど島”という意味らしい。一方、ドイツ語の"Halbinsel"やスウェーデン語の"halvö"、ロシア語の"poluostrov(ローマ字転写)"は“半ば(半分)島”という意味なので、“ほとんど島”派と“半ば島”派に分かれるということなのかな。


22/01/16(日)

スペイン語の"calidad"と"cualidad"は、どちらも英語の"quality"と同じくラテン語の"qualitas"に由来しているのだけど、前者は「品質」、後者は「特質」という違いがあるらしい。同じラテン語の"historia"(大元は古典ギリシャ語)に由来していても、英語だけ"hisitory"(歴史)と"story"(物語)に分化したというのと同じような状況なのか(スペイン語の"historia"やフランス語の"hitoire"には両方の意味がある)。

「くまモンファン感謝祭2022 in TOKYO」のライブ配信を視聴。最近は「かモン!くまモン!」が定番になっているので、「くまモンもん」や「くまもとサプライズ!」を観るのは久しぶりかも。


22/01/17(月)

一晩経ってもAirPods Proが充電出来てなかったので故障かなと一瞬焦ったけど、ネットで対処法を調べて、端子を掃除してから充電し直したら無事完了。


22/01/18(火)

昨シーズン職場に膝掛けを置いていたことを、今日になって思い出す。今シーズンはさらに換気を強化して、エアコン使用時でも外側の窓をわずかに開けているので、少しでも体を冷やさないようにしておかないと。


22/01/19(水)

今日は防寒レベルをさらに一段上げて、厚手の靴下とズボン下も着用。それでもまだ足先は冷えるので、寒波の間は靴下用カイロも使った方がいいのかな。


22/01/20(木)

今夜は熊本ワインの菊鹿スパークリング。勿体無いことに、開けた時に少し吹きこぼれてしまった。事前に冷蔵庫で冷やしておいたのだけど、調べてみると冷却温度はもう少し低い方がいいらしい。ということはワインクーラーが必要ということだろうか。


22/01/21(金)

"FCバルセロナ"って、"Futbol Club Barcelona"の略だけど、フットボール(サッカー)だけでなくハンドボール、バレーボール、バスケットボールなどの部門もあることを今頃知る。愛称は"Barça(バルサ)"で、カタルーニャ語の"ç"はフランス語同様に"s"と同じ発音になる。カスティーリャ語(標準スペイン語)では"ç"という文字は使わないのだけど、バルサのことは" Barça "と綴るようである。

今日はおうちアフタヌーンティー〜ということで、サンドイッチを作って、冷凍保存していたビクトリア・サンドイッチとスコーンを解凍。スコーンのジャムとケーキのジャムが同じイチゴになってしまったので、次は違うジャムにした方がいいかも。


22/01/22(土)

スーパーで冷凍食品を買うつもりが、前々回は保冷パックを忘れ、前回は保冷パックを持って行ったのに買うこと自体を忘れ、今回ようやく三度目の正直。外気温が冷蔵庫並みだから、温度管理にはそれ程気を使わなくてもいいのだろうけど。そして今回の宅配はちょっと重いので置き配にして貰おうかな〜と思っている時に限って不在配達で宅配ロッカーとなった。やっぱり少しでも出掛けることがあるなら、時間指定をするべきだったか。以前はあまり重くならないよう、ワインは4本か5本で注文することが多かったのだけど、6本だと1割引という会員特典が使えるようになったので、6本単位が基本になってしまった。


22/01/23(日)

いちご味のアルフォートとミルク味のアルフォートを並べてみると、ちょっとめでたい感じがするかも〜とツイートしたら、公式から「いいね」が付いたので、嬉しいと同時にちょっと恐縮。


22/01/24(月)

今使っているiMacの1台は、最初からBluetoothの具合が今ひとつで、特にマシン起動直後はなかなか認識しない状態が続いていたのだけど、一年前にOSをBig Surにした直後からBluetoothそのものが全く使えなくなってしまった。システム環境設定はエラーになって何も出来ず、OSもデバイスとして認識していない状況だったので、ハード的に壊れたのかと思ったのだけど、他は全く問題がないのに修理に出すのも面倒だったので、キーボードとマウスを有線で繋いだ状態で使うこと一年と少し。OSをMontereyにアップグレードしたら、AirPods Proの接続が途切れていたMacBookの不具合も直ったようだから、もしかしてiMacの方も直ってりして〜と思いながらOSをアップグレードしたら、まるで何事もなかったかのようにBluetoothが繋がるようになった。しかもマシン起動直後からちゃんと認識している。ここまで続けば偶然じゃなくて、OSの問題だったということになるのだろうか。まぁ結果的に解決したからいいのだけどね。


22/01/25(火)

今日は比較的暖かくて、先週と同じ格好で出勤したら、午後は室内でジャケット要らないくらいだった。室温が高い分には、上着を脱げばいいので問題なし。


22/01/26(水)

フランス語の"rivière"(川)は(英語の"river"も)、フランス語の"rive"(川岸)と同語源で、元々は「川岸の」という形容詞に由来するのだとか。つまりは「川岸」から派生した語が「川」そのものを表すようになったんだね。なおフランス語の"rivière"は英語の"river"と違って支流だけを指し、海に注ぐ本流は"fleuve"という別の語になる。それなら海に注ぐ前に合流するガロンヌ川は?と調べてみたら、合流するドルドーニュ川共々"fleuve"になるが、合流先のジロンド川は「三角江」なの"estuaire"(英語だと"estuary")になるらしい。逆に海に注いでいれば、短い川でもフランス語では"fleuve"になるらしい。さらに「小川」を表す語として、フランス語の"ruisseau"や英語の"stream", "brook"などがあるからややこしい。


22/01/27(木)

ヴェルサイユには"Rive Gauche"(リヴ・ゴーシュ/左岸)、"Rive Droite"(リヴ・ドロワト/右岸)、"Chantiers"(シャンティエ)の3つの駅があり、そのうち宮殿に最も近いのは左岸駅で、2012年には"Gare de Versailles-Château-Rive-Gauche"(ヴェルサイユ宮殿・左岸駅)に改称している。名前からして右岸駅は左岸駅の川向にあるかと思いきや、地図で見る限り両駅の間に川はない。それならどうしてそういう駅名になったのかと調べてみたら、どうやらパリ側の起点がそれぞれ、セーヌ川の右岸と左岸にあるからということらしい。つまりは“その駅がどこにあるか”ではなく、“その駅からどこに行けるか”で付いた名前ということなのか。まぁ、パリにある"Gare de Lyon"(リヨン駅)のように、行き先を駅名にするのは欧州では珍しくないのかもしれないけれど。


22/01/28(金)

今夜は初めてのシュクメルリ。いつものスーパーでシュクメルリのルーが入手出来たので作ってみたのである。ジョージア料理は本場でも国内の店でも食べたことはないのだけど、ネットのレシピを見ただけで作ったオジャクリと違って、こちらは市販品ベースなのでさすがに本場の味に近いのかな。ワインはもちろんジョージアのオレンジ。


22/01/29(土)

冷凍庫の洋菓子のストックがひと段落したところで、ぜんざいを作る。朝起きたら小豆(大納言)を水に漬けておこうと思っていたら、こんな日に限って起きるのが遅くなってしまったので、煮込む時間が少し足りなかったかも。


22/01/30(日)

今日は駅前のスーパーまで往復した後、隣駅まで足を伸ばして、近所では手に入らない食材を買っておく。パスタ(タリアテッレ)は多めにストックしておきたいところなのだけど、スパゲッティに比べると格段に嵩張るので、いつものように2袋にしておく。


22/01/31(月)

今週から出勤は週3日から週1日に。第5波までは、緊急事態が確定した翌週から変更になったのだけど、今回はマンボウの段階でも出勤制限を開始。


«前月 最新 翌月»